鈴乃助君の足裏ケアと8の字歩き

 2015-01-17
01DSC00124.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「鈴之助」(2歳)です。

02DSC00131_20150118202606899.jpg
足の裏の毛が伸びてくると、
フローリングで滑りやすくなったりしますし、
爪も少し伸びていたので、
足のケアの練習を少しずつやってみる事にしました。


保護犬の中には、
無理やり抱きかかえられてきたのか?
抱っこをする時は必ず嫌な事があったのか?
それとも、抱っこをされた事がなかったのか?は分かりませんが、
抱っこが苦手だったり、嫌いだったりする子も多いのですが、
鈴乃助君は抱っこが大好きなので、
こうした体勢になっても落ち着いています。

勿論、だからと言って、
強引にバリカンや爪切りをしてしまうと、
「大好き」を「大嫌い」にさせてしまって、
抱っこをしようとすると逃げるようになったり、
こうしたケアをしようとすると、
大暴れをするようにさせてしまう事にもなりねませんから、
褒めたり、おやつをあげたりして、
「成功体験」で終わらせてあげるように心がけています。

その後は、コマンドコミュニケーションをしてみました。


鈴乃助君に「8の字歩き」を教えている所です。
まだまだ、落ち着きが無くあわただしいですが、
それでも、動き自体はすぐに覚えてくれたので、
頭の良い子だと思います。
人間もスポーツを始めた頃などは、
「あわてないように」とか「ムダな動きが多い」と、
先輩やコーチから注意されたりする事は多いですが、
練習を重ねるごとに動きが洗練されて無駄が減り、
合理的で芸術的な動きができるようになったりしますが、
犬も同じで、同じ動きを繰り返させる事で、
無駄な動きが減って、落ち着きも出てきたりしますので、
最初から自分が望む動きを犬に求めるのではなく、
一緒に練習をする中で、少しずつ
教えて行ってあげるのが良いのではないかと思います。


最後は「クリッカー」をしてみました。
以前は「手に持った棒に鼻をつけられたら」
と言うのをしてみましたが、
今度は少しレベルを上げて、
「足の上に置いたボールに鼻をつけられたら」
と言う感じにしてみました。
「棒に鼻をつける」は手の延長のようなものなので、
犬にとっても分かりやすいですし、
棒を自由に動かせるのでヒントも出しやすいのですが、
こちらはボールを固定したままですし、
正解が分からずに困った鈴乃助君の視線は、
必然的に僕の顔に来る事が多いので、
きちんとクリッカーのルールが理解できていないの
ボールを見る事はありませんので、
ある意味で、犬がルールを理解しているかどうか?
の目安として行う事は多いです。

まぁ、鈴乃助君はルールをきちんと理解してくれていて、
少し考えたり迷ったりしつつも、
正解に気づいてボールに鼻をつけられたので、
これで「床に置いた座布団に座る」とか、
「床に置いたペットボトルを倒す」など、
次の段階にステップアップできると思います。

逆に言うと、こうして、犬の理解度や習得度を見極めないまま、
「犬は分かっているはず」と思い込んで難しい課題に取り組ませてしまった結果、
犬も飼い主さんもイライラして失敗体験で終わってしまう・・
と言う事もありますので、
犬がどこまで理解し、どこが分かっていないか?を考えてあげるのも、
大切ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :鈴乃助 トラックバック(-) コメント(-)

鈴乃助君を連れてみんなで根岸森林公園へ

 2015-01-14
01DSC09675.jpg
その後は、みんなで公園にお散歩に行きました!

02DSC09733.jpg
鈴乃助君も最初の頃は、
外が怖くて匂い嗅ぎなんてできなかったそうですが、
今は落ち着いて、自信たっぷりに匂いを嗅げるようになりました。

トレーナーさんによっては「犬に匂い嗅ぎをさせない」と言う人も居ますが、
匂い嗅ぎをさせてあげる事で外に対する興味を持てるようになりますし、
興味を持つ事・・匂い嗅ぎが楽しくなる事でちょっとした事でも動じなくなる・・
鈴乃助君の場合も、最初はちょっとした音にも驚いていましたが、
匂い嗅ぎをするようになってからは、
近くを自転車が通ろうと、
ちょっとした物音がしようが動じなくなる事が多くなりました。
多分、「楽しい」が「不安」を上回った結果、
音に対して過剰に反応する事がなくなり、
落ち着きや自信につなげる事ができたのではないかと思います。(^^)

03DSC09748.jpg
駐車場から静かな下り坂を歩いて行くと・・

05DSC09779.jpg
階段が見えてきました!

06aDSC09780.jpg
実は鈴乃助君は階段が怖くて下りられなかったのですが、
応援しつつ、少しずつ頑張らせてあげていたら、
今日は他の子達と一緒で心強かったのか、
みんなに置いていかれるのが嫌だったのか、
普通に階段を下りていてビックリです!?



07DSC09792.jpg
階段を下って行くと池が見えてきました。

08DSC09800.jpg
そのまま大きな芝生の広場の方へと歩いて行きます。

09DSC09830.jpg
鈴乃助君はチワピン君が気になるみたい!

10DSC09849.jpg
休日なので、すぐ横で子供達が楽しそうに大騒ぎしていましたが、
みんな怖がる事もなく普通にしていられました。

11DSC09868.jpg
少し日が落ちてきました

12DSC09914.jpg
チワピン君が芝生に落ちた凧が
気になるみたいで見に行きましたが、
この状況で確認に行けるだけの自信と
好奇心が持てているのは凄いと思います。

14DSC09928.jpg
その後、芝生の山を登って行きました。

15DSC09930.jpg
鈴乃助君も頑張って登って行きます!



17DSC09962.jpg
チワピン君の飼い主さんの後を追いかけています。

19DSC09963.jpg
鈴乃助君は走るのが好きみたいなので、
こうして一緒に走ってあげるのも良さそうですね!!

 20DSC09972.jpg
楽しそう!

16aDSC09932.jpg
チワピン君の飼い主さんに甘えています(^^)

21DSC00044.jpg
そんな感じで遊んでいたら、
お散歩に来ていた子がご挨拶に来てくれました。

22DSC00045.jpg
この子も「鈴」と言う名前だそうです。
まだまだ、子犬だそうですがご挨拶が上手です(^^)

23DSC00046.jpg
鈴乃助と一緒に走って遊びたそうにしていましたが、
鈴乃助君は飼い主さんの方が気になるみたいです。

24DSC00053.jpg
ーと言う事で、そろそろ帰る事にします。
鈴乃助君も最初の頃と比べたら凄く成長した感じがします。
僕と鈴乃助君と一対一で散歩をする中で細かいサポートをしつつ、
こうしてみんなと歩く時は鈴乃助君自身に頑張らせてみる事で、
知識と自信を育てて行って欲しいと思います。
鈴乃助君と公園に来るのは初めてでしたが、
また、遊びに来たいと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :鈴乃助 トラックバック(-) コメント(-)

鈴乃助君とコマンドコミュニケーションをしてみる!

 2015-01-11
000DSC00075.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「鈴之助」君(2歳)です。

最近、少しずつ「コマンドコミュニケーション」をはじめてみたのですが、
今まで、何も教わっていない感じな上に、
まだまだ、落ち着きがない子供なので、
今は、コマンドと平行して「落ち着く事」も練習しています。

犬に落ち着いて欲しい時・・
ついつい、「落ち着きなさい!」と声を荒げてしまいがちですが、
「落ち着きなさい」と怒って犬が動きを止めたとしても、
それはビックリしただけで、
「落ち着く」と言う言葉の意味を理解したわけではないので、
また、しばらくすると、動きまくって
「飼い主さんが怒る→ビックリして一瞬、止まる→また、動き出す」
の繰り返しとなり、
最終的に、犬は「飼い主さんは怒ってばかり」となり、
飼い主さんは「この犬は何度、教えても理解しない」と、
誤解や気持ちのすれ違いから、
心の距離を離してしまう事もありますので注意が必要です。

・・なので、落ち着いて欲しい時は、
あえて犬が落ち着くまで黙って待つ・・
自分の行動に対し、飼い主さんが何のリアクションもしない事で、
犬の方も「アレ?」と思って、立ち止まるので、
その瞬間に褒めて、おやつを与えたりして、
「それが正解!」と教えてあげるのも良いと思います。


勿論、最初から上手くは行きませんが、
一回や二回、犬が落ち着いて座れたからと言って、
それで犬が理解した。と思うのは早計ですので、
犬が「動き回るよりも大人しく待っていた方が良い事がある」と理解するまで、
何度でも黙って待つと言う事を繰り返す事も大切だと思います。(^^)

あとは「クルン」と言う合図で一回転する動きも随分と上達しました。
「オテ」はまだ、微妙なのですが、
前足をよく出すので、偶然でも「オテ」の形ができたら、
そこを褒めて伸ばす事で正解の手助けをしてあげたいと思っています。

まぁ、まだまだ、これからですが、
コマンドの理解度が上がると共に、
少しずつ、落ち着きも出てきてくれるのではないかと思っています。(^^)


その後は「クリッカー」もやってみました!
まだ、始めたばかりなので、
「エンピツに鼻を付けられたら正解」と言う事も理解できていませんので、
エンピツを見たり、鉛筆の方を鈴乃助君に寄せたりして、
ヒントを沢山、出しています。

まぁ、最初は「関連性」・・
エンピツとオヤツとの結び付けや、
クリッカーの音とおやつとの結びつけなど、
「自分の行動」に対して「オヤツが出る」など、
良い結果と関連付けて認識して貰う事が最優先ですので、
これで良いと思っています(^^)

落ち着きはないけど意外と頭が良く、カンも良さそうですので、
すぐに色々な事を覚え、理解してくれると思います。
鈴乃助君の今後の成長が本当に楽しみです。(^▼^)ノ
カテゴリ :鈴乃助 トラックバック(-) コメント(-)

鈴乃助君を連れてお散歩へ

 2015-01-07
01DSC08909.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「鈴之助」君(2歳)を連れて
お散歩に行ってみました!

02DSC08885.jpg
ウチの先住犬と一緒です。
2頭の関係性はこれから作って行く・・
と言う感じですが、特に喧嘩をする事も・・
お互いに無視をし合う事もなく、
自然な感じで居られています。

03DSC08886.jpg
ただ、鈴乃助君はお散歩経験が少ないらしく、
表情はちょっと不安そう・・

04DSC08887_2015010721554786f.jpg
すぐに抱っこを求めてきますが、
色々な事に慣れて貰う為にも
余程の事がないかぎり、
抱っこはしないようにしています。

05DSC08934.jpg
ちょっと怖くなってしまう場合もありますが、
基本的には普通に歩けています。

06DSC08935.jpg
以前は不安と緊張から匂いを嗅げなかったそうですが、
今は段々と匂いを嗅げるようになってきました。

07DSC08950.jpg
ただ、気になる音がしたりすると、
不安になってお耳が立って広がります。

08DSC08954.jpg
この状態から・・

09DSC08955.jpg
こんな風に立って広がります。
これは、音をよく聴こうとしているのだと思いますが、
こうした事も、色々な音を沢山、聞いて、
それが「怖くない」と納得できれば大丈夫だと思いますので、
「大丈夫だよ」と言う事を伝えて行ってあげたいと思います。
カテゴリ :鈴乃助 トラックバック(-) コメント(-)

鈴乃助君が来た!

 2015-01-05
00DSC05866.jpg
ご報告が遅くなってしまいましたが、
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいていたMダックスの「ラッキー君」ですが、
昨年、ステキな里親さんとの出会いがあったそうで、
すでに新しいご家族と共に幸せに暮らしているそうです(^^)

ーって、どうして、間接的な物言いなのかと申しますと、
実は去年の年末は色々とありまして・・
そうしたゴタゴタが落ち着くまでの間、
ラッキー君はsideWANのオーナーさんの所で預かって貰っていたのですが、、
その間に譲渡会で里親さんとの運命的な出会いがあったそうで、
そのまま、再開する事なく、新しいご家族と共に暮らす事になったのです。

最後の数週間・・
ラッキー君の成長を最後まで見られなかったのは残念ですが、
新しいご家族と共に幸せに暮らせる事がラッキー君の何よりの幸せだと思いますし、
ラッキー君の成長を一緒に見守って下さった皆様には本当に感謝しております。
(^^)「ありがとうございました」

そして、その後は「鈴之助君(2歳 オス)」がうちに来る予定だったのですが、
まだまだ、忙しい日々が続く感じでしたので、
アニマルプロテクションさんとご相談させていただき、
しばらくの間だけsideWANさんのおウチでお預りをさせていただく事になりました。

まぁ、最初は本当に色々な事をしていた鈴乃助君ですが、
sideWANのオーナーさんとの生活・・
そこで一緒に暮らす先住犬との日々の中で色々な経験や知識を育み、
こんな可愛らしい表情になって、ウチに来る事になりました!(^^)
02DSC00014.jpg

03DSC00016_20150105200904913.jpg
凄く人懐っこいです。

04DSC00035.jpg
でも、ここまで人に甘えてくるのは、裏を返すと自信のなさ・・
不安だからこそ、人間の依存してしまうのだと思います。
実際、sideWANのオーナーさんのお話では、
何も教わっていない感じで、多分、この子が怖い思いや不安なそぶりを見せると、
飼い主さんがすぐに抱っこをしていた・・
そんな風に何も教えない・・経験させないまま育てた結果、
こうした子になってしまったのではないか?との事でした。

05DSC00047.jpg
でもまぁ・・

06DSC00048.jpg
ビビリですが、変に内向的ではなく、
活発に行動していますので大丈夫だと思いますし、
色々な事が分からない・・知らないだけで、
教えてあげればきちんと学んでくれる頭の良さも持っているみたいですので、
これから色々な事を教えてあげつつ、
コミュニケーションを通して、良い関係性を作って行ければ・・
と思っています(^^)

07DSC00052.jpg
ちなみに室内排泄も大丈夫だそうです。
ウンチはトイレ以外の場所でしてしまう事もあるそうですが、
それは、アピール的な面もあるらしく、
人間が鈴乃助君の事を見ていないと、トイレ以外の場所でうんちをしてから、
「出たよ」と教えに来てくれるそうですので、
そうした「人間とコミュニケーションをしたい」と言う良い気持ちは残しつつ、
少しずつ、正しいコミュニケーションの方法を
教えてあげるようにしてあげて行きたいと思っています。

08DSC00070.jpg
最初は少し、偏食もあった鈴乃助君みたいですが、
今は好き嫌いなく食べてくれるみたいですし、
sideWANさんで犬とのコミュニケーションもしており、
他の犬と遊んだりもしているそうですので、
これから、お散歩などを沢山、しつつ、
「大丈夫」を増やして行ってあげたいと思っています♪(^▼^)ノ
カテゴリ :鈴乃助 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫