FC2ブログ

視線や表情を理解する事を理解する

 2018-11-02
DSC00125_201811052204528c3.jpg

「犬」と「オオカミ」の大きな違いとして、
人間の視線や指差しから意図を理解する
共同注視ができるかどうか?」があるそうです。

例えば、2つの紙コップの中にランダムにオヤツを入れた後、
飼い主さんがオヤツが入っている方の紙コップを指差すと、
犬はそれを理解して、指された方の紙コップに近づいて、
中のオヤツを要求したりしますが、
狼にはこれがなかなかできないそうです。

視線や人差し指で合図を送る・・と言うのは、
人間からすると当たり前にできるコミュニケーションですが、
犬やチンパンジー、オランウータン以外の動物には難しいみたいです。

人間の子供でも生まれてからしばらくは
子供が笑えば、親も笑顔を返すし、
母親が「○○ちゃん」と子供の名前を呼べば、
子供も母親に対して何らかのリアクションを返すと言った、
「自分と母親」とか「自分と父親」の二項関係だそうですが、
9ヶ月を過ぎると母親に抱っこされた子供が
電車を見つけて興味深げに手を伸ばすと、
母親も子供が何を見ているか?を理解して「電車だね」と返したり、
母親が「ワンワンだよ」と言うと、
子供も母親が何に向かっていっているのか?を理解して
犬の方を見る・・と言った三項関係が生まれてきて、
「共同注意」ができるようになるそうです。

犬も成長してくると三項関係を理解するようになります。
例えば、飼い主さんがトレーナーに教えを受けていて、
犬のトレーニング中は飼い主さんも
トレーナーさんの指示を仰いでから犬にオヤツをあげるので、
犬はそれを理解して、オヤツが欲しい時は飼い主さんの方を見つつも、
時折、トレーナーさんの方を見て
「もういいでしょ? いいでしょ?」と
訴えかけるような目をしたりします。

そして、そうした行動は
「自分と飼い主さんとトレーナーさん」と言う関係性を
理解していなければ起きないと思います。

また、さらにその上の段階として「社会的参照」と言うのもあり、
視線や指差しなどの「共同注意」に
「表情」と言う情報をプラスされて判断をする事が
できるようになるそうです。

視線や指差しが「何に対して意識を向けているか?」だとすると、
表情の情報がプラスされる事によって、
「それをどんな気持ちで見ているか?」
「行動しているか?」も理解できるようになるのだそうです。

だから、飼い主さんがニコニコとしながらオヤツの入った紙コップを指差していれば、
犬はそれが良いものだと理解しますし、
逆に飼い主さんが怒った表情で排泄失敗で汚れた床を指差していれば、
犬は「アレのせいで怒られている!」と理解して、
反省した態度をしたりする事は多いです。

ただし、日本犬などと言った狼に近い犬種は、
「共同注視」を苦手としていたり、
「社会的参照」を理解できなかったりする事もあるそうですから
無理にそこを求めるのではなく、
その子の「個性」だとして受け入れてあげるのが良いと思いますし、
犬と飼い主さんの関係性が薄い為に人の視線や行動に興味を示さない・・
人間の心の動きに関心を持たない・・と言った後天的な要因の場合、
その後の関り方によって「愛着」を得る事も可能だと思いますので、
ダメな部分やできない事に注目するのではなく、
その犬の好きな事・・得意な事を見つけてあげて、
一緒に楽しむようにしてあげてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

犬も赤ちゃんも積極的に世界を知ろうとしている

 2018-11-01
DSC01317.jpg

人間の赤ちゃんも1960年代までは、
「生まれたばかりの赤ちゃんは真っ白な状態で
 植物程度の知能や能力しかなく、
 その後のしつけや教育によって
 色々な知性や能力を身に付けていく」
と考えられていたそうです。

まぁ、今でも生まれたばかりの赤ちゃんは
天使のように純粋で
何も書かれていない真っ白いノートのような存在・・
と例えられる事も多いですが、
1970年代から80年代にかけて
赤ちゃんに対する研究は大きく進み、
見方も大きく変化して生まれてすぐの状態から
赤ちゃんは色々な力を持っている事が分かってきたそうです。

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんは、
自分では何もできない存在でとても受動的・・とされますが、
実際は周囲の匂いを嗅ごうとしたり、
聞こうとしたり、見ようとしたり・・と好奇心旺盛で、
能動的に周囲の環境に働きかけているのだそうです。

また、赤ちゃんにも「気質」と言うモノがあり、
眠りのリズムが安定している子もいれば、
リズムが不規則で分かり辛い子も居たり、
また、ちょっとした事でビックリして
すぐに大泣きする子も居れば、
大きな音がしても気にせずに眠り続ける子も居たり・・
と産まれた時からその子によって違いがある事も
分かったそうです。

ですから、赤ちゃんと言っても、
その子によって生まれ持った気質の違いがありますので、
他の赤ちゃんと比べるのではなく、その子にあった接し方・・
育て方を見つけてあげるのが良いそうですし、
赤ちゃんは英語で「infanto(インファント)」と言い、
これはラテン語の「infans」・・
つまり、もの言わぬ人・・存在と言う意味から来ているそうですので、
ものが言えない赤ちゃんに対して、
今、赤ちゃんは何を考えているのか?
何を求めているのか?と身近な人たちの積極的な働きかけが
重要になって来るそうです。

しかし、昔は赤ちゃんの心の中で何が起こっているのか?
と言う事は分からなかったそうで、
それを知る方法を身つける事が大きな研究テーマだったそうです。
しかし、近年、赤ちゃんの身体反応など、
身体から発せられるメッセージに注目する事で
赤ちゃんの心が段々と分かるようになってきたそうです。

例えば、心拍数を計る事で
赤ちゃんの「不安」や「リラックス」を知る事ができますし、
唾液の中のコルチゾールの値を計る事でストレス状態も分かるそうです。
また、脳機能画像を通して赤ちゃんの脳の中の状態を
知る事ができるそうですが、
もっと簡単な方法として、赤ちゃんの「視線」を観察する事で
「こころ」の状態を知る事ができるのだそうです。

例えば、赤ちゃんに2枚の違う写真を見せた後、
「視線の動き」に注目して「どちらの方を長く見ていたか?」を観察する事で、
2枚の写真が違う事を理解しているかどうか?が分かりますし、
どちらの写真の方が好みなのか?と言う事も知る事ができるそうです。

また、同じ写真を何度も見せていると、
最初は一生懸命に見ていた赤ちゃんも段々と見なくなったので、
違う写真を見せたら、再び注目して見るようになった・・となれば、
2枚の写真が違うと言う事を理解している証拠になりますし、
赤ちゃんが始めてみるモノに対して強い興味を持つ反面、
見慣れたものに対しては飽きる・・と言う事も分かります。

また、赤ちゃんの目の前にあるおもちゃに布をかけて見えなくした後、
再び布を外しても、そこにおもちゃがあり続ける・・
と言う事が理解できるのも、
以前は1歳を過ぎてからと言われていましたが、
今は「あるハズのおもちゃが消えてなくなる」と言う
実験をして赤ちゃんが驚く反応を示す事で
生後3~4ヶ月からすでに理解している・・
と言う事が分かったそうです。

(↑この動画はちょっと古いです)

また、落下するボールが途中で消えたり、
机を突き破ってボールが落ちる事が無い・・と言う事も
「重力」や「慣性の法則」と言った知識・・
あるいは、ボールが机を通り抜ける事は無い・・
と言う常識が無ければ理解しない感じもしますが、
そうした事を知らない赤ちゃんでも、
ボールが途中で消えたり、
机を通り抜けたりする事は「おかしい」と
思う事が分かっているそうです。

おもちゃに布をかけた後、消したり、
何も無いところに布をかけたらおもちゃが出現したり・・
と、あるハズのものが無かったり、
無いはずのものがあったりする事で
赤ちゃんが驚く事で、簡単な足し算や引き算・・
「数」と言うのものも理解しているそうです。

では、それらを通して何が言いたいのか?と言いますと、
犬も同じで、犬の気持ちは分からない・・
どうしてこんなに行動の問題ばかり起こすのか理解できない
なんで、教えてもいない悪さをするのか理解できない
と諦める前に犬の「視線」に注目し、
「何を積極的に見ているか?」を観察する事で、
犬が今、何に興味を持っているか?が分かりますし、
そうして、観察を続け、犬の行動やその結果を照らし合わせる事で、
犬の視線の意味・・思考の推測などもできるようになると思いますし、
そうして、犬の気持ちを読み取れるようになれば、
犬が吠えても、それが不安や恐怖から吠えているのか?
それとも、飽きてつまらないから吠えているのか?
が理解できますので、必然的に飼い主さんの対応も変わり、
犬が不安や恐怖からの吠えに対しては
「大丈夫だよ」と声がけしてサポートをしてあげる事で
犬からの「信頼」は高まると思いますし、
逆に「いたずら」や「気を引くため」の吠えならば、
無視をする事で、その行動に対するメリットが生まれませんので
困った行動を減らして行く事もできるのではないかと思います。

「赤ちゃんは天使」と言われたりしますが、
犬も天使と言う人も少なくなく、
「犬が行動の問題を起こすのは人間が酷い行いをしたから・・」
として、犬に対する虐待は勿論、犬を叱り付けるのもいけない・・
とされる事もあるみたいですが、
多くの場合、叱られた事がない犬の方が
自分の行動の何が悪いのか?が分からなくて
不安を抱えていたり、ワガママが酷いなど、
行動の問題を起こしている事は多いです。

犬も生まれつきの気質があるので
同じ犬種・・同じ母犬から産まれたきょうだい犬でも個性に違いが出ます。
だから、同じ犬種なのに先住犬と全く違う・・
と言うのは当たり前ですし、
パパ犬とママ犬は良い子だったから、
産まれた子犬も良い子のハズ・・として、
子犬に対して消極的で何も教えようとしなければ、
犬は勝手に考えて判断するようになり、
自分にとってメリットが高い環境・・
自分にとって面白い状況を作る為に積極的に行動し、
それが飼い主さんにとっての「行動の問題」と
なる事も多いですから、
叱りを推奨するわけではありませんが、
「犬はまっさらなほど素晴らしい状態」と言うワケではなく、
犬が知らなくて困っていたら教えてあげ、
間違った事をしていたら、その行動を叱ったり、注意しつつ、
正しい行動を教えて、その子が生きやすいように
導いてあげるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

犬の行動の問題にも「アドラー心理学」

 2018-10-30
DSC00106.jpg

これまでの心理学では、
「何か問題があればその原因を見つけて問題の解決を目指しましょう」
と言う感じでしたが、「アドラー心理学」では、
「問題は何らかの”目的”の為に行動をした結果である」
と考えるのだそうです。

例えば、「プライドが高くてすぐに喧嘩をしてしまう」と言う人の場合、
これまでの心理学では、
「どうしてプライドが高くなってしまったのか?」とか、
「プライドが高いとして、どう言う対応をして行けば良いか?」と、
問題の原因を探したり、問題の解決策を見つけようとしたりしますが、
「アドラー心理学」では、
プライドが高いのは、実は劣等感が強いから自分に自信がもてず、
「もう、それ以上、言われたくない」と言う
”目的”の為に攻撃的行動をして黙らせようとしている・・・
とされるみたいです。

つまり、自分に自信が無く、劣等感が強いから
他者から否定されるような事を言われるのが耐えられず、
言われそうになると攻撃行動をして
相手に言わせないようにしているのだけれど、
それを認めるのも、他者に知られるのも嫌なので
「プライドが高い」と言う言葉で、
もっと弱い部分を隠していたり・・

そうして、表向きの行動に隠された”真意”が分かれば、
その解決方法も見つかりますが、
表向きの理由だけを見て「プライドをどうにかしよう・・」
としていたら、いつまでも「プライドが高いから」と言い訳をし続けて、
行動は変わらない事は多いのでのではないかと思います。

「人は変われない」のではなく、
自ら変わろうとしていないだけ・・

犬の飼い主さんで言うと、
「犬が行動の問題を起こすから他の飼い主さんと仲良くできない」
と言っているけれど、実は飼い主さん自身が「人見知り」で
犬がフレンドリーになって、
他の犬や飼い主さんとご挨拶をしたがると、
他の人や犬と仲良くしなければならなくなるので、
実はそれ程、自分の犬が友好的になる事を望んでいない・・
だから、犬のコミュニケーションスキルが成長しない・・
と言う事もあるのではないかと思います。

その場合、「犬が他の犬と仲良くできない」と言う問題は、
実は飼い主さんが
「他の人や犬と仲良くなって欲しくない」と言う
「目的」の為に起きているのですが、
飼い主さんがそうした自分の真の気持ちに気づいてはいない為、
自分の犬は問題だ・・困った・・と言いながら、
真剣に問題を解決しようとしない・・
と言う行動を選択し続けてしまう事も多いみたいです。

「頑張る」と言いつつ、行動が伴わないのは、
頑張って結果が出なかったら言い訳ができないから・・・
「自分だって頑張ればできる」と言う可能性を残しておきたい・・
と言う「目的」が隠されている事も多いそうです。

ただし、そうした「劣等感」は持っていてはダメなわけではなく、
「劣等感」があるからこそ、人は成長ができるし、
成長を望んで頑張る事ができるのだそうっです。
ただし、自分が頑張らずに他の人の足をひっぱったり、
蹴落とそうとするのは、
劣等感が捻じ曲がってしまっているかもしれないので、
他者と比較し、自分を上げる為に他者を下げるのではなく、
他者は他者、自分は自分として、
過去の自分よりもより良い自分を目指して頑張るのが良いみたいです。

犬の行動の問題が改善されないのは、
飼い主さん自身が根気良く、問題改善に取り組まないから・・
と言う事が分かってはいるけれど、
それを他の人に知られるのは恥ずかしいし、
自分でもそれを認めたくないから
「犬が悪い」としてしまう事もありますが、
「できない自分」をこれ以上、下げない為に
犬を下げる事で自分を上げる・・と言うのは、
頑張らない上に自分の犬を陥れる行為ですし、
問題を捻じ曲げて複雑にしてしまったりしますので、
問題がなかなか、解決できない場合、
「自分はどんな目的でこの状態を選んでいるのだろう?」
と考えてみるのも良いそうですし、
それは犬に対しても同じで、
叱っても、叱っても犬の行動が変わらない・・
何の行動の理由がよく分からない・・と言う時も
「行動」の裏に隠された犬なりの動機・・メリットを探してみると、
その行動の真の意味や行動の理由が見えてきますので、
そうしたメリットを与えないようにこちらの対応を変えてみると、
犬はその行動に意味を感じなくなったり、
その行動をする事でデメリットを感じるようになるので、
困った行動が段々と収まってくるのではないかと思います。

犬の行動の問題が収まらないのは、
辛い過去に原因があるワケではなく、
その行動をする事で何かしらのメリットを感じているから・・
と言う風に考えるのは、最初は難しいと思いますが、
犬も「原因」ではなく「目的」で行動をしている・・
と考えてみると、今まで見えなかった
犬の行動の真の意味が見えてくる事も
あるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

自分と対話してみる

 2018-10-29
 DSC00061_20181031211054a5f.jpg

昔は怪我や病気をした時も
「自分の事は自分が一番、よく分かっている」
なんて言って無理をしてしまう人が居たりしましたが、
実際は自分の事を良く知っているようで知らないのが
「自分」だったりするみたいです。

「自分は穏やかな性格で、友達と喧嘩をしても
 何も言わずに黙って耐えているだけ」
と言っている人も他者から見ると
「何も言わないだけで、心の中では不満たっぷりで
 実は勝ち負けに凄くこだわっていて
 相手には好きなように言わせているけど
 実は負けているなんてこれっぽちも思ってはおらず、
 ちっともも穏やかな性格では無くて
 実は不満をすぐに顔に出す「負けず嫌い」」
だと思われている・・
なんて事もあったりするみたいです。

自分では「プライドが高い」と思っている人も
他者から見たら、実は劣等感が強く、
自分に自信が無いから他者から蔑むような事を言われると、
それを受け入れられずに
もう、それ以上、言われないように・・
と、防御の為の攻撃行動に出てしまう人・・
などと思われている事もありますし、
酒を飲むと我を忘れて大暴れしてしまう・・
と反省している人が実は心の中に凄いストレスを抱えていて
そのストレスを普通の状態だと表に出せないので、
酒のせいにして暴れている・・
つまり、酒にのまれているのではなく、
「お酒を呑んだから仕方が無い」とする為に
酒を呑んでいる確信犯だったりする事もあり、
自分の気持ちや考え、行動がどこから来ているか?に気づかないまま、
表面的な部分だけを見て判断していると、
自分の行動の問題や自分の行動がどう言う結果をもたらすか?
が分かっていても、いつまでも根本的な問題の解決ができない・・・
と言う事も多いみたいです。

犬の飼い主さんの中にも
「分かっていても犬のしつけができない」と言う人は多いです。
その理由として「犬に厳しく接っしたら可哀相だから」
と言われたりする事も多いのですが、
実はよくよく聴いてみると、
「犬を叱るほど自分は正しいのか?」とか
「犬を叱って嫌われたらどうしよう?」と言った
自信の無さや「寂しさ」が原因だったりする事もあるのですが、
いきなり、「自分自身に自信がないからです」とか
「不安や喪失感を抱えていて犬に依存しているからです」
などとは言えませんし、言ってしまうと
悩み、苦しみ、自信を失っている飼い主さんを
さらに追い詰めてしまう事になりますから
仲良くなって信頼関係を築いたり、
犬の行動の問題を一緒に改善して行って自信を持って貰い、
ある程度、厳しい事を言われても大丈夫になってきてから
さらなる向上の為に必要だと感じたら伝えてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。

「自分は他者からどう見られているか?」
と言う風に他者の視線ばかりを気にしている人は、
自分の事を気にしているようでいて、
「その不安がどこから来ているのか?」と言った
自分の内面については見ていない事も多いです。

その為、際限の無い「内なる不安」や
他者に対する「承認欲求」に振り回されて、
自分の犬に対して「良い子になりなさい」と
無理をさせてしまう事もありますから
「不安だ・・」と感じた時は
「何に対しての不安なんですか?」と、
自分の「不安」に対して問いかけてみて
「不安の正体」を探ってみたり、
「どう言う時に不安になるのか?」
「いつも、どうしたら不安が治まったか?」
と自分に問いてみる事で、不安が起きる要因や
その解決法なども見つかるかもしれませんから、
犬の行動の問題を犬のせいだけと考えるのではなく、
自分との対話の中で、犬が行動の問題を起こすきっかけや
その解決方法などを探ってみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

結果を変える為に「いつものパターン」を抜け出してみる

 2018-10-28
DSC00087_2018103121024701f.jpg

犬の行動の問題で悩まれている飼い主さんは多いですが、
そうした飼い主さんが犬の行動の問題解決に向けて
日々、どんな事をしているか?と言いますと、
意外といつもと同じ行動・・
いつもの習慣を繰り返しているだけ・・
と言う事は多かったりするみたいです。

例えば、自分の犬は犬同士のコミュニケーションが苦手で、
犬を見るとご挨拶には行くのだけれど、
つい、相手の犬の匂いを嗅ぎ過ぎてしまって嫌われてしまう・・
と分かっているのに、犬とご挨拶をした時に
途中で自分の犬を引き離したりはせず、
自分の犬が満足するまで相手の犬の匂いを嗅がせてしまったり、
「うちの犬は抱っこが苦手」だと分かっているのに、
急に犬を抱き上げてビックリさせてしまっている・・
と言う飼い主さんも多かったりします。

人間は「習慣」で生きていますから、
意識をしないと、知らず知らずのうちに
同じ行動パターンを繰り返してしまうそうです。

勿論、そうする事で日々の決まった行動に対して
いちいち、考えたり判断したりしなくて済むので
楽で効率的だとは思いますが、
ある意味、自分で自分を縛り付けていたり、
制限してしまったりしているので、
犬の行動の問題に対しても「このままではダメだ」と思いつつも、
同じ対応をしてしまうのだそうです。

だから、犬の行動の問題を解決する為の方法として、
「いつもとは違う行動をしてみる」
と言うのも大切になってくるそうです。

「自分の犬が吠えたら抱き上げる・・」
「自分の犬は人も犬もダメなので、
 毎日、早朝や深夜に散歩に行く・・」
と言うばかりではなく
少しずつ、抱き上げないようにして
犬自身に考えさせるようにしてみる・・とか、
お散歩をする時間帯を変えて、
少しずつ、人や犬に慣らしてみる・・
と言う風に「習慣」を変えてみるのも
良いのではないかと思います。

散歩中に犬に会った時に
自分の犬が吠えてしまうので逃げたら
平和的に問題が解決できたので、
以後、その行動を繰り返している事で
「習慣」が作られてしまう事もあると思いますが、
それでは、自分の犬の
コミュニケーションスキルは育ちませんから
最初は、よその犬と正面から会わせるのではなく、
少し後ろをついて行く・・とか
遠くから眺めさせる・・などをしてみると、
自分の犬の中の他の犬に対する印象も
少しずつ変わるかもしれませんし、
その中で犬の飼い主さんとのつながりが生まれれば、
飼い主さんも嬉しいでしょうし、そうした「メリット」が
自分の犬が吠えてしまうと言う「デメリット」を上回れば、
他の飼い主さんと犬と仲良くなる為に頑張る・・
と言う目標の為の動機になると思います。

「自分の犬が吠えてしまうから・・」と
犬も人も避けて誰も居ない所へ行ってしまう飼い主さんは、
そもそも、人間関係に対して後ろ向きで
「頑張れば他の飼い主さんと仲良くなれる」と言うメリットよりも
「リスク回避」を優先させてしまう為、
結果、犬のコミュニケーションスキルも育たない・・
と言う事は多かったりします。

なので、飼い主さんが「対人関係をどう考えるか?」
と言うのも飼い主さん自身が思い描く「理想の未来像」へと
つながって行くと思いますし、
それは、自分の犬の未来像ともつながって行きますので、
もし、理想の未来像の為に何かをしたい!と思うのならば、
いつもの行動パターンから抜け出して、
新たな行動をし、それが良い結果につながったのなら、
成功体験を増やして行って、
良い循環を作れるようにチャレンジしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫