FC2ブログ

トレーナーさんこそ安全基地となるべきかも

 2018-10-14
DSC04717.jpg

犬が沢山、居る中で自分の犬を抱っこするのは良いですが、
わざわざ、犬を仰向けで抱っこするので、
他の犬たちがその子の匂いを嗅ごうと寄ってきて、
その子が怒る・・・
と言うケースを見る事も多いです。

自分でお腹を見せたわけでは無く、
飼い主さんに身体をひっくり返させられて
お腹を出させられている状態で
他の犬達が匂いを嗅ぎに来たら、それは嫌だと思いますが、
そう言う事をする飼い主さんほど、
怒った犬に対して「なんで怒るの?」
と逆に叱ったりする事も多いです。

「なんで怒るの?」と言う文章だけを書くと、
犬が怒った意味を問うような・・
犬の気持ちを気にしているような感じですが、、
実際は怒った事に対する否定・・
「このぐらいの事で怒るなんておかしい・・
 どうして優しくできないの?」と言う感じだったりしますけど、
そんな風に飼い主さんが犬の気持ちを考えてあげず、
自分の都合を押し付けようとしてしまうと、
犬は優しくされていないので心の余裕を失い、
他の犬に対しても寛容さを失ったりしますので、
飼い主さんの「こうであるべき」や
「そうであってはならない」と言う決め付けが
犬の優しさやおおらかさを
奪ってしまっている事もありますから注意が必要です。

犬の幸せを考えた時、
「沢山、ご飯を与える」とか
「沢山、愛情を与える」など、
多くの犬が喜ぶ事を思い浮かべますが、
それは、多くの犬にとっての「幸せの定義」であって、
今、目の前に居る犬にとっての幸せは、
「散歩に行きたい」かもしれませんし、
「おもちゃで一緒に遊びたい」かもしれませんし、
単に「飼い主さんに撫でて欲しい」かもしれません?

だから、他の犬が喜ぶから・・と言って
その子も喜ぶとは限りませんし、
それを望んでいるとも限らない・・
目の前の犬の「幸せ」や「嫌な事」を見ずに
世間一般の「幸せ」や「嫌がる事」を
押し付けてもズレが生じてしまいますから、
「他の犬がどうか?」は抜きにして、
今、目の前に居る自分の犬の気持ちや考えに
思いを寄せる事が大切ではないかと思います。

人間の子育てでも、
子供の行動に問題が生じた時点で
自分の接し方を省みて、
自分の問題としても取り組み
子供と一緒に成長して行く親も居る一方で
頑なに「子供が悪い」と決め付けて
子供に対して否定的な態度を取り続ける親も居るそうです。

犬の問題行動も飼い主さんがそこまで頑なだと、
「犬のしつけ」の問題と言うよりも
「愛着」の問題となりますので、
一般的な犬のトレーニングでは限界があり、
それを伝えようとしても、飼い主さんの協力が得られないケースも多いですし、
協力が得られたとしても犬と飼い主さんの常識や認識のズレ、
すれ違いを修正する為の人が必要となりますので、
第三者の関わりが不可欠になってくると思います。

そうして、飼い主さんが苦手とする部分をサポートをする
と言う事を何年も行い、
犬の行動の問題となっている「愛着の問題」を築きなおす事で
犬の行動を安定させて行く事もできると思いますが、
その為には第三者が犬にとっても、飼い主さんにとっても
「安全基地」となる必要があるみたいです。

ーとは言え、良い「安全基地」は、
飼い主さんが必要とする時しかサポートをせず、
決して依存をさせたりはしませんので、
飼い主さんの自立を求めない「安全基地」は
安全基地とは言えないと思いますし、
飼い主さんがそうした安全基地を頼り、
助けを得る事で精神的に安定し、安心と自信を取り戻せれば、
犬も安定し、安全基地を利用する機会も減りますので、
最終的には困っても心の中で安全基地の存在を思い出すだけで
大丈夫になったりもするそうですから、
今後は「愛着のズレ」による犬の行動の問題にも
対応できるようにして行くのが良いと思いますが、
人間の子育て問題ですら
「愛着」について語られ始めたぐらいかもしれませんので、
飼い主さん自身がまず、自分の「愛着」について
考えてみる・・と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

犬と養育環境

 2018-10-13
20181009_172209.jpg

思春期の頃などは、シニカルで偽善を嫌い、
それを暴く事を「正義」だと思っていたりしますが、
それは、その子の性格が真っ直ぐで悪を許せないから・・
と言うよりは大人を信用できずにいるから・・
だったりする事も多いみたいです。

例えば、親が裏表を持つ性格で、
外に出るとニコニコとして楽しそうに話しているのに、
家の中では近所の人の悪口ばかりを言っている・・など、
親に失望していて尊敬ができない一方で
そんな親に頼らなくては生きてはいけない・・と言う矛盾。

そうした、悲しみと怒りと憎しみと絶望感、
無力感が偽善を嫌い、自分は正しく、強くあろうとしますが、
その反面、すごく相手の顔色をうかがい、
相手の言動に敏感になってしまっている為、
ナナメの発言をして
優れた存在である事を他者に証明しようとしますが、
それも、強い無力感の裏返しなのかもしれません?

親は尊敬できず、信頼も信用もできないし、
そんな親に頼らなくてはならない自分の事も嫌いなので、
誰に対しても心から信頼も尊敬もできなくなっている・・

そんな感じで、子供が生まれた時から持っている気質よりも
その後の環境が子供の性格や愛着行動に大きな影響を与えている・・
と言われているそうです。

また、そうした事は犬にも言えて、
保護犬を一時預かりをしている家庭の中にも、
「あの家に行った犬はみんな分離不安になる」
と言うケースもあったりするみたいです。

人間の子供でも、
親がしっかりと子供を育てているのに
愛着行動が不安定になる事がありますが、
それは、愛情の問題では無く
「関り方」に問題があると考えた方が良いみたいで、
例えば、親が帰宅をしても子供は無反応で
自分から寄って行く事もない場合、両親は子供に対して
感受性や応答性が乏しい傾向がある事が認められているそうですし、
親が帰宅をしても興味を示さず、
子供を撫でようとすると拒むのに、
嫌がれたりすると離れようとしない・・と言うのは、
母親自体の不安が強く、神経質だったり、
子供に対して厳格過ぎたり、過干渉だったり、
甘やかしたりする一方で、
子供が思い通りにならないと突き放す・・
と言う行動をしているから・・
と言う事も多いみたいです。

無条件に子供を愛し、受け入れる・・と言うよりは、
自分の理想を押し付け、そうならないと
子供を突き放して愛情を与えなかったりすると、
子供は二面性を持つようになるそうですが、
人間の場合の研究結果でも
愛着障害が遺伝的な要因であるケースは2~3割で、
おおむね、7~8割が養育環境によるものと
されているみたいです。

でも、逆に言うと飼い主さんが変われば犬も変わる・・と言う事です。
犬の行動や考えがあらかじめプログラミングされたモノで
飼い主さんがどんなに努力をしようとも
その行動を変える事はできない・・と言うのなら
どうしようもありませんが、
「養育者が変わる事で常に分離不安になる・・」
と言うケースがあると言う事は、
逆にどんな子も自立をした自信を持つ犬にできる!
と言う事だと思います。

依存をする犬は依存をさせるような環境で育てているとしたら、
逆に飼い主さんが良い「安全基地」となって
犬の冒険心や探究心を育んであげれば良いと思います。
良い安全基地を持ち、沢山、探検をして自信が育ってくると
犬も安全基地に頻繁に帰ってくる必要がなくなりますから、
「分離不安」を持ってしまった犬でも
良い自信を育てて自立する事は可能ですし、
その為には、犬が頑張るべき問題は犬に任せて見守り、
飼い主さんが頑張る問題は飼い主さんが頑張る・・
と言うのが良いと思います。

しかし、多くの飼い主さんが犬の問題を肩代わりし、
「見守る」と言う努力を怠ってしまったりしますが、
それもまた、「犬を依存させる環境」になりかねないので、
「犬の性格は生まれつきではなく養育環境による影響」として、
自分も含めた環境作りから考えてみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

愛着の問題

 2018-10-12
20181006_172518.jpg

犬にとって飼い主さんが「安全基地」となる事は
とても大切になってきますが、
まだまだ、一般的には
「飼い主は強いリーダーである事を示さなくてはならない」
と言う感じだったりする事は多いみたいです。

勿論、「リーダー」と言う言葉の中には、
犬を守り、導くと言う「安全基地」の意味も含まれていますが、
例えば、飼い主さんが帰宅した時の犬の反応を見る事で
「愛着」のパターンが見えてくるかもしれないみたいです。

飼い主さんが出かけた時に犬は寂しがったり、
不安を感じたりはするものの、特に過剰と言う事もなく・・
帰宅した時も素直に再開を喜びますが
こちらも過剰と言う事はなく、安定している場合、
愛着は「安定型」だと言えるみたいです。
逆に飼い主さんが出かけても、帰宅してもほとんど無反応で、
自分から寄って行こうともしない場合、
犬は「安全基地」を持っていないので
不安や不快を感じても「愛着」の行動を示さない
「回避型」となってしまっている事もあるみたいです。

こう言う子は、飼い主さんの愛情やお世話が不足気味で
放任になっている場合も多く、、
後に反抗や攻撃的な行動が出てしまう事も
あるそうですから注意が必要です。
他には、飼い主さんが出かけようとすると大騒ぎをするのに、
飼い主さんが帰宅をしても興味を示さず、
飼い主さんの方から撫でようとすると拒んだり、
嫌がったりするのに、一度、抱っこをされると
今度は離れようとしない・・と言うのも、
飼い主さんが安全基地としての機能を充分に果たしていない為、
愛着の行動が過剰に引き起こされている事も多いみたいです。
飼い主さんの愛情や関心に大きな差があり、
犬を構う時は物凄くかまうのに、
無関心な時は一切、興味を持たなかったり、
あるいは、神経質で厳しくて過干渉な飼い主さん
だったりすると、こうした行動に
出てしまう事もあるみたいです。

また、そんな風に受け身なだけではなく、
犬の方から飼い主さんをコントロールしようとする事もあり、
吠えたり、噛んだりと攻撃的な行動をしたり、
唸ったりして飼い主さんを脅す事によって
飼い主さんを「支配」しようとしたり、
飼い主さんに甘え、すぐにお腹を見せて
従順な態度をする事で飼い主さんの保護を受け、
自分の思い通りに飼い主さんを動かそうという「従属的」なタイプや
可哀相なフリや落ち込んだフリをする事によって
飼い主さんの同情を引き出し、
飼い主さんの愛情をコントロールしようと言う
「操作的」なパターンの子も居て、
こうした行動は飼い主さんの愛情が不安定で
不十分だと感じる事により引き起こされる行動で、
かなり幼い頃から行われていて、
かつ、相手によってパターンを使い分けていたりしますから
自分の中の自分の犬の印象と他の人が持つ自分の犬の印象は違う・・
と言う事もあったりするみたいです。「

しかし、「愛着」の問題はやっかいで、
人間でも「安定型」の愛着を持つ人は3分の2で、
残りの3分の1は「不安定型」だと言われているそうです。
勿論、不安定と言っても軽度だったりする方が多いそうですが、
それでも「愛着」の問題を抱えているわけで、
愛着の問題をどこか遠くの事・・と考えるよりは、
どても身近な問題・・と考えてみるのも
良いかもしれないみたいです。

では、実際にどうしたら良いのか?と言いますと、
「自分と犬の問題」とするだけではなく、
色々な人との良好な関係を築けるように努力する・・
と言うのが良いみたいです。

自分の「愛着」がズレていたとしても、
旦那さんと犬との関係が良好であれば、
犬の「愛着行動」は良くなって行くと思いますし、
その関係性を見ながら自分も真似をして行く・・
と言うのも良いと思います。

自分の親の愛情が変だったから
自分の中の「愛着」もズレてしまっている・・
自分が与えた愛情が変だったから、
犬の「愛着行動」もおかしくなってしまった・・
あるいは、保護犬だから・・
と言うのは「原因」であり、
「原因」に対する「対応」や「対策」をしてこないと、
望まない結果になったりもしますので、、
これから「対応」や「対策」を考え、
自分が「安全基地」になれていないとしたら、
「安全基地」になれるように行動をしてみる。
勿論、「安全第一」と犬の周りを厚い壁で
覆ってしまうと「牢獄」となり、
かえって犬の自由を奪ってしまう事になるので注意ですが、
リーダーになる事よりもまず、犬の心の安定を目指してみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

愛情が欲しい時に貰えないと

 2018-10-11
20181002_172636.jpg

子供が「不安」や「不快」などのストレスを感じている時、
自分の親や周囲の大人に対して泣く事で不安を訴えたり、
あるいは接触を求めて甘える事で不安を解消しようとしますが、
そんな時、親や周囲の大人がその訴えや要求に応える事で
「愛着(アタッチメント)」が形成されて行くそうです。

そ不安や不快を感じた時に守ってくれて、
不安を取りのぞいてくれる母親などの存在が継続的に確保できると、
その場所は「安全基地」となり、
「安全基地」が生まれる事によって、
子供は「外界へ冒険をしに行こう」と言う意欲を持つ事ができるのだそうです。

逆に言うと、母親との関係性が不安定で、
「安全基地」としての機能をきちんと果たしていないと
子供は安心して外界を冒険する事ができなくなり、
外に対する知的好奇心も育たず・・
他者との関係にも無関心になるなど、
何事にも消極的になってしまう事もあるそうですから注意が必要です。

そして、それは犬にも同じ事が言えて、
自分の犬に対して「他の犬と遊んできなさい」とか
「うちの犬は臆病だから・・」と言う飼い主さんも多いですが
「他の犬と遊べない・・」とか「自分の犬は分離不安で」と言う前に
犬が不安や不快を感じている時に安心感を与えられてあげられているか?
また、犬を抱き上げて不安や不快を取り除くだけではなく、
1人でも大丈夫なように犬の自信を育ててあげられているか?
と言う部分について考えてみるのも大切みたいです。

意外と犬の事を突き放しすぎていたり、
逆に犬を依存させるような接し方をしてしまっている・・
と言う事もあるのではないかと思います。
また、犬との「愛着」の問題で言うと、
犬が飼い主さんに興味を示さない・・
他の犬とも誰とも関り合いを持とうとはせず、
おもちゃにも興味が無く、ただただ、一人の世界を生きて行く・・
と言う犬も居たりしますが、
そう言う犬は、その子が本当に愛情が欲しい時に愛情が貰えず、
誰の保護も受けられない状態が続いた事で
「愛着を持つ事を諦めてしまった」からかもしれないみたいです。

勿論、飼い主さんが仕事などから帰ってくれば喜びますが、
それも長くは続かず、また、自分の寝床に戻って寝てしまうなど、
愛情が本当に欲しい時に貰えなかった事で、
今度は飼い主さんが愛情を与えようとしても、
愛情の受け取り方が分からなくなってしまい、
お互いにギクシャクした関係になってしまう・・と言う事は
「保護犬」の里親さんになった時によくあったりしますが、
そのままお互いが「そこそこの関係」で満足しようとしてしまうと、
一生、その関係が続いてしまうかもしれませんので、
犬の心の奥深くに歩み寄る覚悟が必要な事もあるのではないかと思います。

また、飼い主さんの愛情が欲しいのに
守ってくれるはずの飼い主さんから暴力などを受けてしまうと、
犬は飼い主さんを求めつつ、同時に怖れると言う相反的な感情を抱く事になり、
愛情が欲しいのに攻撃的な行動をしたり、
拒否したり、無関心を装ったり・・と、
相反する行動が強く出てしまうなど、
愛着の問題が深刻化してしまう事もあるそうですから
暴力は行わない方が良いみたいです。

「愛情」と言うと「沢山、与えれば良い」と思ってしまいがちですが、
過保護になって犬に対するサポートをし過ぎてしまうと、
かえって犬の自主性を妨げてしまう事になり、
「安全基地」ではなく、単なる依存場所になってしまう事も多いですので、
犬が求めていない時は何もしない・・
犬を過剰に守ったり、助けたり、閉じ込めたりしないようにしないと、
不安の強い、自立できない犬にしてしまう事もありますので
犬が「不安」や「不快」を感じていて、
それが、自分自身だけではどうにもらない時だけ
飼い主さんが助け、不安を取り除いてあげる・・
と言うのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

損と罪悪感

 2018-10-10
20180928_170530.jpg

他者との関係を円滑に保つ為には相手の事を思い、
相手の言動を意識し、自分よりも相手の事を優先させて、
多少の事なら自分が損をしても構わないし、
少しぐらい振り回されても我慢をする事もできる・・
と考えている人は多いのではないかと思います。

でも、そうして常に相手を優先させていると
損をしている感じがしてしまいますから、
自らすすんで相手を優先させながら
その見返りがないとイラッとしてしまい、
結果、二人の関係性は悪くなってしまう・・
と言う事もあるみたいですから注意が必要です。

また、そうした「他者」を中心とした思考をしてばかりいると、
自分が自分の為にする事ですら
「罪悪感」を感じてしまうそうです。

例えば、主婦が「遊びに出かけたい」と思っても、
旦那さんや子供が居るから自由には出かけられない・・
出かけるとしてもゴハンは作っておかなくてはならないし、
どこに出かけるか?もきちんと伝える必要があるし、
約束の時間までには帰らないといけない・・
と言う感じになってしまうと思います。

子供や旦那さんは何も言わずに好きなだけ遊びに出かけ、
いつ、帰ってくるかも分からないのに、
自分は勝手には遊びには行けないし、
行くのならごはんの用意はしなければならない・・
もう、子供も高校生で、自分だって仕事をしていて
自分で稼いだお金ででかけるのに、
どうして、いつ、どこへ・・誰と会って、
何時に帰ってくるか?まで伝えて行かなくてはならない・・
と言うのは、勿論、家族の声もあるでしょうけど、
やはり、「そうしなければならない」と言う
「罪悪感」からではないかと思います。

ごはんの用意もせず、何も言わずにでかけて
子供や旦那がお腹を空かせたり、
心配をさせたりする事を考えるのなら、
手間と時間をかけて料理を用意し、行き先と帰る時間を伝えて
「時間制限あり」ででかける方が精神的にはマシ・・
と思えてくる・・

しかし、その「罪悪感」は当然、持つべきものなのでしょうか?
子供がまだ、小さいのに母親が遊びにでかけて居ない・・と言うのは、
子供を精神的に不安定にさせてしまう事もあるみたいですから注意ですが、
子供も高校生になれば、コンビニで買い物をしたり、
自炊をしたりもできると思います。

まぁ、子供がコンビニのお弁当を食べたがらない・・
旦那さんは自炊なんて一度もした事がない・・
と言う理由から「仕方が無い」としてしまうのかもしれませんが、
そうして、「損をする方」を選ぶのは、
その方が「罪悪感」を覚えなくて済むからで、
出かける事に「罪悪感」を感じるから、
その「罪悪感」を軽くする為に自分を罰する意味で
「家族の為のごはんを作り、
 いつ、どこで、誰と会うか?を伝え、
 帰る時間を伝えて”制限時間あり”にする事」
とするのではないかと思います。

でも、「自分を大切にする」と言う事に
「罪悪感」を持つ必要なんて無いと思います。

罪悪感を感じながら出かけてもつまらないし、
「全く、うちの旦那と子供は・・」と、
みんなの前で愚痴る事でみんなの同意を得て
罪悪感を少しでも減らしたい・・
と言う事もあるかもしれませんが、
そうして、罪悪感を減らそうとすればする程、
罪悪感を強まったりしますし、
それならば「お友達と遊びに行きたいから協力して」
と家族にお願いし、助けて貰った方が、
お互いにとって良いのではないかと思います。

そして、それができないのは、
「主婦とはこうあるべき」とか
「母親はそうあってはならない」と言う決め付け・・
自分自身に対して「レッテル」を
貼ってしまっているからかもしれませんので、
そうならない為には、自分の気持ちを優先させ、
自分の気持ちを素直に伝え、
理解し会う事を大切にしてみるのも良いみたいです。

まぁ、常に相手の事を思い、相手の言動を意識し、
相手の為に・・と優先させて、
多少の事なら自分が損をしても構わないし、
相手に合わせる事もできるし、
少しぐらい振り回されても我慢をする・・と言う人は、
小さい頃からそんな感じで、
親との関係において、そうした方がメリットが大きかったから
今でも優先的にそうした行動をしているのだと思いますが、
それが結果として、不必要な「罪悪感」を生み、
罪悪感のせいで自分を縛り、苦しめ・・
旦那さんと子供をワガママにさせ、
自分は「自分ばかり・・」とボヤいて、
本当の意味で相手の事を考えない関係性に
なってしまうとしたら問題ですし、
そうした事は犬が相手の時も同じですから、
「自分を大切にする事」に「罪悪感」を持たない方が
家族の仲も良くなると思いますし、
旦那さんも子供も自分の事は自分でしよう・・
となって、自信が強まると思いますし、
奥さんの為・・母親の為・・と頑張る事は
家族の絆を深める事にもつながると思います。

こうした事は犬を育てている時も同じで
飼い主さんが犬に対して「罪悪感」を抱きすぎる余り、
飼い主さんはストレスを強めるし、
犬はワガママになり、
飼い主さんにやって貰って当たり前・・
と思うようになってしまうので、、
余計に飼い主さんはストレスを強めてしまう・・
なんて事もありますので注意が必要です。

人間・・自分が恵まれていない状況が続くと、
他者や周囲の環境に対して恨みを抱きますが、
自分が恵まれている・・と感じられれば
他者に優しくできるようになると思いますので、
犬や家族に優しく、おおらかな気持ちで
接する事ができるようになる為には、
まず、自分自身の心を大切にする事だと思いますので、
自分自身を大切にする事に罪悪感を覚えないように
してみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫