ロコ君が怒られる

 2014-04-20
01DSC00014.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ロコ」君(推定2歳)です。

昨日は新杉田公園の「わんコミュレッスン」で、
人とも犬とも楽しく過ごせていましたが、
ロコ君も最初から犬と上手にできていたわけではなく、
うちの先住犬に協力して貰って、
コミュニケーションの練習をしたりしていました。


ある程度は先住犬も許していますが、
ロコ君があまりしつこいと怒ります。
でも、最初はなんで怒られたのか?が分かりませんので、
何度も同じ事をしては怒られ・・
そうする中で少しずつ、
相手との上手な距離感を学んで行くと思います。

犬語が分からず、犬の出すボディランゲージが読めない・・
犬語が話せず、相手の犬に真っ直ぐに突っ込んで行ってしまう・・
と言う犬も多いですが、
親元から早く離されたからもう手遅れ・・と言う事ではなく、
「どこまでしたら怒られるのだろう?」
「どうしたら良いのだろう?」
と言う事は実際に相手の犬と関り、観察し、経験する中で学習して行く・・
そうして、相手のボディランゲージを読み取れるようになると、
今度は自分もボディランゲージを出す事ができるようになる事は多いです。

04P4175895.jpg
怒られてしまい、少し怖くなってしまいました。

こう言う姿だけ見ると、怒った方が悪いと考え、
先住犬に「怒ったらダメでしょう!」とか
「優しくしなさい!」と我慢を強いてしまう事もあるかもしれませんが、
そうして先住犬を我慢させてばかりいると、
今度は先住犬の方が「自分は飼い主さんに愛されていない・・」と思うようになって、
表情が暗くなり、愛情欲しさに問題行動を起こすようになったり、
嫉妬の気持ちが生まれて多頭飼いの不仲の原因になってしまう事もありますし、
逆に先住犬の方ばかりを可愛がり、下の子を我慢させてばかりいると、
同じように愛情欲しさから問題行動を起こすようになったり、
飼い主さんとではなく、よその犬とばかり関係性を求めるようになる事も多いですので、
犬同士を比べるのではなく、それぞれを独自に愛してあげる・・
「平等、平等」といつも一緒では無く、一対一の時間を作ってあげ、
100%の愛情を注ぎ、100%の愛情を受けていると感じられるようにしてあげると、
犬同士の関係も安定する事は多いです。

07P4175902.jpg
おやつをあげていたら寄ってきました。
困ってはいるけど、本気で怯えた目はしていませんし、
本気で怖がっていたら、食べ物があっても寄って来れません。
ココで飼い主さんが大げさに騒いだり心配してしまうと、
「怖いフリをしていれば助けて貰えるんだ!」
と、間違った正解を与えてしまう事にもなりかねませんので注意が必要です。

実はここまで先住犬とロコ君を会わせて居ませんでした。
犬が犬を苦手としていたり、怖がっていたりすると、
沢山、犬に会わせて経験させないと・・
と言われる事も多いですが、
では、対人恐怖症の人に「ドンドンと人と会わなければダメ」と
無理やり人前に連れて行ったらどうでしょう?
余計に苦手意識が強まってしまったり、
自信を失わせてしまう事になると思います。

それは犬も同じだと思います。
犬が犬を苦手とする理由は「不安」や「恐怖」・・
「自信の無さ」から来ていると思いますので、
まずは人間との関係性を大切にしてあげる・・

犬が、
「自分は飼い主さんから大切にされている」と言う「愛情」を感じられるようしてあげる・・
「飼い主さんのそばなら大丈夫」と言う「安心」を感じられるようにしてあげる・・
「困った時には飼い主さんが助けてくれる」と言う「信頼」を感じられるようにしてあげる・・
そうして、「愛情・安心・信頼」の3つが満たされていると
「自分自身の存在に対する自信」・・「自己肯定感」が満たされて、
それが、社会に出た時に自分の足で歩いて行こうと言う「勇気」や
「自分は大丈夫」と言う「土台」になると思いますので、
犬同士で仲良く遊べるようになる為に、
まずは飼い主さんとの関係性を見直してみる事も大切ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)

ロコ君を連れて新杉田公園の「ワンこミュニケーションレッスン」へ

 2014-04-19
01DSC00040.jpg
今日は神奈川県横浜市磯子区杉田にある「新杉田公園」で、
sideWANのオーナーさんによるドッグランを使った
「ワンこミュニケーションレッスン」が行われると言うので、
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ロコ」君(推定2歳)を連れて
お手伝いに行ってきました!(^^)

02DSC00092.jpg
少し、早く着いたので芝生の広場でお散歩をしてみました。
ロコ君は随分と他の犬に対しても興味が出てきてくれたようで、
犬を見ると、ご挨拶に行きたがるようになりました!
でも、行きたいからと行かせていると、
行けるのが当たり前だと思ってしまう事もありますので、
「楽しい」を教えつつ、それを「我慢」する事も同時に教えてあげます。

04P4195950.jpg
「アイシャ」ちゃんです。
この子は「アニマルプロテクション」の保護犬だった子で、
今年の始めに1ヶ月ほど、ウチで一時預かりをさせていただいていました。

05P4195936.jpg
ウチに来たばかりの頃はガリガリだったのですが、
その後、足に問題がある事が分かり、
それには筋肉をつける事が一番だと言う事で、
里親になって下さった今の飼い主さんが
一生懸命に筋肉強化に取り組んで下さり、
今ではこんなに逞しくなりました!(^^)

06P4195954.jpg
その後、「ワンこミュニケーションレッスン」が始まり、
沢山の子達が集まってきました!

07P4195995.jpg
一度、広場で軽く顔合わせをした後、ドッグランへ・・

08P4196097.jpg
一頭ずつ順番にリードを外して行きます。
ロコ君とアイシャちゃんもフリーになりましたが、
普通にしていられました。


ドッグランだと、つい、自分の子ばかりを見てしまいますが、
それだと逆に自分の子の行動の理由や心の動きが見えない事も多いです。
ですから、自分の犬だけでは無く、他の子の動き・・・
状況や犬同士の反応など、個ではなく全体的に・・
客観的に見てみる事で、逆に自分の子がどうしてそう言う行動をしたのか?
が見えてくるのではないかと思います。

10P4196100.jpg
ロコ君です。
つい最近まで、怖くてお外を歩けなかったので、
ドッグランはどうかな?とも思ったのですが、
楽しそうにしていました。


走り回っています。
ロコ君は山の中で発見されたそうですが、
怖くて外を歩けない・・
テレビに激しく驚く・・
人間とのコミュニケーションの仕方が分からない・・
などから、繁殖場に居たのではないかと推測されます。
狭い檻の中で人のぬくもりや
世界の楽しさも知らずに2歳まで来たのかもしれませんが、
逆に言うと、人間から虐待されたり、
甘やかされまくってそれが当たり前だと思っていたりしない・・
変なトラウマや間違った正解を知らないので、
人間は優しくて楽しい・・犬は楽しい・・と言う印象を持たせてあげると、
あとは自分から近寄って勉強や経験を積んでくれるので楽だったりします。

それに比べると、トラウマや間違った正解があったりすると、
それをまず、打ち消してから
プラスのイメージを持たせてあげないといけないので、
結構、大変です(^^;

12P4196119.jpg
同じくアニマルプロテクションさんで里親さんを募集中のカン君です。
カン君は犬にはそれ程、興味はありませんが、
自然体で居られるので場の空気を落ち着かせてくれたりします。

13P4196161.jpg
アイシャちゃんも少しずつ、
飼い主さんから離れて歩けたり、
他の子とごあいさつができるようになっていました。

レッスンの場なので、どう言う子が来るのか?と思っていましたが、
みんなとても良い子達ばかりでした。

まぁ、自分の犬が他の犬から逃げたり避けたり・・
吠えたり突っかかったり・・
とその行動だけを見ていると心配にはなるかもしれませんが、
パニックになる程、怖がったり逃げたりしている子や
本気で攻撃的になるような子は居ませんでしたし、
表情や細かなしぐさを見ていると、
みんな優しくて明るい子達ばかりでしたので、
犬達が犬同士のコミュニケーションの仕方を学びつつ、
飼い主さんも犬の気持ちを理解してあげられるようになれば
犬も人も誤解やすれ違い・・思い違いが減って、
より仲良く、楽しく過ごせるのではないかと思います。

14P4196286.jpg
ドッグランが終わった後は個別の相談会が行われました。
ロコ君はもともと、犬とのコミュ力はありますが、
今回の経験でさらに高いコミュ力を得られたように思います。

15P4196273.jpg
他の飼い主さん達にもおやつを貰いに行けるようになり、
人間に対するコミュ力も上昇した感じです(^^)


最後にロコ君とアイシャちゃんで遊び始めました!
この時は寸前まで行って終わってしまいましたが、
動画を撮っていない時には軽くですが、遊べていましたし、
犬同士の遊びが「楽しい」と分かってくると、
今度は遊べる為にはどうしたら良いのだろう?と考えるようになって、
吠えないように自分の気持ちを抑えたり、
相手の気持ちを読み取ろうとするなど、
「楽しい」をきっかけに犬との関わりが上手になって行く事は多いですので、
「吠えちゃうから」とか、
「噛んじゃうかもしれないから」と遠ざけるばかりではなく、
是非、こうしたレッスンに参加してみてあげて欲しいと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)

落ち着きと集中力が出てきたロコ君

 2014-04-18
P4135783.jpg

「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ロコ」君(推定2歳)です。

以前は怖くてお外を歩けませんでしたが、
先日、公園でお散歩したのがよほど楽しかったのか、
散歩の前は大はしゃぎをして、
散歩中も匂いを嗅いだり、走ったりと
楽しそうに歩けるようになりました!

犬が散歩中に歩かなくなる・・
人や犬に警戒して吠えるようになった・・などと言う場合、
あれやこれやと特別な事をしなくても、
犬に「お散歩は楽しい」と言う事を教えてあげれば、
あとは勝手に良くなって行ってくれる事は多いです。

でも、それは犬を育てている飼い主さん側も同じではないかと思います。
「ああしなければ」とか「こうでなければ」と、
先入観や固定観念でがんじがらめになってしまっていると、
犬を育てる事に苦痛を感じてしまい、
「マイナスがせめて普通になってくれれば・・」
と言う思考になりがちですが、
犬のしぐさや行動の意味を知り、
視線の動き・・吠え方の違いなどに
きちんとした意味がある事を理解するようになると、
そうした事が「楽しい」と感じられるようになって、
「もっともっと犬の事が知りたい」と思うようになる・・
今まで苦労とか苦痛だと思っていた事が、
クリアーすべき「目標」と変わり、
いつの間にか、犬との暮らしが楽しくなっている・・
と言う事もあるのではないかと思います。

ですからロコ君に対しても「楽しい」を基本にして、
色々な事を教えてあげるようにしており、
足裏の毛をバリカンで刈るのも随分と慣れてくれました。


まだ、少し緊張して口周りをペロペロと舐めますが、
激しく緊張していたり、我慢に我慢して耐えているような表情では無いので
大丈夫だと思います。


他にも足の間を8の字風に歩くのも上達しました。
以前は感情が先行してしまい、
少しの間もジッとしていられない・・
自分の行動の意味を考えられない・・
と言う感じでしたが、
少しずつ、「聞く」とか「考える」と言う事もできるようになってきました。

でも、「クリッカー」はイマイチですね・・
正解を理解し、ボールを咥えたり、ペットボトルを倒したりすると、
クリッカーが鳴っておやつが貰える・・
と言うのは理解できますが、段々とおやつよりも、
ボールやペットボトルで遊ぶ方が楽しくなってしまい、
クリッカーの事なんてすっかり忘れてしまう・・と言う事も多いです(^^;

そんな風に色々な事が理解できるようになったとしても、
まだまだ、自分の感情や気持ちをコントロールするのは苦手・・・
「よく○歳になれば落ち着く」と言われますが、
「順番」や「交替」などの「ルール」や「我慢」は、
成長すれば自然と身につく・・
と言う事ではなく、飼い主さんが生活習慣の中で教えてあげる事・・
毎日の練習の積み重ねによって、
少しずつ理解して行くものではないかと思います。

そして、その為に必要な事が、
飼い主さんが「待つ」と言うスタンスを持ってあげる事だそうです。
飼い主さんが短気で待つ事ができないと犬は叱られてばかりになってしまいますし、
飼い主さんもすぐにイライラして叱ってばかりになってしまう・・・

勿論、待っても、待ってもできない事はありますが、、
待つ時間を与えてあげる事で、
犬も飼い主さんの気持ちを部分的には理解し、
今、すぐにはできないものの、何日か後にはできるようになったりする事も多いですので、
色々な事を教えてあげた後は
「待つ」と言う姿勢を大切にしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)

ロコが走る!

 2014-04-15
「おでかけドットコム」を更新しました!

01DSC00713.jpg
今回はそこまで歩く事もなかったので、
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ロコ」君(推定2歳)も一緒です。

02DSC00726.jpg
ロコ君は先住犬にベッタリです。
男の子は女の子の方が好きそうなイメージがありますが、
個人的には男の子は年上のオス犬を慕う傾向があるように感じます。
それは、なぜか?と言いますと、
将来、オスとして生きて行く上で必要な事を教えて貰えるからではないかと思います。

「リーダー論」では「犬に尊敬される飼い主にならなくてはいけない」と、
強く、厳しく、犬に媚びない頼りがいのある飼い主さんになる事を推奨されますが、
人間が「尊敬する人はどんな人?」と聞かれれば、
強いとか偉いとかお金持ち・・と言うよりは、
「自分の生きる道を示してくれる人」とか
「自分が生きて行く上で役立つ事を教えてくれる人」など、
自分のこれからの人生に役立つ知識やスキルを持っている人・・
それを教えてくれる人を思い浮かべるのではないかと思います。

そして、それは犬も同じだと思います。
大声で叱ってばかりの飼い主さんや
「甘やかす」だけで何も教えてくれない飼い主さんよりも、
おやつや褒めを使ってきちんと「正解」を示してくれる・・
ルールやマナーを教えてくれる飼い主さんの方を
犬は信用したり尊敬したりする事は多いように感じます。

03DSC00768.jpg
ロコ君はこんなに大きな公園に来たのは始めてかもしれません?

04DSC00769.jpg
先住犬は仔犬のようなロコ君に付きまとわれて少し辟易してましたが、
ロコ君は犬との距離感はそこそこ上手なので、
匂いを嗅いでも怒られる手前でスッと引いたりできます。

05SC00886.jpg
最初は広場に来たけど「どうしたら良いのか?」と言う感じでしたが、
徐々に自由に動き回れるようになり・・・

07DSC00892.jpg
しばらくすると、楽しくなったのか走り出しました!

08DSC00894.jpg
ただ、今までお散歩にも連れて行って貰っていない感じなので、
走っているけど、うまく走れていない・・
気持ちは凄いけど、身体がうまくついて行っていない・・
と言う感じで、走りはぎこちなかったです。(^^;

18DSC00984.jpg
20DSC01071.jpg
「犬が走る」と言うのは「当たり前」に思えますが、
実は2歳になるまで走った事が無い犬や、
生まれてから一度も走った事が無い犬も世の中には沢山、居ますので、
自分の犬が「上手に走れる事」は、
飼い主さんがそうした環境をきちんと作ってあげた結果・・
そして、犬も頑張った結果だと思いますので、
まずは「走れる事」を褒めてあげて欲しいと思います。(^▼^)ノ

↑それでも最後の方は上手に走れるようになりました(^^)
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)

ロコ君を連れて戸川公園のチューリップを見に行く!

 2014-04-14
21DSC01263.jpg
その後「戸川公園」に行ってみました!

22DSC01274.jpg
ーが、怖くて階段を登る事ができません・・(^^;
仔犬の頃は階段の上り下りができない子も多いですが、
2歳近くになっても、経験していなければ階段を怖がる事は多いので、
仔犬に教える時と同じように
ゆっくりと「怖くない」と言う事を教えてあげます。

23DSC01298.jpg
戸川公園の大きな橋です。

24DSC01304.jpg
戸川公園では今、
チューリップが満開だそうなので、
公園の正面入り口にある花壇に行ってみると・・・

25DSC01313.jpg
綺麗なチューリップが咲いていました

26DSC01432.jpg
ーが、インターネットで見た
「6万本のチューリップが満開」と言うには
チューリップの数が少な過ぎなので、
奥の方へと移動したら、
そこにも沢山のチューリップが咲いていました!

27DSC01451.jpg
ここだけでも凄いチューリップの数だったのですが、
さらに歩いて行くと、なんとチューリップ畑がっ!?

28DSC01461.jpg
中に入ってみます。

29DSC01466.jpg
赤、白、黄色、紫・・・
色とりどりのチューリップが咲いていて本当に綺麗です。

30DSC01470.jpg
31DSC01480.jpg
歩いて移動してみました。

33DSC01496.jpg
35DSC01512.jpg
37DSC01655.jpg
38DSC01680.jpg
39DSC01686.jpg

40DSC01696.jpg
遠くの山並みと大きな橋・・
そしてチューリップと
戸川公園に来る楽しみがまた、増えた感じです。

46DSC01780.jpg
ちなみに菜の花も綺麗でした。
桜はもう終わってしまっていましたが、
来年は桜の時期にも来てみたいと思います(^^)
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫