シュガーちゃんとボロニーズ君と横浜のバラ巡り 01

 2014-10-22
01DSC00094.jpg

日曜日にアニマルプロテクションさんの譲渡会があったものの
僕は仕事だった為、「sideWAN」のオーナーさんに
シュガーちゃんを譲渡会まで連れて行って貰ったのですが、
ホームスティ中のボロニーズ君のお散歩レッスンの為、
平日でも人と犬が多い「山下公園」に行かれると言うので、
そこで待ち合わせをしてシュガーちゃんを受け取りつつ、
一緒にお散歩練習をさせて貰う事にしました(^^)

02DSC00116.jpg
お天気も良く、もうすぐ11月だと言うのに
暑いぐらい・・・(^^;

05DSC00135_201410211207598c9.jpg
みんなでお散歩を開始してみたのですが、
山下公園は平日にもかかわらず、
本当に人が多かったです(^^)

07DSC00191.jpg
シュガーちゃんもウチに来たばかりの頃は、
人や物音に対して過剰に反応して吠えていましたが、
毎週のように色々な所へ遊びに行っているので、
社会的スキルが随分とアップしたのか、
滅多な事では緊張したり不安になる事もなくなり、
犬が近寄ってきても上手に御挨拶をしていますし、
こうした場所で見知らぬ人が急に触ろうとしてきても、
自分から撫でられに行ったりするなど、
コミュニケーションスキルも随分と上達したように感じます。

08DSC00254.jpg
ボロニーズ君です。
人や犬を見ると吠えてしまう・・と言う事で、
人や犬の多い山下公園に来てみましたが、
普段の練習の成果もあって
吠えずにスルーできるようになっていました。

09DSC00281.jpg
柴犬ちゃんとすれ違いましたが、
誰も吠えずにいられました。
コミュニケーションの練習と言っても
ご挨拶をさせるのではなく、
最初は相手との距離を考えたり、
相手の犬に見られても視線を外せるようになるなど、
お互いに不安にならないようにする為の方法を
少しずつ学んで行く感じです。

10DSC00329.jpg
山下公園のバラ園に来ました!

11DSC00304.jpg
バラ園・・と言うほどの規模ではないかもしれませんが、
バラが少し咲いています。
12DSC00322.jpg
15DSC00336.jpg

16DSC00419.jpg
そこから「港の見える丘公園」を目指します。

20DSC00481.jpg
階段を上がるとアートな広場が広がっていました。

21DSC00499_2014102112104010b.jpg
ボロニーズ君は噴水に興味津々(^^)

22DSC00517_2014102112103955a.jpg
ここから歩いて行くと、
車の心配をする事なく「港の見える丘公園」に行く事ができます。

23DSC00553_20141021121038174.jpg
「横浜人形の家」の横を通り・・

24DSC00658_20141021121038cdf.jpg
歩道を歩いて「港の見える丘公園」に到着した後は
長い階段を登ります!

25DSC00669_20141021121037d42.jpg
階段の途中で人とすれ違いました。
この時は少し吠えてしまいましたが、
警戒的な吠えと言うよりは興味や好奇心から吠えている感じです。
犬もその時の感情や目的によって吠え方を変えてきますので、
吠え方から犬の気持ちを読み取ってあげ、
それに合わせた適切な対応を心がけてあげるのが
良いのではないかと思います(^^)

27DSC00735_201410211210361ea.jpg
その後、細い通路でもすれ違いましたが、
この時は吠えずにスルーする事ができました。
凄いです!

29DSC00743.jpg
「港の見える丘公園」の展望広場です。

30DSC00754.jpg
久しぶりに来ましたが本当に綺麗ですね!

31DSC00764.jpg
観光名所なので、
知らない人が近寄ってきたりもしましたが、
ボロニーズ君は吠える事なくスルーして、
おやつを食べれていました。
人間も緊張すると食事が喉を通らないと言いますが、
犬もおやつが食べられるかどうか?が
緊張のバロメータになっている事は多いですので
おやつが食べれない時は「緊張しているのかも?」と、
場所を変えてあげるのも良いと思います(^^)
また、知らない人や犬が近づいてきた時、
犬が吠えてしまうかもしれないけど、
吠えないかもしれない・・
失敗するかもしれないけど成功するかもしれないのでどうしたら良いか?
と悩んだ時は「犬が大丈夫かどうか?」ではなく、
飼い主さん自身がきちんと対応できるかどうか?で、
会わせるかどうかを判断してあげるのが良いと思います。
つまり、犬が吠えてしまった時に自分がきちんと対応できるか?
自信はないけど、対応してみようと思うのなら会わせてみれば良いし、
逆に自分に対応する準備や心構えがなく、
オロオロしてしまったり、
犬に対して何のフィードバックもできなさそうだったら、
例え、犬が大丈夫そうだとしても、
会わせないでスルーするのが良いと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :シュガー トラックバック(-) コメント(-)

シュガーちゃんとボロニーズ君と横浜のバラ巡り 02

 2014-10-21
35DSC00830.jpg

その後は「港の見える丘公園」のバラ園へ・・

36DSC00844.jpg
ここは綺麗なバラが沢山、咲いています。
37DSC00849.jpg
38DSC00852.jpg
39DSC00871.jpg
40DSC00880.jpg
43DSC00899.jpg

42DSC00893.jpg
バラの名所ですが、
犬連れでも遊びに来れるのは良いですね!

44DSC00901.jpg
折角なのでバラをバックに・・

48DSC00954.jpg

49DSC00962.jpg
でも、ちょっと暑そうなので
移動する事にします(^^;

51DSC01016_2014102112190284e.jpg
バラが見頃と言う事で、
大勢の人が見に来られていましたし、
写真を撮りに来る人や絵を描きに来る人など、
バラ園の中には多くの人が居ましたが、
ボロニーズ君は吠える事もなく
普通にすれ違えるようになっていました(^^)

52DSC01057.jpg
でも、だからと言って無理をさせ過ぎるのも良くはありませんので、
少し人の居ない広場で休憩です。

54DSC01070.jpg
人混みの中を歩いたわりには表情が明るく、
リラックスして楽しそうにしています。

55DSC01092.jpg
その後、ブラブラと散策していたら、
ボロニーズ君がお外でも排泄ができました!
お外に不安を感じていると、
おやつが食べれなかったり、
匂いが嗅げなかったり、
排泄ができない事も多いのですが、
排泄ができると言う事はリラックスができている・・
成長している証しだと思います。
56DSC01114.jpg
カテゴリ :シュガー トラックバック(-) コメント(-)

シュガーちゃんとボロニーズ君と横浜のバラ巡り 03

 2014-10-20
58DSC01186.jpg

その後、公園を出て外国人墓地の方へ・・

59DSC01204.jpg
細い路地を歩いて行くと「アメリカ山公園」が見えてきました。

60DSC01222.jpg
アメリカ山公園の門です。
バラのマークが印象的ですね。

61DSC01274.jpg
それ程、広い公園ではありませんが、
2009年に開園したばかりの
比較的、新しい公園なので芝生の広場も綺麗です。
62DSC01280.jpg

63DSC01290.jpg
みんなで散策します。

64DSC01311.jpg
横浜らしいレンガの壁です。

65DSC01313.jpg
昔の写真などが飾られていました。

66SC01324.jpg
薔薇のモチーフが飾られた扉・・
アニメだったら異世界へと通じる扉と言う感じですが、
公園管理用の扉で作業をしているおじさん達が
普通に出入りしてました(笑)

67DSC01329.jpg
この出入り口はみなとみらい線の
「元町・中華街駅」へと繋がっているそうです。

68DSC01384.jpg
結構、歩いたので、休憩しておやつタイムです。

70DSC01390.jpg
シュガーちゃんも最初の頃は犬達の輪に入れず、
おやつを貰う事もできなかったのですが、
今はみんなの輪に入って、
きちんと順番が待てるようになりました。

71DSC01398.jpg
おやつが貰いに行けないと言う中には、
人間不信な部分もあったように思います。
それは、シュガーちゃんを捨てた飼い主さんの影響かもしれませんが、
今は人間の事を信頼して真っ直ぐに見つめる事ができるようなってくれたので
本当に良かったと思います。

73DSC01425.jpg
ボロニーズ君も楽しそうです。

74DSC01439.jpg
最初の頃はよそよそしかったそうですが、
今ではこんなに積極的になり・・

75DSC01453.jpg
公園の中を走り回る子供や
作業をしているおじさん達が周りに居ても吠える事もなく、
落ち着いて周りを確認できる余裕すら
もてるようになっていました。

76DSC01456.jpg
リラックスしてます。

78DSC01470.jpg
シュガーちゃんも楽しそうです。

79DSC01509.jpg
その後は、エレベーターがある建物の裏手へ周り・・・

80DSC01519.jpg
小さな芝生の広場へと行ってみました。

81DSC01573.jpg
ベイブリッジが見えます。

82DSC01561.jpg
ベンチもありますし、
ここで昼食と言うのも良いかもしれませんね?

83DSC01612.jpg
その後は、アメリカ山公園の入り口まで戻り・・

84DSC01618.jpg
右に曲がって、
細い路地を下って行きました。

85DSC01642.jpg
しばらく歩いて行くと
元町の商店街が見えてきました。

86DSC01643.jpg
ちなみにこの交差点から左の方を見ると・・

87DSC01650.jpg
「HKCR」・・
(Hello Kitty Cafe Restaurant)
「ハローキティカフェレストラン」がありました!

88DSC01656.jpg
ここが入り口で階段を上がって行くみたいです。

90DSC01672.jpg
ちょっと店内に入るのは恥ずかしかったので・・

91DSC01676.jpg
どんな雰囲気なのか写真だけ・・(^^;
ちなみにテラス席はわんこOKみたいですし
キティちゃんのラテアートも可愛いので、
キティちゃんが好きな人は是非って感じですね(^^)

92DSC01692.jpg
ちなみにすぐ近く(同じ建物内?)に
「STARCHILD(スターチャイルド)」さんがありますので、
機会がございましたら是非!

93DSC01703.jpg
ーと言う事で、そろそろ帰ります。
山下公園から港の見える丘公園に行って、
アメリカ山公園・・元町商店街・・と、結構、歩きましたが、
最初は人や犬を見て吠えていたボロニーズ君も
最後の方は人とすれ違ったり、犬に吠えられたりしても
吠えずにスルーできたのは本当に凄いと思いました。
勿論、疲れもあったと思いますが、
単に疲れているから吠えなかったと言う事ではなく、
沢山の経験を通して、吠える必要がないこと・・
吠えない方が良い事があると言う事を学んだからだと思います(^^)

今回、薔薇の写真を撮った「港の見える丘公園」ですが
本当の見頃はこれからのようですし、
「神奈川県観光協会」の「かながわバラ特集」を見ると、
有名なバラのスポットや開花状況などが載っていますので、
ペットOKな場所なのかどうかをチェックしつつ、
遊びに行かれてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :シュガー トラックバック(-) コメント(-)

一緒に暮らす中で色々な事を覚えているシュガーちゃん

 2014-10-18
DSC01898.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている
チワワの「シュガーちゃん」(推定2歳 女の子)です。


シュガーちゃんと朝のコマンドコミュニケーションをしている時の様子ですが、
「クルン」と言ったら1回転すると言う動きも完璧に覚え、
「オテ」も以前はビクビクとしながらソッと前足を出し・・・
しかも、自分の前足を手の上に乗せる事ができなかったのですが、
最近は随分と自信がついたみたいで、
堂々と前足を大きな動作で差し出せるようになりました!(^^)
「フセ」も最近、覚えたのですが、
新しい動きを覚える時、少し怖がりな部分が邪魔をしてしまう事はあるものの
覚えるスピードは早いですので頭の良い子だと思います(^^)

その後の「クルン」から「フセ」・・
「オスワリ」に戻って、そこから「オテ」と言う流れはランダムにコマンドを出しています。
犬によっては先回りして勝手に「オスワリ」して「オテ」をして
「フセ」をしたからおやつを頂戴。と言う子も居ますが、
そうではなく、きちんとこちらの言う事を聞いて欲しい・・
こうした動作ができるとかできないではなく、
一緒にこうしたコミュニケーションをする事が大切だと思いますので
わざとコマンドを言う順番をランダムにするようにしています。

最後の「後ろ歩き」は立ち上がってしまっている所もありますが、
「前向きな姿勢」と「後ろに下がる」と言う動作が合わさった事で
立ち上がりつつ後ろに下がっているのだと思いますから
それでもOKにしています。
ーと言うか、こうしたコミュニケーションが楽しい・・
楽しいと思って貰いたいので、
シュガーちゃんの気持ちがこちらに向いてくれている限り、
殆どなんでもOKです♪(^▼^)ノ


そして、うちの先住犬とシュガーちゃんとで一緒にコマンドをしてみました!
一緒にオテをして、一緒にフセをして、一緒にクルンと回る・・
よく「先住犬と喧嘩をしませんか?」とか
「犬同士の相性が・・」なんて言われる事もありますが、
ウチに一時預りに来ている犬は、みんなこんな感じで仲良く暮らしています。
勿論、違う環境や習慣で育った犬同士が一緒に暮らすわけですから
喧嘩になる事もありますが、それも、その瞬間だけ・・
逆にそうした事を通してお互いに喧嘩にならないようにして行く事はありますし、
違う環境や習慣で育っても犬には「順応性」がありますので、
ウチで暮らしている中で先住犬と同じ生活のリズム、
ルール、我慢を覚えて家族の一員になって行きます。

人間のカップルだって最初はそれまでの習慣や生活のリズムの違いから
イライラしたり喧嘩になる事はあると思いますが、
一緒に暮らす中でお互いにちょっとずつ我慢して生活のリズムを合わせて行く・・
時間をかけて家族になって行くと思いますから、
犬が居る家庭に犬を迎える時も、
最初の相性で全てを決めてしまうのではなく、
焦らず、時間をかけてゆっくりと「家族」になって行けば良いのではないかと思います。

しかし、そんなシュガーちゃんですが、
やっぱり女の子なので、男性の僕からすると女心は難しい・・
と思ってしまう所も多いです(^^;

男の子と比べると女の子はイマイチ仲良くなりきれていないかも?と思ったら、
女の子とも仲良くなれるヒントをsideWANのオーナーさんが教えてくれました!!

ちなみにそれは何かと言うと・・
「緊張感のあるかけひき」と「サプライズ」だそうです!!

って、どこかの「恋愛テクニック」のマニュアルのようですが、
犬にだって心がありますから、
いつもいつも愛情を貰えていると、それが当たり前だと思ってしまうので、
たまには緊張感を持たせるかのように焦らしてあげるのも良いそうです。

まぁ、男性はどちらかと言うとそうした「かけひき」が苦手で面倒臭い・・
マメでストレートな愛情表現の方が良いと思ってしまいがちですが、
それが女の子からすると分かりやすくて緊張感が足らない・・・
物足りなさを感じさせてしまっているとしたら、
たまにはそうした事も必要なのかもしれません?

また、「サプライズ」と言うのは、美味しい食べ物をあげたりする事だそうです。
これも男性は・・と言うか、僕は特に食に興味がないので、
普段、食べさせているフードの一日分の中からおやつを分けて使っているのですが、
女性の飼い主さんは、鶏肉を茹でたり、フルーツを乾燥させたりと凄く頑張っていますので、
女の子と仲良くなる為にはそうした食のサプライズも考えて行く事が
本当に大切だと思いました。(^▼^)ノ
カテゴリ :シュガー トラックバック(-) コメント(-)

色々な事ができるようになったシュガーちゃん

 2014-09-27
000DSC01314.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている
チワワの「シュガーちゃん」(推定2歳 女の子)です。


「クルン」と回る動きもかなり上達し、
「8の字歩き」もスイスイと歩けるようになりました。

「オテ」も人間の手の上に
前足を乗せられるまでにはなっておりませんが、
「オテ」と言う言葉に対する動き・・・
「何をしたら正解なのか?」と言う事は
分かってきてくれているみたいなので良かったと思います。

「オテやオスワリなんて教える必要はない」と言われる事もありますが、
「服従的」な意味合いでするのではなく、
犬の「聞く耳」を育てる為にこうした事を行っています。

何も教わっていなかったり、
ワガママに育てられた犬は、人間の話をじっと聴く事が苦手な事は多いです。
でも、それは「頭を使ってこなかったら分からない」のではなく、
単に「人間の言う事をジっと聞く」と言う習慣が身についていないからだと思います。

ちなみにアメリカやヨーロッパでは、
人間の子供の「話を聞く力」を育てる為に、
先生が少し離れた所から子供達に向かって小声で話し、
子供達が先生が話した事をオウム返しで答えると言う遊びを行うそうです。

そうした、遊びを通して、
子供達は先生の話を聴くと言う習慣を身につけるそうですが、
それと同じように、
犬に「オスワリ」と言った時に「オスワリ」の動作ができたらオヤツが貰える・・
「オテ」と言った時に「オテ」の動作ができるとオヤツが貰える・・
と言うゲームを繰り返す事で、
少しずつ、飼い主さんの言う事を聞こうと言う習慣や
飼い主さんは何を言っているのだろう?と考える習慣を
身につけて貰う為に、こうした事を行っています。

また、こうした遊びの注意点としては、
犬が言う事を聞かなかったり、聞こえないフリをしたとしても、
言う事を聞かせようとして大きな声を出して怒ったり、
脅したりしてしまわないようにする事だそうです。

そうすると、飼い主さんはすぐに怒るし、
大声を出して脅してくるので、言っている事を聞きたくない・・
となってしまうと、今度は愛情を伝えようと思っても
聞いてもらえなくなってしまいますし、
それでは、
どんなに飼い主さんが教えようと思っても、
犬にその気がないので、何も伝える事はできませんから、
まずは犬の「聞く力を育てる」と言う事から
始めてみるのも良いのではないかと思います。

その後は「クリッカー」でコップ倒しをやりました!
以前は不安や恐怖からかコップを倒せなかったのですが・・

今は自信を持ってコップを倒せています。


そんな風に「クリッカートレーニング」は、
飼い主さんが犬に「教えたい行動(目的)」を考え、
目的に至るまでの道筋を逆算し、それを細かく・・
段階的に区切って「スモールステップ」で犬に教えて行くと言う、
「犬への教え方の基本」が詰まったトレーニング法だと思うのですが、
飼い主さんの中には自分で犬に教えたい事(目的)を考えたり、
教える内容(目的に至るまでの道筋を逆算)を計算するのが苦手・・
だから、「スモールステップ」で犬に教える習慣も身につけられないまま、
「これを教えてあげて下さい」とトレーナーさんに言われた事・・
「こう言う風に教えるんですよ」と教わった事しか
「クリッカー」で教えられないと言う事も多いみたいです。

でも、それでは、犬もまた、言われた事しかできない・・
自分で考える事ができない犬になってしまうかもしれませんので、
まずは、飼い主さんが考える・・
習慣を変える努力をしてみるのも良いのではないかと思います。


最後は、シュガーちゃんの「フセ」の動画です。
実は今まで、シュガーちゃんは「フセ」ができなかったのですが、
ようやく・・と言うか、この時、はじめて「フセ」ができるようになりました!

ーと言っても、動き自体を教え始めたのは最近の事で、
それまでは「土台作り」・・
それこそ、コマンドコミュニケーションなどで
楽しいスキンシップを続け、
人間の言葉を聴く習慣・・・
人間の言葉の意味を考える習慣などに時間を費やしていました。

最近は随分と僕に対する気持ちも寄ってきてくれたようなので、
「楽しい」を基本としつつ、
シュガーちゃんともっともっと、仲良くなりたいと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :シュガー トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫