FC2ブログ

本番で力を発揮できるか?

 2018-09-23
20180912_170646.jpg

練習は凄く真面目にしっかりとやるのに
本番になると緊張して力を発揮できない・・
と言う人は多いと思います。

では、どう言う人が本番に弱いのか?と言いますと、
失敗した時に周囲から「なんでできないのだ?」とか
「俺の言った通りにやらないからダメなんだ」などと、
否定ばかりされる事が多かったりすると、
失敗した時の不安や恐怖を思い出して必要以上に緊張してしまう・・
と言う事は多いみたいです。

「お前は○○だからダメなんだ!」と言う言葉の裏には
「お前は○○だからそこを直しなさい」と言う意味が込められており、
愛情から来ていたりするのですが、
受け取る方は「ミスを責められている」としか思えませんし、
「○○だからダメ」と言う言葉をそのまま受け取ってしまい、
自分自身でも「○○だからダメ」と思い込んで、
自信を失ってしまう事もあるそうですし、
そんな感じで「否定的の言葉」を受け続ける事で
自信を失って本番に弱くなってしまう事も
あるそうですから注意が必要です。

本番前はもう「こんなに努力をしたのだから!」と
過去の頑張りを信じるしかありません。
しかし、そこで否定的な言葉を受けたり、
過去に自分の頑張りを否定されるような言葉を投げかけられ続けていたら、
自分を信じる事もできなくなってしまいますから、
激励のつもりで子供にダメだしをしているとしたら、
それは、やめた方が良いみたいです。

人間は完璧を求めてしまう事は多いです。
子供が完璧な結果を出せば、
それは、「親が完璧な子育てをした」と言う事にもつながりますので、
子供の行動の結果には凄く敏感になりがちですが、
子供に完璧を求めると言う事は、
逆に言うと完璧では無い限り、「常にあなたは不完全だ!」
と言うメッセージを与え続ける事にもなりますので、
子供は努力をしてもしても「あなたは不完全」と言われている気がして、
自信は育たないし、自己肯定感も下がりまくって
自分の事を大切に思えない子になってしまう可能性もあるそうです。

では、完ぺき主義はダメなのか?と言いますと、そうではなく
、完璧な「結果」と求めるのではなく、
「過程」の方を完璧目指して頑張ってみるのが良いそうです。

勿論、「過程の完璧」を目指すと言っても
物凄い努力を課す・・と言う事では無く、
大きな目標を目指し、そこへ辿り着くまでの道を小分けにして、
段階的に登って行く感じにし、
自分で乗り越えられそうな小さなゴールを目指して、
毎日、頑張る・・と言う事を完璧にこなす。
と言う事みたいです。

練習は自分で決めたルールに沿って完璧に・・
本番は自分の頑張りを肯定し、承認してあとは運を天に任す・・

そうした事は、犬を育てて行く時にも言えると思います。
「練習をする」と決めたら、無理の無い範囲で
練習スケジュールを決めて、それを犬と一緒に毎日、楽しむ。
いくら、練習の時は完璧にできても、
本番で不測の事態が起きてしまう事もありますので、
自分のできる範囲で完璧を目指し、良い結果も悪い結果も受け入れて、
それを次に活かす・・と言うのが良いのではないか思います。

「どうせ自分にできるハズが無い」と
先の展開を決め付けて行動を起こさない・・と言うのでも、
「今まで何一つ、やり遂げた事がないから・・」と、
過去を振り返って行動を起こさない・・でもなく、
「今、やるか?やらないのか?」を選択する事だけが重要だそうです。

過去は変えられないし、未来も自分で決める事はできません。
でも、「今、どうするか?」は自分の意思で決める事ができるのです。

「今、やるかどうか?」を決める事は、
過去も未来も言い訳にできないので、辛い選択になるかもしれませんが、
その選択を自分の意思でし続けて行く事が
自分の自信へとつながって行くのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

「ルール」は場所によって異なる

 2018-09-22
20180912_170604.jpg

職場に遅刻をしてくる人は、結構、居たりします。

5分ぐらいの遅刻は遅刻じゃない・・
と言う人も居ますが、
「遅刻をする」と言う事は
仕事に対する真剣さが足りないと言う事なので、
「遅刻を許す」と言う事は、
「真剣に仕事をしなくても良い」と言っている事にも
なりかねないそうです。

スポーツの世界でも少し早めに来て身体を温めたり、
軽く練習をして感覚を取り戻したりする選手が居ますが、
それは、自分の意思で上手になりたいと思っているからで、
練習の時間だけ頑張れば良い・・と言う考え方は受け身ですし、
その意識や行動の差は後に大きな差を生む事も多いそうです。

しかし、平気で遅刻をする人は本人だけに問題があるわけではなく、
親の影響も強いみたいです。
学校の先生が遅刻をよくする生徒の親を呼び出すと、
親の方も日時の変更を申し出てきたり、
キャンセルをしてきたり、あるいは、約束をすっぽかす・・
と言う事も多いみたいです。

また、母親は真面目だけど、父親が凄くルーズだったりと、
時間や約束に対する感覚や物事に取り組む際の姿勢などは、
親の影響を強くうけていたりしますので、
時間を守らない、約束を守らない・・など、
自分が「大した事ではない」と思っている事が
実は凄く大切な事で、
「なんだか分からないけれど他者と上手く関係性が作れない」
と言う人の中には、自分が育った家庭内ルールと
一般的な社会ルールのズレが影響している事もあるそうですから、
そう言う時は、自分が育った家庭内ルールを重視するよりも、
一般的な社会ルールの方に目を向け、沢山の人とお話をして
「自分の中の当たり前」を上書きして行く作業も
必要になってくるのではないかと思います。

また、そうした「家庭内ルール」と「一般的なルール」の違いによって
犬が苦労をしている・・と言う事もあるみたいです。

例えば、家の中ではとびつきがOKなのに、
外で知らない人にそれをやると怒られる・・とか、
家の中では自分が何かをして欲しい時は、
吠えると飼い主さんが色々としてくれるのに、
外でよその人や犬に向かって吠えると怒られる・・など、
家の中では「当たり前」となっている事が、
外の世界で行うと、怒られたり、嫌な目にあったりすると混乱しますし、
「家の中ではOKなのに外ではダメと言う事は
 外の世界が良くないのだ・・・」となって、
外に出ると自信を失って尻尾が下がってしまったり、
逆に凄い警戒心が出て、人や犬を見ると
すぐに吠えて遠ざけようとするもありますので、
犬に余計な不安や混乱を与えたくないのであれば、
家の中のルールと家の外のルールは共通してあげる・・
と言うのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

過去を責める事は「解説」になっても「解決」にはならない

 2018-09-21
20180911_171709.jpg

子供が練習をサボっているので叱ったら
「すみませんでした、これからはしっかりと頑張ります」
と言って、真面目に練習をし始めたものの、
何日かすると、また、サボりだす事は多いですし、
職場でもダラダラと仕事をしてミスを連発するので、
上司が「気をつけて下さい」と注意をしたら、
最初こそ「分かりました」と言って頑張るものの、
何週間かすると、また、ダラダラとしはじめ、
集中力が無くなってミスを連発しだしてしまう・・
と言う事もあるのではないかと思います。

だから「これからは頑張ります」
と言わせる為の叱りは意味が無く、
また、「これからは頑張ります」と言う言葉は
信じない方が良いみたいです。

ーとは言え、そう言ってしまうと、
変わろうとする人を見捨てる事になりそうですが、
そうではなく、頑張ってこなかった人は頑張り方を知らなかったり、
頑張りを持続させる方法を知らなかったりするそうですので、
言葉を言わせるだけではなく、
習慣を変えて行けるように協力してあげるのが良いみたいです。

「あなたはサボってばかりいるのでみんなに迷惑をかけている」
と言うのは、その人の過去の「解説」にはなっても、
改善の為の「具体的な提案」ではないので、
単に過去を責めても良い結果には結びつかないそうです。

そもそも、どうして「ダラダラ」と仕事や練習をしたり、
ミスを連発してしまうのか?と言いますと、
他者に対する関心が薄い為、
自分がダラダラと仕事や練習をする事で
他者に迷惑がかかっているとは気づかなかったり、、
自分自身に対する関心も薄い為、
ダラダラと仕事をして周りの人に
嫌われても気にしなかったり・・

しかし、「みんなは苦労をしても自分だけは楽をしたい」と言う考え方は、
その瞬間は楽ができて良いかもしれませんけど、
長期的に見ると、みんなから恨まれる事になるので、
大きなマイナスを抱えてしまう事にもなりかねません・・

アドラー心理学では、
判断に迷ったら、より多くの人間に貢献できる方を選べば良い・・
とされています。
自分よりも仲間たち、仲間たちより社会全体・・と、
そう言う視点で物事を考えて行けば、
例え、仕事が遅くてミスをしてしまっても、
周りの人も「みんなの為に一生懸命にやってくれているな」
となって、そこまで悪く思う人も居ないのではないかと思います。

そうして、「どうしたらみんなを喜ばすことが出来るか?」
を毎日考えるようにすると、憂鬱な気持など吹き飛んでしまうそうですし、
「みんなの為に何ができるか?」を考える事が
自分自身の幸せにもつながって行くみたいです。

勿論、だからと言って「みんなの為に・・」と考え過ぎて
自分を見失ってしまうのも、
自分の人生を生きていない事になりますので問題だそうです。

仕事を頑張りすぎる人の中には、
「みんなの為、みんなの為」と言いつつ、
周りの人の仕事を奪い、周りの人を自分に依存させて
「自分がいかに重要な人物であるか?」をみんなにアピールし、
また、みんなから必要とされている事を実感したい・・
と言う人も少なくありませんから、
それはそれで、問題だと思いますし、
周りのみんなだって「みんなの為に貢献したい」と思っていますから、
自分一人だけがみんなの役に立ちたい・・
必要とされたい・・・と思い過ぎてしまうと、
他の人がんみんなの為に貢献する機会を奪ってしまう事になり、
周りの人に「目立ちたがり」と嫌われてしまう可能性もありますから、
本当の意味で「みんなの為」を考えるのなら、
「身を引く」と言う事も重要では無いかと思います。

犬の飼い主さんの中にも、
「みんなの為」と言いつつ犬の行動の問題に対する答えは教えず、
思わせぶりな事を言って、
みんなの中での自分の価値を高めようとしたり、
みんなを自分に依存させるようにしたりする事で、
「みんなから必要とされている自分」に
悦に入っていたりする人もいるそうですが、

しかし、みんなの為、社会の為にどれだけ貢献できているか?を、
みんなの感謝の言葉の量や自分に対する評価で決めてしまうと、
「見返り思考」が強くなって、感謝の言葉がないとイラついたり、
自分に対する正当な評価が得られないとやる気を失ったりしてしまい、
結果、みんなの為では無く自分の為の行動となって
不幸な道を歩んでしまう事にもなりかねないので、
みんなが気づかなくても・・
誰の評価を得られなくても
自分で自分を褒められるような行動をする事が大切だそうですし、、
飼い主さんがそう言う思考で行動をしていると、
犬もそうした気持ちを読み取りますので、
明るくフレンドリーな犬に育ってくれるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

目的は違っても「ルール」は共通化する

 2018-09-20
20180906_182500.jpg

団体競技を始めた時など、
メンバーによって目標や目的が違う事は多いです。
「何がなんでも勝ちたい」と言う人も居れば、
「友達が居るので一緒に参加しただけ」と言う人も居るし、
「友達作りの為」や「ちょっと興味があったから・・」
と言う人も居ると思います。

最初から優勝を目指しているチームならともかく、
普通はメンバーそれぞれの目的や目標が違って当たり前なので、
「では、どうやってチームをまとめていくか?」と言うのは、
結構、難しい問題だと思います。

目標や目的が違えば練習内容も異なってきますので、
「勝利」を目指したい人は激しい練習を望むでしょうし、
「友達と楽しく」を目的とした人は、
和気藹々とした練習を望むと思います。

勝ちを目指して激しい練習を続けていたら
辞めてしまう人も出てくると思いますし、
かと言って、ユルユルな練習ばかりでは
勝ちを目指す人は嫌になってしまうと思います。

では、どこまでを受け入れて、どこまでを求めるか?
凄く頭を悩ませる問題だと思いますが、
それぞれが求める「結果」が違うのですから、
そこを無理やり統一しようとするのではなく、
「過程」の方を重視して行くのが良いみたいです。

つまり、「遅刻をしない」とか「練習中は真面目に取り組む」など、
「ルール」をしっかりと守らせるようにする事で
「勝利」を目指したい人は練習の中で「質」を高めて行けば良いし、
「楽しく」を目指したい人は「楽しい」を重視しながらも
練習自体は真面目にやって貰うようにする・・
と言う感じみたいです。

それぞれ、目標や目的だけではなく、
「体力」や「スキル」の差もあるのですから、
「練習中は真面目に」と言う共通意識の元、
頑張るのが良いみたいです。

でも、それは仕事でも同じ事が言えますよね?
同じ給料でも凄く真面目に仕事に取り組む人もいれば、
なるべく楽にお金を稼ぎたい・・と言う人も居ます。
「あいさつをしない」とか「仕事がいいかげん」とか
「遅刻をする」とか「ミスをしても謝らない」とか、
そう言う、意識の低い人と仕事をしていると、
職場全体の生産性が下がってしまいますが、
問題は、そう言う人がそう言う事をしても
お給料が下がるわけでも無いし、
特に叱られるわけでもない・・と言う事ではないかと思います。

「大人なんだから・・」と本人の自主性に任せていても、
人はなかなか、自分で自分を改善しようとは思わないので、
「ルール」をしっかりと決め、
さらに「ペナルティ」をきちんと導入する事が
大切になってくるみたいです。

そもそも、「あいさつをしない」とか
「時間を守らない」とか「仕事がいいかげん」と言うのは、
その人の子供の頃からの習慣からだと思いますが、
子供が「ルール」を破っても叱らない・・
「ペナルティ」があってもユルイ・・
と言う家庭も多いみたいです。

「できなくても大丈夫だよ」
「今のままの自分を愛してあげれば良いんだよ」
と、「弱さ」を認めて受け入れてあげる事は大切ですが、
それを子供が努力をしない理由としてしまうとしたら、
「そうではない」と叱る事も大切みたいです。

犬を育てる時も
「うちの子は何もできないけど、それで良い」と、
自分の犬がオテもオスワリもできない事を
肯定している飼い主さんも多く、
それはそれで素晴らしい事だと思いますが、
その結果、犬は社会のルールを知らず、
「自分の何がいけないのか?」も分からないまま、
他の犬に嫌われたり、必要以上の不安を抱えて
「怖い、怖い」となってしまっているとしたら、
犬に知識と経験を与えてあげる事で
犬も飼い主さんももっと暮らしやすくなるのでは
ないかと思います。

犬ができない事や嫌がる事を
強制的にやらせるのも問題ですが、だからと言って、
犬が「できない」とか「嫌だ」と言う態度をしたら
すぐに「もうやらなくて良いよ」と言って、
低いレベルのまま、OKを出してしまうのも
勿体無いような気がします。

「もう少し、頑張らせてあげれば、
 色々な事を知ってくれて、
 できるようになるかもしれないのに?」と言うのは
「エゴ」にもなりがちなので難しい所ですが、
「無理はさせるけれど、無茶はさせない・・」と言う風に考えて
頑張らせてあげるのも大切では無いかと思います。

「シェイピング法」では、
目標となる行動を目指して、
少しずつ段階的に行動を教えて行きますが、
最初の最初の段階、
「飼い主の言う事を聞こうとしない」とか
「おやつを見せても、いつも見返り無しでおやつが貰えるから
 何か行動をしてまでおやつを貰おうとは思わない」と言う理由から、
行動を教えられない・・と言う犬も多いです。

でも、そこで「じゃあ、仕方が無い」としてしまうか?
それとも「もう少し頑張らせよう」と、
飼い主さんの言う事を聞かなければ、
犬の要求も受け入れない・・としてみたり、
ごはんはシェイピングの時にあげるようにして、
それ以外ではあげない・・としてみるか?

「ルール」は守る方も大変ですが、
守らせる方も意外と大変だったりしますので、
そこをしっかりと頑張ってみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

他人に努力を見せるのは格好悪い

 2018-09-19
20180905_181627.jpg

スポーツの世界や学校のテストの時間などは、
「練習を頑張りました!」とか、
「一杯、勉強をしてきました!」言うのは恥ずかしい事なので、
準備をしてこなかったように見せて本番でどれだけ良い結果が出せるか?
が重要ですし、それができたら「格好が良い」と
思っている人も多いと思います。

「練習をせずとも結果を出せる人」=「天才」と言った感じで、
人前で頑張ったり、感情的になって
熱くなった姿を見せるのは格好悪い事・・

まぁ、マンガでも「熱血キャラ」よりも
「クール系キャラ」の方が女性の人気が高かったりしますから
女性にモテたい男子はクールを気取るのかもしれませんし、
そもそも、大人社会でも
感情のコントロールができない人は社会人として認められず、
低い扱いをされてしまったりしますから、
大人を意識し始める思春期の子ほど、
「自分の感情を他者に見せてはいけない」
と思ってしまうのかもしれません?

でも、もっと単純な話として、
努力をせずに結果を出したように演出する事で、
より、自分の事を凄く見せたいと言う気持ちがあるのだと思います。
また、努力をして結果を出しても、
「何、必死になってんだよ?」と周りから皮肉を言われるし、
努力をした事を周囲に伝えたにも関らず結果が伴わなかった場合、
努力をした事が恥ずかしくなってしまいますので、
頑張った部分は隠した方がダメだった時のダメージが少ない・・
と言うのはあるのではないかと思います。

ーとは言え、一流の選手で努力をしていない人は居ないと思います。
勿論、他の人が沢山、努力をしなければ身につかないような技術も
簡単にこなしてしまう才能の持ち主は居ると思いますが、
だからと言って、努力は意味が無い・・とか、
格好が悪い・・となってしまうのは違うと思います。

そもそも、努力はなんの為にするのか?と言うと、
自分の為にするのだと思います。
だから、誰かに努力をしている所を見られると恥ずかしい・・とか
誰かに努力をしている事をバカにされたくない・・と言うのは、
他者を意識している事になりますので違うと言うか、
誰かに褒められたいから・・とか、
誰かに凄いねと言われたいから・・と言った「見返り」を求めて頑張っていると、
他者の評価を得られないと努力ができなくなってしまいますから、
頑張っている自分を格好良いと思えるかどうか?
が大切になってくると思います。

犬のしつけやトレーニングでは褒めやオヤツを用いますが、
褒めやおやつが無ければ犬が良い行動ができない・・と言うのでは
「しつけができている」とは言えないと思いますので、
少しずつ、褒めやオヤツをランダムにして行くと共に
「習慣化」して「そうしないとなんとかなく気持ちが悪い」と
犬が思えるように導いてあげるのも良いと思いますし、
犬がそう思えるように、飼い主さんが努力をし続けられるかどうか?
が、犬の習慣を変えたり、上書きしてあげる為には
必要になってくると思います。

飼い主さんの中にも努力ができない人も居ますが、
それは、小さい頃から努力をする必要が無かったり、
努力をしても良い結果にならない事が多かったからかもしれませんが、
今からでも遅くはないと思いますので、まずは「目標」を持ち、
尊敬する人を見つけて考え方や行動を真似てみたり、
自分のできていない所を見つめなおして
「どうしたら良いか?」を考えたり、
分からなければ誰かに相談してみたり・・
と言うのも良いと思いますし、
それは立派な努力ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫