より良いコミュニケーションに欠かせない事

 2018-02-11
DSC04970.jpg

女性同士で話すと共感を得られたり、盛り上がる話も男性が相手だと
自分だけが一方的に話している感じになってしまったり、
相手が本当に分かってくれているのか?と不安になってしまったり・・
と言う事も多いみたいです。

女性は相手の話に対して過去の記憶や経験を照らし合わせ、
同調させる事で分かった気になれるそうですが、
だからこそ話している方も「理解して貰えた」とか
「共感して貰えた」を受け取る事ができるので、
「話してスッキリ」と言う感じになれるそうですが、
男性は女性の話に対して具体的な原因や理由・・
解決方法などを探ろうとして、、
自分の気持ちを表現する事をあまりしない為、
女性は「そう言う事を言って欲しいのではない」
となってしまう事は多いみたいです。

例えば、女性から「ミスをしてしまった」と言われた時も
男性は「ミスをしたいきさつ」を聴いたり、
「ミスの原因や要因」を推察したり、
今後、ミスをしない為のアドバイスや
ミスのリカバリーの仕方などを話したりはしますが、
そこにさらにプラスして
「ミスは誰にでもあるからそんなに落ち込む事は無いよ」とか
「キミが暗い顔をしていると僕も心配になるし、
 困った事があったら協力をするからなんでも言ってよ」と、
恥ずかしいかもしれませんが、
自分の気持ちを付け加えてみるのも良いそうです。

人間同士のコミュニケーションは、
相手を「観察」し、
相手の状態を「想像」し、
気持ちを「伝え」、
相手の話を「聴く」
と言う4つから成り立っているそうです。

逆に言うと、どれか一つでも欠けたり、
うまくできないと「分かって貰えていない」と思われてしまったり、
「何を考えいるのか分からない」と、
すれ違いの原因になってしまったりもするそうですから
「観察」「想像」「聴く」「伝える」を意識し、
できるように努力をする事も大切になって来るそうです。

これは、犬とのコミュニケーションでも同じだと思いますが、
では「観察」はどうすれば良いのか?と言いますと、
「犬にストレスがかかっていないか?」とか
「体調はどうだろうか?」とか
「表情はいつもと比べてどうだろうか?」と言う風に
小さな変化も見逃さないように注目する事が大切になってくるそうです。

しかし、「犬を観察する」と言うと、
ず~っと犬の事を見続けてしまったりもしますが、
あまり近づきすぎるとかえって見えなくなってしまったりしますので、
少し物理的にも精神的にも適切な距離を置いて客観的に・・
と言うのが良いみたいです。

あと「想像する」ですが「想像する」と言うと、
飼い主さんの主観だらけの想像になってしまう事は多いみたいです。
「犬がストレスを感じている」と思うと
「自分が悪いからだ」とすぐに自分に原因があると想像したり、
逆に犬の吠えに対して、すぐに「威張っている」と想像したりと、
自分が「そう思った事」を犬に当てはめてしまう事もありますが、
犬の態度に引きつられずに客観的に想像し、
「これはワガママかもしれないな」とか
「吠えているのは怖いからかもしれないな」と
目の前に居る犬の今の行動だけを見て判断するのではなく、
その行動をし始めた要因や過去の犬の行動や考え方なども照らし合わせて
想像を巡らせるのも良いのではないかと思います。

それから「聴く」は犬の事を「理解しよう」と思って
犬の行動や表情に目を向ける事が重要になってくるそうです。
犬が吠えていても、「ダメ」とか「イケナイ」と
すぐに黙らせようとするのではなく、
「なんで吠えているのだろう?」と犬の行動の理由に興味を持つようにすると、
犬も少しずつ「飼い主さんは気持ちを理解しようとしてくれている」となって、
精神的に落ち着いて行き、
吠えると言う行動も減って行くのではないかと思います。

最後に「伝える」ですが、
犬が「分からない事」や「気づいていない事」に対して、
しっかりと「伝える」と言う行動をする事が
お互いの「すれ違い」を埋める為には必要になってくるそうです。

人間同士でも「言わなくても分かるだろう」とか
「これを言うと相手を傷つけるかもしれない」と、
相手に伝えずに我慢をしてしまう事は多いと思います。
でも、その結果、相手から何を考えているのか分からない・・と思われたり、
分からないから困った行動が続いてしまったり、
我慢をしても困った行動が続くから、
我慢ができなくなって感情を爆発させてしまうと、
言われた方も「急にどうしたの?」となって
関係性に大きな溝を作ってしまう事は多いですから
普段から「こう言う風に考えたからこう言う結論になった」と言う風に
「思考のプロセス」をお互いに伝え合うようにするのも良いそうです。

相手がこう言う時にどう考えるか?など、
「選択肢の傾向」が分かれば、
相手の気持ちを想像してこちらも事前に対処ができますし、
急に結論を言われた時もどう言う思考のプロセスを通って
そう言う結論に辿り着いたのか?が分かるので、
急に言われて不安になったり、困惑したり、
カッとなって感情的に言い返さずに済む・・など、
「誤解」や「すれ違い」を早期に修復する事もできるのではないかと思います。

勿論、犬にそこまでを求めるのは難しいですが、
飼い主さんは犬を「観察」し、
気持ちを「想像」し、
犬の気持ちを「聴き」、
こちらも気持ちを「伝える」事を通して
犬の「思考のプロセス」を徐々に理解して行く事もできると思いますので、
犬の行動の問題に対して「急になんで!?」と焦らなくて済むように、
普段からそうした事を心がけてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

言わなくても分かって欲しい、言わなくても分かるだろう

 2018-02-10
DSC04840.jpg

カップルが抱える悩みとして多いのが、
「どうして分かってくれないの?」と
「言わなくても分かるだろう?」だそうです。

「言わなくても分かって欲しい」と言う気持ちは
男女共にあるそうですが、
どうしてそう思ってしまうのか?と言うと、
自分の気持ちをうまく表現できなかったり、
上手に表現しようと思えば思うほど言葉が出てこなかったり・・
と言う事も多いみたいです。

それは「上手に話さなければ」と思うから
プレッシャーがかかってしまうのだと思いますが、
実際は「自分の気持ちを分かって貰いたいと思っている」とか
「相手の事を分かろうとしている」と言う気持ちが相手に伝われば、
多少、言葉が足りなくても相手には気持ちは伝わるそうです。

分かってくれない事で相手を責めたり、
伝える労力を惜しんで「分かって欲しい」と甘える前に
「自分の気持ちや考えを言葉にする」と言う方向で考え、
行動をして行く事が大切になってくるそうです。

また、誤解やすれ違いからケンカになった時も
「どうして分かってくれないの?」と怒ったり、
「うるさい」と怒鳴って会話を終わらせようとするのではなく、
状況をきちんと伝える努力を続ける事も大切だそうです。

例えば、仕事のせいで女性との約束に遅れてしまった場合、
男性が理由の説明をしようとすると
女性から「言い訳をしないで」と一方的に切り捨てられて
話す機会を与えて貰えなかったりする事もあったりしますが、
「状況を説明する事」と「言い訳」は違うそうです。

まぁ、男性の場合、状況の説明をする事に夢中になってしまい、
「気持ち」の部分を忘れてしまう事も多いですから、
「悪い」とか「悪くない」とか「何が優先か?」とか
そうした事ばかりを話すのではなく、
「本当に申し訳なかった」とか「自分もとても悲しい」とか
「君の事をとても大切に思っている」など
自分の気持ちをしっかりと伝える事が重要になって来るそうです。

また、女性の方も
「それはどう言う仕事で、どのくらい大切な仕事で
 あなたはどう思っているの?」
と積極的に聴いてみるのも重要だそうです。

普段からそうしたアプローチを続けて行く事で
男性も事情の説明だけではなく、
自分の気持ちを表現する事の重要性に気づき、
女性に言われなくてもそうした事を伝えられるように
思考の習慣が変化して行くと思います。

また、犬との関係性においても
「どうして分かってくれないの?」と
「言わなくても分かるだろう?」と言う事は多いです。
特に犬の場合、言葉が通じなかったりするので、
誤解やすれ違いなど、お互いの溝が大きくなってしまう事も多いですので、
「犬は今、何を考えているのだろう?と犬の気持ちに興味を持ちつつ、
「どうしたら犬にも分かりやすく伝える事ができるのだろう?」と、
「伝え方」についても考えてあげる事が重要になってくると思いますし、
そうして、犬の立場に立って考えたり、
共感的に理解する事で犬との心の溝も埋まって行くのではないかと思います。

英語には「put yourself in someone's shoes」と言う言葉があるそうです。
「相手の靴を履いて歩いてみる」と言う意味だそうですが、
他者の靴は自分にとっては大きかったり、小さかったり、
靴幅が合わなくて痛い思いをしたり・・と、とても歩き難いものだと思います。

自分とは違う存在と歩調を合わせる事はとても大変ですが、
だからこそ、相手の立場に立って考える事が大切だと思いますし、
特に種族も違う犬と一緒に仲良く暮らして行く事を考えるのなら、
自分の考えや常識に相手を合わせようとするばかりではなく、
相手の気持ちや考えを想像したり、
自分の気持ちや考えをしっかりと表現してみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

小さな成功体験に罪悪感を覚えない

 2018-02-09
DSC04804.jpg

犬と新しい事を始めたいと思っても、
ついつい、行き慣れた場所に行ったり、
やりなれた事ばかりをしてしまう・・
と言う事も多いのではないかと思います。

それは、行き慣れた場所ややりなれた事なら
失敗をする確率が低かったり、
不安が少なかったりするからだと思いますが、
逆に言えば、どんな場所や行動でも、
そこを行きなれば場所にしてしまったり、
やりなれた事にしてしまえば、
失敗をする確率は低くなりますし、不安も無くなって、
「また行こう」とか「またやろう」と
思えるようになるのではないかと思います。

つまり、新しい事を始めようと思ってもなかなか行動に移せなかったり、
続かなったりするのは不安や心配が原因だったりしますので、
「成功できそうな小さなチャレンジ」から初めて
「成功体験」を積み重ねて行き、
ある程度、知識と経験をつけて上達してから次の段階に進むようにすれば
不安や心配も薄れますし、過去に上手く行った事は
もう一度、やりたくなりますから
新しい行動は勿論、苦手な行動に対しても
「やる気」が生まれるのではないかと思います。

そう考えると、「いかに成功体験を積めるか?」が重要になって来ます。
しかし、「成功体験」と言っても
他者から「凄い」と言われるような事をしたり、
過去の記録を比べてそれを越えられた時・・と言う事では無いそうです。

他者と比べたり、他者の評価を得る事ではなく、
自分の中にある小さな「成功体験」に注目する・・・
例えば、仕事において
「昨日の自分よりも1分、早く仕事を終わらせる」など、
自分でスタートとゴール・・そして判定基準を決めて
自分自身と勝負をしてみるのも良いそうです。

自分の中で「成功体験」を積み重ね、
それに対して自分なりの評価を加えて自信につなげて行くと、
その行動をする事自体が報酬になってくるそうです。

しかし、これを他者と比べたり、
他者から認められる事をゴールとしてしまうと、
例え、誰かに勝ったとしても、
もっと凄い人が現れたら成功で終わらせる事ができないですし、
「実はもっと凄い人が居るのではないか?」と不安になって
勝てる相手としか勝負しなくなって行動の幅が狭まったり、
自信を育てているようで、
自信を維持する事で一杯になっていたりする事もありますし、
他人の評価を期待して頑張った結果、思ったような評価が得られない場合も
その行動自体をする気がなくなってしまう・・など、
かえって積極性が失われてしまう事もありますから
「やる気」を育てて行く為には
「他人任せにしない」と言う事がとても大切になってくるのだそうです。

しかし、日本人の多くが「小さな成功体験」に対して
「このぐらい、大した事ではない」とか
「自分なんて頑張ったところで高が知れている」など、
自分の頑張りやそれに伴う結果に対して
「罪悪感」を持ってしまう事は多いそうです。

「謙虚が美徳」とされていますので、
他者から「凄い」と言って貰えるのは嬉しいけど、
自分で自分を褒めるなんて・・と思ってしがいがちです。

しかし、そうした思考は犬を育てる時にも出てきてしまい、
犬が折角、良い行動をしても
「それぐらいはできて当たり前」とか
「まだまだ、他の犬と比べたら」と、
自分の犬を褒めたりはできなかったりしますが、、
そうなると、折角、良い行動をしてもメリットが無い・・
と犬は良い行動をしなくなってしまいますし、
飼い主さんも良い行動を犬にさせられるようになったのに
謙虚さから成功だと認める事ができない為、
いつまでも「成功体験」が得られず、
頑張る事が苦痛になってしまう事もありますから
自分の基準で「小さな成功体験」を積み重ねて行く事が大切ですし、
それは犬も同じなので謙虚さからくる罪悪感を捨て、
犬の小さな正解にしっかりと丸をつけてあげて
一緒に喜ぶ事がこれからの生活において
良い効果を齎して行くのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

他者中心から自分中心への意識の変換

 2018-02-08
DSC00927.jpg

犬に行動の問題が起きていて困ってはいるけど、
なかなか行動に移せない・・・
と言う飼い主さんも多いです。

犬が「要求吠え」をしていたり、
飼い主さんに対して唸ったり、噛みついたりして
自分のワガママを押し通そうとしていても
それを叱ったり、それを止めさせる為に犬が嫌がる対応をしたり、
無視をしたりするのではなく、
「この子はなんで怒っているのだろう?」とか、
「私が何かしたから気に入らないのだろうか?」とか、
「犬がこんなに攻撃的な行動をするのは
 この間、犬の機嫌を損ねるような事をしてしまったからかもしれない?」
と、犬の気持ちを一生懸命に読み取ろうとし、
そして、
「私が何かをしてしまったから怒っているのね」とか
「私が悪いのだから噛まれても仕方が無い」とか
「自分が悪い事をしてしまったのだから
 犬がこうした態度をとるのも仕方が無い・・」と、
犬の気持ちを推測し、
「あなたが怒っている理由は分かっていますよ」とか
「私が悪かったのね・・ごめんね」と、
犬の気持ちを理解していると伝える事で犬の許しを得よう・・
そうした行動を止めて欲しい・・と願っていると言った気持ちも
あるのではないかと思います。

でも、実際はワガママを言って困らせているのは犬の方ですし、
「しつけ」と言う面で考えたら
「ワガママを許さない」と言う態度を示す事も大切だとは思うのですが、
「本気で嫌われたらどうしよう?」とか
「もっと行動の問題が強まったらどうしよう?」などと考えると、
犬と本気で向き合うのは怖くなってしまったり、
犬の行動を改善させる為に積極的に行動する勇気が持てなくなってしまい、
行動したくないから、行動をしなくてすむように
一生懸命に頭で考えようとしてしまう・・
と言う事も多いみたいです。

勿論、犬の気持ちを考えたり、
犬の考えを読み取る事は大切ですが、
それが、犬と本気で向き合わない為・・
飼い主さんが積極的に行動をしなくて済むように犬のご機嫌をとろう・・
と言うのであれば、それはちょっと違うのではないかと思います。

しかし、そうした思考は「犬を飼ったから・・」と言うよりも、
幼い頃の家庭環境の影響も大きいみたいです。

例えば、小さい頃、親に対して「~をしてみたい」とか
「~は嫌だ」と言った時、
「そうか、分かったよ、やってごらん」と言って貰ったり
逆に「嫌だったら無理しなくても良いけど、やれる所までやってごらん」など、
気持ちを受け止めて貰ったり、認めて貰うような返事よりも
「ダメ!我慢しなさい!」とか
「嫌なんて許しません! 
 ワガママを言うような子はウチの子じゃありません!」など、
素直な気持ちを拒否されたり、拒絶されたりした経験が多かったりすると、
自分の気持ちを表現する事が怖くなってしまったり、
親が機嫌を損なわないように常に親の顔色をうかがったり、
機嫌の悪い親の機嫌を直す為にわざとおどけるような態度をしたり・・・と、
自分の気持ちや欲求を満たす事よりも
他者の機嫌や欲求を満たす事ばかりを重視してしまう癖が
ついてしまう事も多いのだそうです。

そして、そうした思考の習慣は犬に対しても同じで、
飼い主さんが常に犬の顔色をうかがったり、
ワガママを言っている犬の欲求を満たすような行動を
してしまう事もあったりするのですが、
飼い主さん自身はそうした自覚は無く、
自分の家は「普通」だと思っているのですが、
実は毎日のように両親が口論をしていたり、
父親が母親を叩いていたり・・と、そうした恐怖体験が長かったりすると、
条件反射的に他者の怒りの感情から遠ざかろうとしたり、
相手の方が間違っていたり、ワガママを言っていると分かってはいても、
相手の欲求を満たして怒りをおさめて欲しい・・
と思ってしまうそうですし、それは仕方が無い事だと思います。

また、幼少期にそうした恐怖体験が続いてしまうと
家族に対してだけでなく「家族以外の人」に対しても恐怖を抱くようになる・・
など、恐怖の対象範囲が拡大してしまう事もあるそうです。

結果、他者に対して不信感を抱いてしまい、
つい、オドオドした態度をしてしまう事で
相手に舐められてしまい、酷い扱いを受けてしまったり、、
逆に強い警戒心からすぐに「戦闘モード」になってしまう事で
対立関係が起きてしまい、状況がドンドンと悪くなってしまう・・など、
「強い不信感」のせいで、より他者に対する不信感が強まってしまう・・
と言う事もありますから、他者の気持ちや考えを読み取り過ぎないようにして
自分の気持ちや考えを優先させるのも良いのではないかと思います。

つまり、「他者中心」ではなく「自分中心」の思考に変えていく・・
今までだって、犬の気持ちを考え、ご機嫌をうかがうような行動をした結果、
犬はドンドンとワガママになって行くし、
飼い主さんの気持ちなんて考えもしないで
困った行動をし続けてきているのですから
この先も「他者中心」の考え方で接したとしても
「見返り」なんて受けられませんし、
でも、それは当たり前の事で、
犬は我慢しない方が飼い主さんが言う事を聞いてくれると思っているし、
飼い主さんはいつも、自分の事を考えてくれているので、
わざわざ、飼い主さんに気を使ったり、ご機嫌をうかがう必要もないのです。

だから、まずは「自分の気持ちを中心」に考え、
犬の行動が嫌だと思ったら「嫌だ」と言う態度を示してみる・・
と言うのも良いと思います。
でも、「犬と争うのが怖い・・」と言うのであれば、
まずは「自分の自由」について考えてみるのも良いと思います。

犬が不機嫌でもワガママを言っていたとしても「自分は自由」と思えば、
犬の不機嫌を解消してあげなければならない理由はありませんし、
犬のワガママを満たしてあげなければならない決まりがあるわけでもないのです。
それだけでも「~しなくてはならない」とか
「~であってはいけない」と言った「思考の習慣」から開放され、
「罪悪感」からは開放されると思いますし、
そうして何か問題が起きた時でも「自分の自由」を考える事は、
自分を愛し、自分を守る事につながりますから、
少しずつ「他者中心」から「自分中心」へと思考を切り替えて行くのも良いと思いますし、
そうして、犬が怒ったり、ワガママを言ったとしても、
飼い主さんが「自分の気持ちを中心」に考えて動こうとしなければ、
犬も最初は怒りがヒートアップするかもしれませんが、
段々と怒る回数もワガママを言う回数も減って行くと思いますし、
逆に飼い主さんの気持ちや考えを考えてくれるようになると思いますので、
「意識の変換」を心がけてみるのも良いのでは無いかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

目的を持たないコミュニケーションの大切さ

 2018-02-07
DSC01151.jpg

犬との生活において
「なんだか分からないけど辛い・・」
と言う事もあるのではないかと思います。

辛い理由が分かれば何かしらの対応もできますが、
原因が分からないと
先の見えない不安から余計に辛くなってしまう事も・・
でも、その原因として多いのが、
「~であるべき」とか「~でなければ」と言った思考の習慣が
疲れている自分の気持ちや感情を押し殺し、
後回しにさせてしまっている為、肉体や精神は疲れていても、
それを認めようとしない・・受け入れようとしない為に
「よく分からないけど辛い・・」
となってしまっている事もあるみたいです。

スポーツでも良いコンディションを保つ為には、
「自分との対話」が大切になって来るそうです。

「今日の調子はどうだろうか?」とか
「ちょっと疲れてきているから休憩しよう」など、
自分の気持ちや身体と相談し、
調子が悪ければ無理をせずに休むと言う選択もするし、
気持ちが乗らない時は練習を休むと言う判断をする事も大切になってきますが、
自分で決めた「ノルマ」を重視し、
心や身体との対話を無視してしまった結果、
大きな怪我につながったり、
練習をする気力を失ってしまったり・・
と言う事もありますから、
自分の心や身体を客観的に見つめる事は
とても重要になってくるのだそうです。

では、犬との生活は?と言うと、
飼い主さんの中にある「理想」や「世間体」を重視し、
自分の気持ちや犬の気持ちを無視した結果、
犬の心や身体に強いストレスを与えてしまう事もありますから、
「今、自分は冷静だろうか?」とか
「今、自分の犬はどうしてその行動をしているのだろうか?」と、
「しつけ」を行う前に自分自身との対話は勿論、
犬の様子をよく観察してコミュニケーションを重視にしてみるのも
良いのではないかと思います。

また、「犬とのコミュニケーション」と言うと、
どうしても「できているか?」「できていないか?」と言った
「結果」を重視したコミュニケーションなってしまう事も多いです。

そうした事は人間の親子関係でもありますが、、、
子供の発言や行動に対し、
親が「そんな事を言ってはダメ」とか
「そんな考え方をしてはいけない」とか
「そんな事をしてはいけない」とか
「こうした方が良い」と”ジャッジ”をしてしまう事はあると思います。

結果として子供は親の前で自分の気持ちを素直に発言したり、
自由に行動する事が怖くなってしまう・・・など、
思考が萎縮してしまう事もありますから、
「話の内容」を重視するのではなく、
「特定の目的を持たない自由なコミュニケーション」
ができる環境作りを考えてあげる事も必要ではないかと思います。

まぁ、真面目な人や上下関係の意識の強い人は、
仕事や政治などの話はできても
「雑談」をするのが苦手だったりする事も多いですが、
話の内容が話題の流れによってコロコロと変わり、
自分の知っている内容について熱く議論したり、
自分の知らない話を聞いて学んだり・・
と、音楽で言えば、みんな即興を行うように会話をする・・
と言うのも脳にとってはとても良い刺激になるそうですし、
そうした事は犬との関りにおいてもとても大切で、
飼い主さんばかりが「~しなさい」とか「こうしなさい」と、
一方的に押し付けるのではなく、
犬の行動を見ながら合わせてあげるなど、特に目的を持たない・・
自由なコミュニケーションを意識してみる事で
犬との新しい遊びや関わり方なども生まれてくるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫