犬の中の「幼児的万能感」

 2018-06-15
000DSC00500.jpg

「完璧主義」の人は「0か100か」と言う思考が強いような気がします。
問題が起きた時に全力で問題に取り組み、
完璧な解決を目指しますが、その反動からか、
休日は家の中で何もせずに一日中、ゴロゴロ・・とか、
自分が得意な事・・勝てそうな事には前向きだけど、
苦手な事・・勝てそうにない事は後ろ向きでチャレンジしなかったり・・
苦手な事を避けていれば失敗する心配は無いかもしれませんが、
新しい学びや経験を得るチャンスを失い、
成長する機会を無くしてしまう事にもなりかねません。

まぁ、「完璧を目指す」と言うのは
「理想の自分を目指す」と言う事ですから、
それはとても素晴らしい事だと思いますが、
それが「ミスや失敗は許されない」となってしまうと
行動する事に臆病になってしまいますし、
理想を求めつつも、そうではない自分を見て、
かえって自分の価値を低く見てしまう事にもなりかねないと思います。

そして、「理想の自分」を目指して頑張り続けて燃え尽きてしまったり、
「理想の自分にはなれない」とあきらめて、努力する事を止めてしまったり、
「理想の自分」でなければ受け入れてくれない(と勝手に思い込み)親や大人、
友達などに対する不信感を増大させて、自分の殻にとじこもってしまったり・・

だから、「0か100か」ではなく、
とりあえず「1」を目指して歩み始めてみる・・と言う事が大切だそうですし、
「100」と言う結果では無く「1」を歩み出せたこと・・
そこから一歩ずつでも良いので歩き続けている「過程」を大切にし、
自分で自分を認めるようにしてみると、
「0か100か」以外の価値観で自分を見れるのではないかと思います。

「何もしない事で自分を守る」
「結果を出せないと”本気を出していない”とアピールをする」
「自己中心的である」

ーと言うのは「幼児的万能感」の特徴だそうですが、
特に「自己中心的である」と言うのは難しく、
誰も何も言っていないのに
「みんなは私の事を嫌っているに決まっている」など、
他者の気持ちや考えなどコントロールできないのに、
「みんながみんな、そう思っている」
と勝手に決め付けて、それを信じて疑わない・・
と言うのも、ある意味で自己中心的であり、
「幼児的万能感」が強まっているのかもしれませんので、
それを弱める為にも、実際に色々な人とお話をして
他者と自分の境界線をしっかりと分け、
「自分の考えは所詮、自分の考えでしかない」と言う認識を
強めて行く事も大切だそうです。

人は自信を育てようとする時、
競争で勝ったり、資格を得たり・・と、
他者から何かしらの評価を得ようとしますが、
そうした「根拠のある自信」は、
他者からの評価を失う事で無くしてしまう程度の
儚い自信だったりしますので、
そうではなく、自分で自分を認める気持ち・・
「根拠の無い自信」を持つ事が「万能感」の源であり、
それは、大切で必要なものだと思いますが、
「万能感」はあり過ぎても困りますので、チャレンジをして
ミスや失敗をする事で調整をする必要もあるそうです。

また、必要な経験を得ようとせず、
知識も独りよがりで偏っていて
他者の意見や考えも受け入れようとせずに膨れ上がらせている万能感は
「幼児的万能感」と言うそうですので、
それを小さくする為には、自分で考え、選択して行動し、
成功や失敗を繰り返す中で
物事の難しさを理解して行く必要があるのだそうです。

子供の頃はみんな、強い万能感を持っています。
それは、親からの愛情があるからだと思いますが、
ある時期を過ぎた辺りから、親も厳しくなり、
思い通りに行かない経験を沢山し、
願いを叶える為には努力が必要である事を学びますが、
親が子供を甘やかして「我慢」などの必要な知識や経験値を与えず、
叱られた経験もほとんどなくて、
なんでも自分の思い通りになると勘違いをさせ、
実際に思い通りになる成功体験ばかりをさせて、
挫折の経験がなかったりすると「幼児的万能感」が膨れ上がりますが、
社会に出たら、突然、思い通りにならなくなったりしますが、
膨れ上がった万能感から他者に頭を下げる事ができず、
うまく行かない精神的なストレスから「依存症」になったり、
「過度な承認欲求」を抱えてしまったりするそうですから注意が必要みたいです。

しかし、犬の中にも、知識も経験値もなく、
独りよがりで、他者の気持ちや考えも読み取ろうとしない
「幼児的万能感」で一杯の子が居たりしますが、
それは、ある意味、飼い主さんが甘やかして必要な知識や経験値を与えず、
叱られた経験もほとんどなくて、
なんでも自分の思い通りになると勘違いをさせ、
実際に思い通りになる成功体験ばかりをさせて、
挫折の経験がなかった・・と言うのも要因ではないかと思いますので、
なんでも自分の思い通りになる・・なって当たり前・・
と勘違いしてオモチャや食べ物に強く執着して、
飼い主さんや他の人や犬に対して攻撃的な行動をしても当たり前・・
と思ってしまわないように、
我慢や挫折を教えてあげたりしつつ、
膨らんだ万能感を小さくしてあげる必要も
あるのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)

最善主義

 2018-06-14
24DSC00408.jpg

仕事をしている上での優先順位ってむずかしいですよね?
仕事の「質」を高めようとすると時間がかかるし、
だからと言って、いいかげんな仕事をしていると
信頼を失ってしまうし・・・
丁寧な仕事を心がける事で上司の信頼や評価を得ているので、
つい、部下や後輩に対しても同じだけの「質」を求めてしまうので、
不満や反感を持たれてしまっている感じもするけれど、、
だからと言って「質」を下げる事で信頼を失うのは怖いし・・

でも、「完璧」を求める事で評価を得られているのなら、
「完璧」を求めるのも悪い事ではないと思います。
ただ、「結果」よりも「プロセス」にこだわり過ぎて
柔軟性を失ってしまっているとしたら、
それはちょっと問題かもしれないそうです。

例えば、みんなでやるべき仕事を
「ミスをされたら嫌だから・・」と、自分1人でやろうとするので、
「ミス」は起きないのかもしれませんが、
他の人たちがその仕事をする機会が減ってしまう為、
その仕事に対する「知識」や「スキル」に大きな差が生まれ、
自分が休みの時に「未熟さ」からのミスが発生してしまったりすると、
休みを返上してまで仕事をしたくなってしまいますし、
そんなミスや失敗を防ぐ為にあれやこれやと指示を出す為、
結果的に「指示待ち人間」を作ってしまったり・・
と、自分の選択や行動がどんな結果を生むか?
と言う事を深く考えないまま、
なんでもかんでも全力で頑張ろうとしてしまう為、
結果的に「大きなミス」を生む要因を作ってしまったり、
自分自身を追い込んでしまったり・・
と言う事もあるのではないかと思います。

この辺りは犬を育てる時にも言えますよね?
犬がミスや失敗をするのが嫌で、
飼い主さんが全部、代わりにやってしまう為、
犬はいつまで経っても成長しない・・・
でも、飼い主さんはその理由が分からないので、、
犬に不平や不満を言いつつも、
「完璧」と言う「結果」を求めて頑張り続けてしまったり

だから「完璧主義」ではなく
「最善主義」で考えるようにしてみるのも良いそうです。

結果も過程も「完璧」を目指す「完璧主義」ではなく、
「最善主義」とは「結果」に焦点を当てつつも、
そこに至るまでの過程は柔軟に考えるようにする・・
その為には
「もし、半分の時間で達成させなければいけないとしたらどうするか?」
「もし、同じ時間で2倍の成果を出す必要があるとしたらどうするか?」
と言う事を問いかけ、作業の優先順位を考えてみるのも良いみたいです。

仕事の内容によっては「質」を落としても仕方が無い部分もあると思います。
それは「効果的妥協」として受け入れて行く部分であり、
「総合的な結果」を一番に考えるのなら、
自分の中の「こだわり」を捨てる勇気も必要だと思います。

勿論、その「こだわり」があるからこそ「結果」を出せていると思いますが、
その反面、精神的、肉体的なストレスや
生き辛さなどを感じる部分もあるかもしれませんので、
「完璧主義」のメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、
優先順位を決め、多少のミスや失敗は許容範囲内として結果を目指して行く
「最善主義」に移行して行くのも良いと思います。

勿論、最初は精神的に辛いと思いますが、
ミスを受け入れる勇気を持つ事で
自分自身に対するプレッシャーは減ると思いますし、
「他者に任せる」と言う事を増やす事は不安だと思いますが、
そこは、マニュアルを作ったり、丁寧に説明するなどして
ミスを最小限に抑える努力をして行くのが良いと思いますし、
そもそも、1人でやろうとしても限度がありますし、
体力的にも長くは続かないと思います。

ーとは言え、「イライラ」「クヨクヨ」「完璧主義」は
本人が分かっていても、なかなか変えられない言う事は多いです。
分かっていても・・
変えようと思っていても・・
いつの間にか、また、元に戻ってしまうのが「思考の習慣」なので、
焦って短期間で変えよう・・とか、変えられると思わずに
完璧主義のデメリットを思い返したり、
手近な所から「最善主義」を取り入れてみたりして、
少しずつ、思考の習慣を変えて行ける「枠組み」を作り、
その中で生活をするようにしてみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

「変えられない事」と「変えられる事」

 2018-06-13
23DSC00351.jpg

職場でミスをして怒られたりしたら誰しもが落ち込むと思います。
それは普通の反応で、逆に怒られても自分のミスを受け入れない・・
誰かのせいにしたり、何かのせいにして
「どうしてミスをしてしまったのか?」と言う事と向き合おうとしなければ、
また、同じようなミスを繰り返してしまうのではないかと思います。

勿論、「ミスをしてしまった」と言う過去は変えられません・・
だから、怒られた事をいつまでも引きずって落ち込んでいても
心や身体は萎縮したままになってしまいますから、
「変えられる事」に焦点を合わせる事で、
クヨクヨした気持ちから抜け出してみるのも良いと思います。

つい、過去を振り返って、
「なんであんな事をしてしまったのだろう?」とか
「あの時にもっとしっかりと確認しておけば」とか
「きっと私はダメ人間だと思われているんだろうな」などと考えてしまいがちですが、
「過去の出来事」も「結果」も「他人の気持ち」も変える事はできません。

変える事ができない事をいくら考えても
クヨクヨした気持ちが膨らむばかりですから
「変えられる事」に意識や思考を持って行くようにしてみる・・
例えば、「ミスをした」と言う「過去の出来事」は変えられませんが
「過去の解釈」は変える事が可能なので、
「ミスをしてしまったけれど、これを教訓にして
 もっと仕事と真剣に向き合おう」とか
「ミスをしてしまったけど、
 会社を辞めさせられるようなミスではなくて良かった。
 不幸中の幸いとして次からは気をつけよう」
などとミスをバネにしてより仕事に対して情熱を向けてみる・・とか、
ミスはしたけれど取り返しのつかないミスではないのだから、
前向きに考えて同じミスを繰り返さない方法を考えよう・・
と言う風に考えてみるも良いと思います。

また、結果は変えられないものの、同じ結果にならないように
原因を追究してミスを減らす事はできると思います。
また、ミスをした事による他人の評価は操作できませんが、
「自分がこれからどうするか?」とか「結果についてどう考えるか?」は
自分で決める事ができますので、
「変えられる事」に焦点を当てて考え、行動してみるのも良いそうです。

「クヨクヨしがちな人」は「変えられない部分」に目が行ってしまっていて、
変えられない過去を思い浮かべては
「ああしておけば」と堂々巡りをしてしまいがちですが、
過去の結果になった要因や原因を考え、それが分かったら、
解決策をセットで考えるようにしてみる・・・
原因が分析できれば解決策も見えてくると思いますので
「どうすれば良かったのか?」
「次、同じ問題が起きた時はどう、対処をすれば良いか?」
「その為にはどこから手を付けていくべきか?」
と解決策も浮かんでくるのではないかと思います。

こうした事は犬と暮らしている時にもあると思いますので、
まずは、「クヨクヨした時」はその気持ちを
ノートに書き出してみるのも良いみたいです。
ノートに書き出すとモヤモヤとしていた
「クヨクヨの理由」がハッキリとしてきますから、
「どうすれば良かったのか?」も見えてくると思います。

人間、生きていれば色々な問題が起きると思います。
ミスや失敗だって人間だからあって当たり前・・
だからこそ、問題が起きた時にどう考え、判断し、行動するか?
が大切になってくるのだと思います。

一番、問題なのは、ミスをした時に
「申し訳ありません。以後、このような事はないように気をつけます」
と凄く丁寧に謝るものの、同じミスをしない為の
具体的な方法を考えられない為にミスを繰り返してしまう・・・
ミスをしても問題と向き合えない・・・成長しない・・
同じ失敗を繰り返す・・と言うのは、あまり良くない状態だと思いますので、
その「思考の習慣」を変える為にも、
「変えられない事」ではなく「変えられる事」に目を向けるようにして、
ミスや失敗をした原因や要因を考え、解決策を模索して行くのが良いと思いますし、
「クヨクヨと考える時間」が減れば
「これから」について考える事もできると思いますので、
そうして少しずつ、思考の習慣を変えて行くようにしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)

継続に「やる気」も「根性」も必要ない

 2018-06-12
21DSC00137.jpg

「自分で決めた事が続けられない」とか
「すぐに挫折をしてしまう」と落ち込む人も多いですが、
「どうして続けられないのか?」と言いますと、
「継続に”やる気”や”根性”は関係が無い」
と言う事を忘れているから・・ではないかと思います。

よく、健康診断の後などに「酒を止めよう」とか
「タバコを止めよう」と一大決心をしたりしますが、
大体、途中で挫折してしまう事は多いと思います。
だから、「やる気だけでは続かない」と言う事を大前提とした
「やる気が無くても努力を継続できる為の工夫」
が必要になってくるのだそうです。

ダイエットなども、最初こそ、一生懸命にやりますが、
段々と飽きてきたりしますので、
最初から「飽きる」と言う事を想定して
色々な手段を用意しておくのも良いそうです。

例えば、「ダイエットをする」と言う目標を立てた時に、
その手段として「ジョギングをする」と決めたとします。
しかし、手段を「ジョギング」に絞ってしまうと雨の日はできませんし、
仕事で疲れている時や時間がない時などは
ジョギングをするだけの時間も体力も無く、
「やりたくない」とか「無理」と言った気持ちが強まって
「やらない言い訳」ばかりを考えてしまうと思います。
だから、「手段」の中に「ヨガ」や「ダンス」を取り入れてみたり、
「ボクササイズ」や「ダンベルトレーニング」など、
様々な運動を取り入れてみるのも良いそうです。

これならば、雨が降って「ジョギング」が無理な日でも続けられますし、
その日の体力や時間にも合わせて選択ができると思います。。
また、「ジョギングに飽きた・・」と言う時も
沢山の選択肢があれば臨機応変に対応ができますし、
何よりも「ダイエットの習慣」を続けられる・・
と言うのが、とても大切だと思います。

また、「手段」に「上下」の概念を用いないにする事も大切みたいです。
勿論、「ジョギング」の方が疲れるので「やった感」が強いですし、
消費カロリーも高いと思います。
でも、だからと言って「ジョギング」よりも「ヨガ」の方が下・・
となってしまうと、「ジョギング」ではなく「ヨガ」を選んだ時に
「自分の中のハードルを越えられなかった」とか
「もう、やってもしょうがない」などと言った「挫折感」が生じて、
折角のダイエットの習慣が終わってしまったりもしますので、
短期で結果を求めるよりも
「身体を動かす」と言った習慣を身に付けられるように考えた方が、
長期的に見ると「太り難い身体」を手に入れる事ができると思いますから
まずは「やり続ける為の仕組み」を考えてみるのも良いと思います。

犬の行動の問題を改善する時も長期的な取り組みが必要だったりしますが、、
やる前から「私は意志が弱い」と言って及び腰な飼い主さんも多いです。
でも、「継続」には「やる気」や「意思」は関係が無く、
「継続をする為の工夫」があれば大丈夫・・となれば
「チャレンジ」にも前向きになれると思いますし、
それは、犬に新しい事を教える時にも言えて、
「犬が協力的では無い」とか「犬にやる気が無い」と言う時も
実はそれは大きな問題では無く、
「犬が新しい習慣を身に付けて行くまでの継続の方法をどう考えていくか?」
が大切だと思いますので、やたら大きな声で叱りつけて
「やる気」を出させようとしたり
根性論ばかりを唱えるようなトレーナーさんよりかは、
犬も飼い主さんも楽しみながら続けられる方法を
考えてくれるようなトレーナーさんを探してみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)

中華街に行く

 2018-06-11
01DSC00893.jpg
「中華街」に行ってきました!

02aDSC00896.jpg
以前から気になっていた「耀盛號」さんへ

02bDSC00899.jpg

03DSC00897.jpg
ここには「ハリネズミまん」が売っているのですが、
一個だけ買おうか?6個入りを買おうか?と悩んだ結果、
「エッグタルト」「ごま団子」「はりねずみまん」が
2個ずつ入っているセットを買ってみました(笑)

04DSC00898.jpg
隣のお店で「フォーチュンクッキー」も売っていましたよ。

06DSC00904.jpg
「暴暴茶」
昔、ジャッキーチェンが缶入り「暴暴茶」のCMをしていましたが、
全く流行しませんでしたね・・(^^;

07DSC00905.jpg
「市場通り」にある「外丸繊維工業」さん
犬用のスカジャンやチャイナ服などを売っていました。

08aDSC00906.jpg
その横で看板犬のはなちゃんが
お客さんを見ないようにして大人しくフセをしていました。

08bハマナビ ヨコハマで涼しい 冷たいお粥_(1).avi_362028695
本当は「清香園」さんに行って・・

08cハマナビ ヨコハマで涼しい 冷たいお粥_(1).avi_781114448
暑いから一日20食限定の
「冷たいお粥」を食べようかと思っていたのですが、
まだ、時期が早かったみたいでメニューには無かったです・・(^^;

09DSC00908.jpg
「雪の氷」さん
カキ氷のお店? 美味しそう!

10DSC00911.jpg
「横浜中華街武器屋 ちんろんたん」さん

11aDSC00913.jpg
鎌倉の大仏さんの前の「山海堂」さんや
「ひのきの棒」が売っている秋葉原の武器屋さんに行きましたが、
まさか、中華街にも武器屋さんがあるとは思いませんでしたね!?(笑)
洋服屋さんの2階に上がってみると武器が沢山、売られていて
「中国系の武器が多いのかな?」と思いきや、
西洋系の武器が多く「勇者の剣」とかも売っていましたよ(笑)
ダミーナイフなども沢山、ありましたので
格闘技の練習用などにも良さそうです。


12DSC00914.jpg
「幸せのパンケーキ」
凄く食べたい!
でも、凄い混んでました!?(^^;

13DSC00916.jpg

14DSC00011.jpg
ーと言う事で、「耀盛號」さんで購入した・・

15DSC00036.jpg
「ごま団子」

16DSC00038.jpg
「エッグタルト」

17DSC00023.jpg
「はりねずみまん」

18DSC00030.jpg
カワイイ!
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫