FC2ブログ

良い未来を期待できれば待てる

 2018-07-13
DSC00116.jpg

子供も2歳ぐらいまでは自分の持ち物を友達に貸せなかったり、
友達やきょうだいとの「半分こ」が
許せなかったりする事は多いみたいです。

しかし、3歳ぐらいになると「あげる」とか「貰う」などの
社会的なやり取りができるようになるそうですが、
それができるようになるまでには、
「あげる」ばかりではなく
「貰う」と言う経験をより多くする事も必要になってくるみたいです。

また、自分の気持ちや望みだけではどうしようもない・・
「仕方がない」と言う事がある事も理解し、
「あきらめる」ができるようになるそうです。

大人は「あげる」と「貰う」はセットであり、
他者との関り合いの中では必須だと理解していますが、
小さくて、社会経験が少ない子供には、
まだ、理解できなかったりしますから、
最初は「貰う」と言う事を多めにして、
「あげる事もあれば貰う事もある」
と言う事を理解させてあげると、
「我慢」もできるようになるのではないかと思います。

また、1人で遊ぶのとは違い、友達と遊ぶようになると
「決定権」が相手にもある事が分かってきます。
「自己主張」ばかりをしていれば、
友達は相手をしてくれなくなるので、
この先の展開を予想すると、、
「今は自分の気持ちを我慢させるべき・・」
と少しずつ学んで行ったりします。

しかし、親がいつまでも子供の言う事を優先させていると、
子供は「決定権は常に自分にある」と理解し、
「譲る」や「我慢」ができなくなってしまいますので、
最初は「我慢」ができる時間も短いかもしれませんが、
「あとで」を期待した「我慢」を教えて行くのも良いと思いますし、
それは、犬に対しても同じで、
飼い主さんが自分の犬をカワイイと甘やかしてばかりいると、
「我慢」ができなくて、犬友達に嫌われてしまう事もありますので、
普段から少しずつ、我慢をさせてみて、
上手に我慢ができたらオヤツをあげるようにしてみたり、
犬友達に協力して貰って、順番におやつをあげてみたり・・
と言うのも良いのではないかと思います。

ただし、自分の犬が他の犬を押しのけたり、
要求的な行動をしたら無視をして他の子にオヤツをあげる・・など、
「自己中心的な行動をするとオヤツは貰えないけれど、
 我慢をすればあとで良い事がある」と言う事を教えながら、
我慢の練習をしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

犬にオヤツを用いると・・

 2018-06-25
28DSC00727.jpg

犬のしつけの中には、
「オヤツを用いるとオヤツがないと犬が行動をしなくなる」として、
「オヤツを用いないしつけ」を推奨される方も多いです。

「好子」・・・つまり「メリット」を与え過ぎると、
本人の内側からの「やる気」や「動機」を失われ、
「外発的な動機」・・
つまり、外側から何かしらのメリットを提示しないと
行動をしなくなってしまうと言う事だと思いますし、
実際に人間を用いた実験において、
そうした結果を肯定するデータも出ているそうです。
ただし、それは、数セッションと言う
短い実験結果でのデータに基づくものであり、
より長い期間、実験を行うと、
一度は弱まったように見えた「内発的動機」が回復する・・
と言う結果も示されているそうです。

つまり、「外発的な報酬」が
内発的な「やる気」や「動機」を失わせるか?と言うと、
本当の所は、まだ、よく分かっていないらしく、
分かっているのは「報酬」を的確に用いれば、
パフォーマンスを上げる事も可能だと言う事みたいです。

つまり、「犬のパフォーマンスを上げる」と言う前提において、
「オヤツを用いるか?用いないか?」と言う事を議論するよりも、
「いかに上手に犬が喜ぶな報酬を用いてパフォーマンスを上げられるか?」
と言う部分を考え、議論して行くのが
良いのではないかと思います。

そもそも、オヤツが良いとか悪いとか言うのも、
おかしな話ではないかと思います。
オヤツが良いか?悪いか?と言うのは、
それを用いた結果が良くなるか?悪くなるか?で変わってくる事で、
良くなるとしたらどうして良くなったのか?を考え、
さらにパフォーマンスが上がるように用いれば良いですし、
悪くなったとしたら、どうして悪くなったのか?を考え、
結果を良くする為の方法を考えたり、
逆に望まない行動を弱める時に用いたりすれば良いのであって、
最初から「オヤツは悪い」としてしまうのは「決め付け」だったり、
新たな可能性を失わせてしまう事にもなりかねないと思います。

それがメリットなるか?デメリットになるか?と言うのは、
最初から決まっているわけでは無く、
それを用いた結果、
望むような結果になれば「メリット」となり、
望まない結果になれば「デメリット」となる・・
そして、それが、その人の「価値観」となるのだそうです。

勿論、そうした手順を踏まなくても、
他者から「こうした方が良い」とか「それは止めた方が良い」と言われた事を
そのまま受け入れて「価値観」としてしまう事も多いですが、
そうした「価値観」は変える事ができますから
自分の中の「価値観」を絶対だと思わない事も大切みたいです。

例えば、職場で新しく入ったAさんは「挨拶をしても無視をする」とか
「いつも凄く怖い顔をしている」などの悪い噂話を聞いて
「怖い人だな・・」と言う印象(価値観)を持ってしまう事もあると思います。
でも、実際にAさんと話してみると実は凄く優しい人で、
挨拶を返さないのは慣れない職場に緊張していて
声をかけられても気づけないだけだったり、
怖い顔も緊張をしている為・・だったりして、
そんな風に行動をした事で
「Aさん=苦手」から「Aさん=内気な良い人」となり、
それをみんなに伝える事でAさんに対する職場全体の印象も変わり、
Aさんも緊張が薄れてきて、挨拶も普通にできるし、
怖い顔もしなくなった・・と言う事もあると思いますが、
そんな風に行動を起こし、自分の中の受け止め方を変える事で
「好き」や「嫌い」は変化するものですし、
環境を整える事で、周囲の人の印象を変える事も
可能ではないかと思います。

そんな感じで、もし、自分の犬が「人を見ると嬉しくて飛びつく」とか
「犬を見ると怖がって吠える」などの「価値観」を持ってしまっていたとしても、
それは、犬が経験の中で「好き」や「嫌い」と言う「価値観」を抱き、、
そうした「価値観」を基に行動をしているだけですので、
犬の「飛びつき」と言う行動に対しては、家族全員で協力して無視をし、
犬が飛びつきを止めたら褒めて、遊んであげるなどをする事で、
犬の中の「飛びつき=良い事」を「飛びつき=良い事は無い」に変え、
さらに「良い子で待つ=良い事」と言う価値観に変えてあげる事で、
お外でも、かまって欲しい時ほど、良い子でオスワリをする・・
となる事も可能だと思います。
また、犬に対する「嫌い」も、
犬と適度な距離に居る時に静かにしていられたら「オヤツ」をあげるなどして、
「犬が近くに居る=怖い」から「犬が近くに居る=オヤツが貰える」
などに価値観を変えてあげる事で、犬に対する苦手意識も弱まり、
無駄に吠えて遠ざけようとする事も減って行くのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

美しが丘公園

 2018-06-20
01DSC00117.jpg
少し前の話ですが、
横浜市青葉区にある「美しが丘公園」に行ってきました。
((住所)横浜市青葉区美しが丘2-22

02DSC00120.jpg
公園内に入りました。

03DSC00128_20180622215720df9.jpg
公園内には駐車場がありませんので、
近くのコインパーキングに車をとめています。

04DSC00129_201806222157193d5.jpg
ゆるやかな坂道を登ると・・

05DSC00132_201806222157186c1.jpg
野球場

06DSC00154.jpg

07DSC00159_20180622215813524.jpg
「こどもログハウス」

08DSC00194.jpg

09DSC00223.jpg
坂を下ってブランコ

10DSC00224.jpg
滑り台

11DSC00229.jpg
さらに移動して

12DSC00251.jpg
子供用の大型遊具

13DSC00259_2018062221585240e.jpg
ターザンロープもありました。

14DSC00265.jpg
思ったよりも広い原っぱです。

15DSC00321.jpg
公園の前にあるわんこOKのお店
「park side cafe Retrieve」さん
ただ、残念ながら訪れた日の
数日前に閉店されたみたいです。
ドッグカフェには行ける時に行っておく・・
と言うのがお互いにとって
良いのではないかと思います。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

最善主義

 2018-06-14
24DSC00408.jpg

仕事をしている上での優先順位ってむずかしいですよね?
仕事の「質」を高めようとすると時間がかかるし、
だからと言って、いいかげんな仕事をしていると
信頼を失ってしまうし・・・
丁寧な仕事を心がける事で上司の信頼や評価を得ているので、
つい、部下や後輩に対しても同じだけの「質」を求めてしまうので、
不満や反感を持たれてしまっている感じもするけれど、、
だからと言って「質」を下げる事で信頼を失うのは怖いし・・

でも、「完璧」を求める事で評価を得られているのなら、
「完璧」を求めるのも悪い事ではないと思います。
ただ、「結果」よりも「プロセス」にこだわり過ぎて
柔軟性を失ってしまっているとしたら、
それはちょっと問題かもしれないそうです。

例えば、みんなでやるべき仕事を
「ミスをされたら嫌だから・・」と、自分1人でやろうとするので、
「ミス」は起きないのかもしれませんが、
他の人たちがその仕事をする機会が減ってしまう為、
その仕事に対する「知識」や「スキル」に大きな差が生まれ、
自分が休みの時に「未熟さ」からのミスが発生してしまったりすると、
休みを返上してまで仕事をしたくなってしまいますし、
そんなミスや失敗を防ぐ為にあれやこれやと指示を出す為、
結果的に「指示待ち人間」を作ってしまったり・・
と、自分の選択や行動がどんな結果を生むか?
と言う事を深く考えないまま、
なんでもかんでも全力で頑張ろうとしてしまう為、
結果的に「大きなミス」を生む要因を作ってしまったり、
自分自身を追い込んでしまったり・・
と言う事もあるのではないかと思います。

この辺りは犬を育てる時にも言えますよね?
犬がミスや失敗をするのが嫌で、
飼い主さんが全部、代わりにやってしまう為、
犬はいつまで経っても成長しない・・・
でも、飼い主さんはその理由が分からないので、、
犬に不平や不満を言いつつも、
「完璧」と言う「結果」を求めて頑張り続けてしまったり

だから「完璧主義」ではなく
「最善主義」で考えるようにしてみるのも良いそうです。

結果も過程も「完璧」を目指す「完璧主義」ではなく、
「最善主義」とは「結果」に焦点を当てつつも、
そこに至るまでの過程は柔軟に考えるようにする・・
その為には
「もし、半分の時間で達成させなければいけないとしたらどうするか?」
「もし、同じ時間で2倍の成果を出す必要があるとしたらどうするか?」
と言う事を問いかけ、作業の優先順位を考えてみるのも良いみたいです。

仕事の内容によっては「質」を落としても仕方が無い部分もあると思います。
それは「効果的妥協」として受け入れて行く部分であり、
「総合的な結果」を一番に考えるのなら、
自分の中の「こだわり」を捨てる勇気も必要だと思います。

勿論、その「こだわり」があるからこそ「結果」を出せていると思いますが、
その反面、精神的、肉体的なストレスや
生き辛さなどを感じる部分もあるかもしれませんので、
「完璧主義」のメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、
優先順位を決め、多少のミスや失敗は許容範囲内として結果を目指して行く
「最善主義」に移行して行くのも良いと思います。

勿論、最初は精神的に辛いと思いますが、
ミスを受け入れる勇気を持つ事で
自分自身に対するプレッシャーは減ると思いますし、
「他者に任せる」と言う事を増やす事は不安だと思いますが、
そこは、マニュアルを作ったり、丁寧に説明するなどして
ミスを最小限に抑える努力をして行くのが良いと思いますし、
そもそも、1人でやろうとしても限度がありますし、
体力的にも長くは続かないと思います。

ーとは言え、「イライラ」「クヨクヨ」「完璧主義」は
本人が分かっていても、なかなか変えられない言う事は多いです。
分かっていても・・
変えようと思っていても・・
いつの間にか、また、元に戻ってしまうのが「思考の習慣」なので、
焦って短期間で変えよう・・とか、変えられると思わずに
完璧主義のデメリットを思い返したり、
手近な所から「最善主義」を取り入れてみたりして、
少しずつ、思考の習慣を変えて行ける「枠組み」を作り、
その中で生活をするようにしてみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

「よこすか関口牧場」と「天神島臨海自然教育園」

 2018-05-01
0120180430_123707.jpg
その後は「よこすか関口牧場」さんへ
((住所)横須賀市長坂4-13-55

0220180430_123714.jpg
牛が居ました。

0420180430_123742.jpg

0520180430_124720.jpg
関口牧場さんの自家製アイスクリームです。
ミルクと抹茶のミックスにしてみましたが、
300円でこのボリュームにはビックリです!?
ちなみにミックスは左右と上下が選べるそうです。
今回はオーソドックスな左右にしてみましたが、
上下と言うのも気になりますね!

0620180430_125451.jpg
「みるくプリン」です

0720180430_125510.jpg
味は濃厚でそれでいてまろやかで美味しかったです。
カップもアイスのコーンの形をしていて可愛い!。

そして「天神島臨海自然教育園」
((住所)横須賀市佐島3-7-2

23DSC00746.jpg
砂浜です。
ここは以前から気にはなっていたのですが、
犬連れ禁止なので来る機会がありませんでした。

25DSC00759.jpg
岩場の方へ

26aDSC00765_20180501190811444.jpg
ちょっと海中を覗いてみると、
物凄い数のヤドカリが居てビックリ!



27DSC00778_2018050119123931b.jpg
葉山辺りの岩場もヤドカリが多く居ますが、
ここは動植物の採取が禁止されている為か
別格と言うぐらい自然が豊かでしたね。

28DSC00787.jpg

29DSC00820.jpg

30DSC00863.jpg
岩場を歩きます。

31DSC00864.jpg
でも、足場が悪いので少し戻って通路を通る事にしました。

32DSC00867.jpg
ここはデコボコしていないですし
何よりも凄く近道です(笑)

33DSC00871.jpg
分岐があるので岩場の方にも行けます。

34DSC00873.jpg
自分が来たのが北口なので
南口を目指してみようと思います。

35DSC00877.jpg

36DSC00878.jpg
通路を抜けると岩場が見えてきました。

37DSC00881.jpg
キレイな建物です。

38DSC00885.jpg
コチラ側にも岩場がありましたが、
とりあえず、この通路を通って南口に行ってみます。

39DSC00902.jpg
広場が見えてきました。

40DSC00910.jpg
道路へ・・
ちなみに南口の隣には
「天神島臨海自然教育園」の駐車場がありました。
駐車料金も無料でしたが、
駐車スペースが15台分と少ないのでちょっと注意ですね。

41DSC00927.jpg
「天神島ビジターセンター」へ

42aDSC00937.jpg
ウミウシの模型

42bDSC00949.jpg
そして、本物のウミウシが居ました。

43DSC00940.jpg
テレビの映像では見た事があるのですが、
生のウミウシは始めて見ました!

44DSC00942.jpg
キレイで不思議~

45DSC00945.jpg
思ったよりも小さいですね

46DSC00947.jpg
先ほどまで岩場でウミウシを探していたのですが、
実際に見た事がないのもあって
全く、見つけられなかったのですが、
実物を見れた事で少し希望が湧いてきた感じです!(^▼^)ノ

48DSC00967.jpg
ーと言う事で、最後に少しウミウシを探してみたのですが、
結局、見つけられませんでした(笑)
でも、本当に自然豊かですし、
無料の駐車場もありますので次は平日にチャレンジしてみようかな?
と思いました。(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫