一定の時間間隔でおやつを与える

 2017-10-17
06DSC00621.jpg

ある状況において行動を起こした結果、
良い事が起きたり、嫌な事が無くなった場合、
その行動をする頻度は高まり、
逆に良い事が無くなったり、嫌な事が起きたりすると、
その行動をする頻度は下がっていく・・
と言うのが「行動随伴性」だそうですが、
面白いのは「青信号だから信号を渡る」では無く、
「青信号で信号を渡ったら安全に渡れたから
 次の機会も青信号で渡ろうと思う」と言う事だそうです。

人間はつい、目の前で起きている事だけで
物事を見て判断してしまいがちですが、
「怒りっぽい」と言う人は、
直前に起きた事に対して怒っているだけではなく、
それ以前の過去のできごとにおいて、
怒る事で良い結果になるケースが多かった為、
「怒る」と言う行動をする頻度が高まっているのであり、
逆に「自分の気持ちを押し殺す」と言う人は、
直前の出来事に対して「気持ちを押し殺している」と言うよりも
これまでの経験において「気持ちを押し殺す」と言う行動をした事で
良い結果になっていたり、嫌な事がなくなってきた為に、
「自分の気持ちを押し殺す」と言う行動を自然としてしまっている・・
と言う事は多いみたいです。

そんな感じで、行動に対する結果が
次の行動の選択に影響を与えている事は多いのですが、
行動をしなくても次の行動の選択に影響を与える事ができるのが
「FTスケジュール(Fixed Time schedule、定時スケジュール)」
だそうです。

「FTスケジュール」とは、行動とは無関係に
一定の時間間隔で「メリット」を出現させる事だそうです。
行動をしていないにも関らず、
その後の行動に影響を与える事ができる・・
と言うのはとても不思議ですが、
例えば、犬を見ると吠えてしまったり、
過剰な反応を見せてしまう犬に対し、
公園に連れて行って遠くから犬を見させつつ、
2~3秒に一回、おやつを食べさせる・・
と言うようなサポートも「FTスケジュール」にあたるそうです。

犬嫌いの犬に「犬慣れ」をさせる為の方法として
結構、使われている方法なのですが、
飼い主さんの中にはそんな方法なんて知らないし、
その意味も分からない・・と言う方も多いのではないかと思います。

なんで、犬が何もしていないのに
おやつを次々と食べさせるのか?と言いますと、
一定間隔でおやつを与える事で
「その場所に居ると良い事が起きる」と言う印象を与え、
外に対する恐怖心や犬に対する苦手意識を和らげる為なのです。

例えば、人間でも公園に出かけてベンチに座っていたら、
5分おきにキレイな噴水が上がった・・とか、
10分おきにイケメンが目の前を通って行った・・
などの経験をすれば、特に何かをしたわけでもないのに
また、その公園に行きたいと思うようになると思いますから、
外が怖くて、犬を見ると不安になってしまう犬も
公園に行って犬を見ていたら次々と良い事が起きたので、
次もまた、公園に行ってみても良いかな?
と、思ってくれるようになる・・・

最初に書いた「行動随伴性」で言うと、
犬の行動とは無関係にメリットが出現しているみたいですが、
全体的に考えてみると「公園に行って苦手な犬を見る」
と言う行動をした時だけメリットがある・・となりますので、
やはり、メリットの出現によって、
犬のその後の行動が強化されていると言えるのだそうです。

ドッグカフェやドッグランに行くと自分の犬が固まってしまう・・とか、
飼い主さんの後ろに隠れて何も行動しなくなる・・と言う場合、
「褒めて伸ばす」が使えないと困っている飼い主さんも多いかと思いますが、
そう言う時こそ「FTスケジュール」を用いて、
一定間隔でオヤツを与え、
その場を良いイメージに変えてあげられるように
サポートをしてみるのも良いのではないかと思います。

ーとは言え、苦手な犬が近くに居過ぎるなど、
メリット以上のデメリットがある場合は
「FTスケジュール」も意味を成しませんので、
ドッグカフェなら人も犬も少ない席から・・
ドッグランはオヤツを使えないケースも多いので、
ドッグランの外から犬を眺めさせつつ、
一定間隔でおやつを与えてみてから帰る・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

不安に対して違う角度からアプローチをする

 2017-10-16
DSC00584.jpg

外出をした後、「あれ、家の鍵をかけたかな?」と、
何度も家に戻って確認をしてしまう事はあったりしますが、
実際に鍵をかけ忘れていたりすると
「無駄な心配ではなかった・・」と思えるものの、
「なんがか手が汚れているような気がする・・」と、
何度も何度も手を洗ってしまうとなると
、ちょっと注意が必要かもしれません?

犬を育てている時も
お散歩中、自分の犬が吠えるのではないか?と言う「不安」から、
犬が吠える前から抱き上げたり、
指示や命令をして犬の吠えを止めようとしてしまったりと、
嫌な事が起きないようにする為の行動を
してしまう事もあるのではないかと思います。

まぁ、本当に犬が吠えてしまう事があるのなら、
犬をムダに吠えさせない・・と言う練習の為にも必要だとは思いますが、
「誰かが何かを言ってくるような気がして・・」と言う理由から、
不安を取り除くような行動をしてしまうとしたら、
少し自分の行動を振り返ってみるのも良いのではないかと思います。

実際に自分の手が汚れているわけでもないのに
自分の手が汚れているような気がして何度も何度も手を洗ってしまう・・
とか、誰かに何かを言われたわけでもないのに、
誰かに何かを言われるような気がして、
犬の行動を制御してしまう・・と言うのは、
「実態がよく分からない不安」です。

「実態がよく分からない不安」に対し、
不安を取り除く為の行動をする事で
不安が取りのぞかれたような気がしてしまうと、
その行動に対してメリットを感じてしまいますから、
その行動をする頻度は
ドンドンと強まってしまう事は多いそうです。

実態がある不安ならば不安を取り除く行動をする事で、
しばらくの間、安心感を得る事ができますが、
実態のない不安に対しては、
不安が取りのぞかれたような気がしているだけなので、
また、すぐに不安が襲ってきて、
それを取り除く為の行動をしなくてはならなくなる・・

そして、もし、それが、犬に対する指示や命令と言う形だった場合、
犬は指示や命令ばかりをされる事となり、
あっと言う間に飼い主さんの言う事に対して
聞く耳を失ってしまいますから、
「実態がよく分からない不安」に対しては、
「不安」に焦点をあてるよりも、
避けてきた活動の遂行や行動の結果に目を向けて、
現実的な取り組みをした方が良いそうです。

例えば、自分と自分の犬に対し、
誰かが何かを言ってくるような気がしてしまう・・
と言う場合、これまでは、
なるべく人が少ない時間帯にお散歩に行ったり、
「そんな事を心配してはダメ」と、
自分に言い聞かせていたとしたら、
そうではなく、犬友達を作ってみたり、
知らない人とご挨拶をしてみたり・・
と、不安を感じる状況から逃げずに
これまでとは違った行動をして見る事で、
結果として「不安を下げる」事が
できるかもしれないそうです。

不安に直面した時、ついつい、不安から目をそらしたり、
不安な状況にならないようにコントロールしようと
してしまいがちですが、
不安からいつも逃げたり、避けたりばかりしていると、
結果として、それなりに大きな代償を
支払わなくなる事はあるそうですし、
それは、1人の人間の人生を大きく変えてしまう程の
代償である場合もあるそうですから、
不安に対して、逃げたり、避けたりするばかりではなく、
違う角度からアプローチをしてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

嫌な事がなくなる

 2017-10-15
DSC00074_20171017125716077.jpg

一時預かり中のシーズ&ダックスちゃん。
ウチに来てから丸一日、「ハウスから出てこない」を
していましたが・・・
b02.gif
その行動の結果、嫌な事はしなくて済むものの、
何も良い事が起きない事も分かったのか、
次の日の朝になったら出てきたので良かったです。

「ごはんを食べない」は二日ぐらいやっていましたが・・
a02.gif
こちらもその行動をしても良い事が起きないし、
お腹も空いてきたので、3日目の朝には食べだしたので、
まぁ、その程度なんだな・・と、
逆に「そこまで曲がっている子ではなかった」と安心しました。

「ハウスから出てこない」とか
「ごはんを食べない」などの犬の行動を見る時に、
ついつい、自分の気持ちや考えを乗せてしまう事はありますし、
それが犬の気持ちや考えに沿っていれば良いのですが、
中には自分の不安を乗せてしまう事で
問題を悪化させてしまうケースもありますので注意が必要です。

「ハウスから出てこない」とか「ごはんを食べない」と言うのも
病気ではないのなら、その行動に対して
何かしらのメリットを期待しているからその行動を行う事は多いです。

b01.gif
a01_20171017125935074.gif

それが、飼い主さんからの注目を集める事だったり、
もっと良いゴハンが出てくる事だったり、
飼い主さん自身を動かす事だったり・・
と、その子によって目的は違いますが、
その行動に対して、飼い主さんが何らかのメリットを与えてしまうと、
今後もその行動を続けさせてしまいますから注意が必要ですが、
意外と犬の行動の変化を待つ前に飼い主さんの方が
先にギブアップしてしまう事は多いです。

「犬がごはんを食べない・・」と言うのも、
最初は気軽に考えていたものの、
2~3日となると心配になってきてしまうと思います。
ーとは言え、犬が本当に何も食べていないのか?と言うと、
実際はフードを1口、2口は食べていたりする事は多いですし、
オヤツやトッピングなどは普通に食べていたりするので、
そのせいで普通のフードを食べない・・
と言う事もあるのではないかと思いますが、
それでも犬が少しでもごはんを食べてくれれば
「良い事が起きた」と言う嬉しさと共に
飼い主さんの中の不安が解消される・・
「嫌な事が無くなった」となるので
「ごはんだけでも食べられるようにしなければ」
と思いつつも、自分の中の不安や心配を解消する為に
「なんでも良いから食べて」となってしまい、
結果、ますます、食べず嫌いを強めてしまう・・
と言う事もあるのではないかと思います。
c01.gif
c02.gif

「嫌な事がなくなる」と言うのは、
その行動をする頻度を高める要素となりますが、
問題自体を無くす為の行動ではなく、
その行動をすると不安が取り除かれるからその行動をする・・
となると、その行動はマイナスを0に戻す作業なので
解決には至らず、不安を取り除こうとする行動だけが強化されて行く・・
と言う事もあるみたいですから注意が必要だそうです。

犬の行動を変える為に、犬の行動に対する結果に介入する・・
その行動をして欲しくないのなら、
「その行動をしても何も良い結果がない」と言う風に持って行き、
その行動をして欲しいのなら、
「その行動をした後に良い結果になる」と言う風に介入する・・
ただ、それだけの事なのですが、
人間側の「先入観」や「固定観念」・・
「不安」や「怒り」などが入ってくると、、
犬のして欲しくない行動を後押しするような介入の仕方をしたり、
犬のして欲しい行動に対して何もしなかったり・・
と言う事が起きたりするのです。

嫌な事が起きないように備えたい・・
不安を取り除きたい・・
と言う気持ちは誰にでもありますが、
そうして「嫌な事」や「不安」ばかりを考えて生きるよりは、
「良い事が起きた」とか「成功した」と言う事に目を向け、
そこに価値を置くようにしてみるのも良いそうです。
嫌な事が起きた中から
「どうしてそうなったのか?」とか
「次はどうしたら良いか?」など、
「学び」を見つけるようにしてみたり、
その為にも、物事を客観的に見るようにしてみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

深層心理よりも行動で得られるものを考える

 2017-10-14
DSC00047.jpg

犬の一時預かりをすると、
「扉を開けてもハウスから出てこない」とか
「ごはんをあげても食べない」
と言った行動を見せる犬も多いです。

そうした行動を見たり、話を聞いたりすると、
「人間を怖がって出てこないんだな」とか
「不安で食欲も無いんだな・・」など、
その犬のこれまでの暮らしを想像して
悲しくなってしまう事もあるかと思いますが、
その犬のそうした行動を「どうにかしたい」と思うのならば、
「犬の気持ちを理解する事」を目的とするのではなく、
「行動を変える事」を目的とする事が
大切になってくるそうです。

勿論、犬の気持ちを考えて共感する事も必要です。
でも、本当に大切な事は「過去に何があったか?」よりも
「これからどうするか?」を一緒に考えてあげる事ではないかと思います。

まぁ、問題を抱えて悩んでいる犬に対し
「どうにかしてあげたい・・」とは思うものの、
「解決策が思いつかない・・」
「どうしたら良いのかがわからない・・」と言う理由で、
せめて、犬の気持ちを理解してあげよう・・
ストレスを和らげてあげよう・・と、
色々な事をしてあげてしまう事はあるかと思いますが、、
きをつけなければならないのは、
その問題は犬に原因があるのではなく、
「環境に問題がある」と言う事だそうです。

つまり、そうして飼い主さんが犬が積極的に行動をしなくても
「可哀想、可哀想」と代わりに色々とやってあげてしまったりするのも、
犬が積極的に行動をしない原因となっている事もありますので
犬の「気持ち」を理解しようとするよりも、
その犬の行動によって犬がどんなメリットを感じているか?
あるいは、飼い主さん自身の行動によって
犬の心や考え方にどんな影響を与えているか?
と考えてみる事が大切ではないかと思います。

「ハウスから出てこない」とか
「ごはんを食べない」と言うのも、
飼い主さんとしては、つい、色々と理由を考えて
「可哀想」となってしまったり、
「辛かったろうね」と泣き出してしまう事もあるかもしれませんが、
その行動にも、犬なりの「メリット」があってやっているのですから、
まずは、その「メリット」を考えてあげるのが良いと思います。

「ハウスから出てこない」と言うのは、
ハウスから出ない事によって、
「外に出ると嫌な事が起こるかもしれない」と言う
不安を消す事ができるからだと思います。
まぁ、そう思うからこそ、早く安心をさせたいと、
ハウスの前で笑顔で「大丈夫だよ」と
話しかけたりすると思いますが、
そもそも、新しい環境で知らない人から「大丈夫だよ」と言われても、
海外で見ず知らずの人から「大丈夫だよ」と言われて
誘われているようなものですからすぐには信用できないと思いますし、、
美味しそうなゴハンを見ても反応しないのは強い警戒心があるか・・
あるいは、ごはんを食べ無い事によって、
もっと美味しいゴハンが出てきていた・・など、
ごはんを食べ無い事に強いメリットを感じていた可能性がありますから、
犬の健康状態が良くて特に病気でもないのなら、
まずは、放っておく・・と言うのも良いと思います。

実際、警戒心の強い犬でも1~2日も放っておくと、
安心感を得るのか、ハウスの中が飽きてくるのか、
自分から出てくる事は多いですし、
ごはんもお腹が空けば、文句を言わずに食べますので、
犬の行動を変えたいのならば、
犬の気持ちを想像して、泣いたり、悲しんであげるよりも、
犬の行動を変える為にはどうすれば良いか?と
考えてあげるのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

不登校のメリット

 2017-10-13
05DSC00386.jpg

自分の周りにも不登校の子供は多いです。
最近でも、中学時代、不登校気味だったものの
高校入試はテストの点数のみで判断されるので、
結構、良い高校に入学ができたものの、
高校にも週に1~2日しか行かず、
部活も試合の日に遅刻をするなどして不登校が続いている・・
と言う話を聞きました。

母親も中学まではうるさく言っていたものの、
高校に入ってからは言うのを止めてしまった為、
家では通信ゲームをして過ごしているそうです。

不登校の問題は「閉塞感のある社会」とか
「管理教育の悪影響」などと言われる事が多いですし、
医師やスクールカウンセラーに相談すると、
「愛情不足なのでわがままとは思わずに
 子供の要求に応えてあげて」とか
「まずは、親子関係の修復が必要です」などと言われて、
本当に何もやらなかったり、
子供の召使いのようになってしまっている親も沢山、居るそうです。

勿論、「愛情不足」や「愛情のはき違い」を注意し、
子供が本当に求めている愛情を与えてあげるようにしたり、
「親子関係の修復」をする事も大切かもしれませんが、
だからと言って、子供の要求をなんでもかんでも叶えてあげて、
問題を先延ばしにするような対応は、
ちょっと違うのではないかと思います。

特に学校に行かない理由を「社会」や「教育」のせいにするのは、
結果にそれっぽい理由をつけただけで、
「じゃあ、これから具体的に何をすれば?」が見えてきませんし、
子供の一つひとつの行動を「行動随伴性」で見ようとしないのは、、
アドバイザーとしては問題かもしれないみたいそうです。

親は子供が学校に行かないと、
「学校に行かせよう、行かせよう」としてしまいますが、
逆に「家で何をしているか?」に注目する事が重要だそうです。

多くの場合、昼ぐらいに起きてきてごはんを食べ、
その後は自分の部屋でゲームをしたり、マンガを読んだり・・
母親が「ゲームばかりしていたらダメでしょう」などと言おうものなら、
子供が暴言を吐くので、母親はカウンセラーの言葉を思い出し、
「親子関係の安定」の為にそれ以上、言うのを止めてしまうそうです。
母親は少しでも外に連れ出そうと買い物に誘うと
面倒くさそうにしてついてきたので車で買い物に行き、
「お昼はハンバーガーが食べたい」と言うので、
マックに寄って食事をする・・など、
不登校の子供の要求に対して親が従うと言うのはよくある事なのだそうです。

こうした日常を見て、
「少しでも親子のかかわりがあるのなら良いではないか」
と言う人も居るかもしれませんが、
子供の行動を「行動前」「行動」「行動後」のメリットorデメリットで見て行くと、

「ゲームなし(行動前)→ゲーム開始(行動)→ゲームアリ(行動後)」「楽しい」

「うるさい母親(行動前)→暴言を吐く(行動)
 →母親が引き下がる(行動後)」「嫌な事がなくなる」

「空腹(行動前)→ハンバーガーを要求(行動)
 →ハンバーガーを食べる(行動後)」「美味しい」

ーと、学校よりも家庭で過ごす方が多くのメリットが得られるので、
学校に行かずに家庭で過ごす・・と言う行動が強化されてしまっているのです。
それでも、学校に行かずに一人ぼっちなのは寂しいだろう・・と思うと、
今はインターネットを用いたゲームの通信対戦で
家に居ながら友達と楽しく会話をしながらゲームができる・・
となれば、このまま、様子を見続けたとしても改善の見込みは無い・・
と言って良いのではないかと思います。

その後、その事実を知った下の二人のきょうだいも「ずるい」となり、
3人とも学校に行かなくなってしまった所で
母親が違う所に相談をしに行ったそうですが、
そこで言われた、
「この家庭のそもそもの問題は、
 本来なら、学校に通える事が「うらやましい」となり、
 家で過ごさないのは「可哀想」とならなければいけない所を
 家でのんびりと過ごしている長男の方がメリットが多くあり、
 学校に行っている子供達から「ずるい」と
 言わせてしまう環境」が問題なのだそうです。

しかし、それは、それまで相談に行った所で、
「どの子に対しても、分け隔てなく受け止めてあげて」
としか言われなかったからだそうです。
勿論、子供に対し、分け隔てなく愛情を注ぐのは大切ですが、
でも、それは大前提であり、与える愛情に差をつけない
と言う事であって、対応はその子によって変えた方が良いそうです。

その後、下の二人のきょうだいに対しては、
週に4日、学校に行けたら週末に母親と
ファミリーレストランかハンバーガーに行くと言うルールを設け、
長男に対しては、週に一度でも保健室登校でもできれば、
母親とファミレスかハンバーガーに行く・・としたそうです。

結果、下の二人は学校に行き、長男は学校に行かなかった為、
下の二人とだけでハンバーガーを食べに行ったそうですが、
それに対して長男はぶんむくれ・・
でも、ルールを変えない事で長男の方が変わり、
次の週には長男も学校に行ったので、
その週末は3人でファミレスで食事をする事ができたそうです。

母親は、これまで「きょうだい、分け隔てなく」
としか言われなかったそうで、
この教えには驚きを感じたそうですが、、

「行動の結果に応じて、きょうだいに歴然とした差をつけること」
「目標はそれぞれの子供のスモールステップなので、
 きょうだい間で「ずるい」とか「甘い」などとは言わせない」
「ファミレスやハンバーガーは、どんなことがあっても普段は行かない」

と言うルールを守っただけで、
すぐに結果に結びついた事はとても嬉しかったそうです。

犬の多頭飼いでも問題の多い犬にばかり世話を焼き、
犬が吠えると満足感を与えて黙らせようとするなど、、
沢山の愛情をみんな平等に・・分け隔てなく与えた結果、
一番、問題がある子の真似を他の子もしだしたり、
問題のある子とは違う問題を起こしたり・・と、
良い子の良い行動を褒めず、
問題行動の子のケアやサポートばかりをしていた為に、
良い行動をするよりも悪い行動をした方がメリットがある・・
となって、みんなが問題行動をするようになった・・
と言う話はよくありますので注意が必要です。

犬の行動の問題と言うと、
「ペットショップで売られていた子だから」とか
「他の犬の悪影響を受けて」など、
それっぽい理由や原因を当てはめて何も行動に移さない・・
と言う事もあったりしますが、
実際は「なるべくして問題行動を起こしている」
と言えるのではないかと思います。

「どの犬も分け隔てなく・・」と言う言葉はステキですし、
飼い主さんも犬の行動に対して、
自分の行動や考えを変えなくて良いので楽かもしれませんが、
そうではなく、
「行動の結果に応じて、犬達の間に歴然とした差をつける」
「目標はそれぞれの犬の理解度に合わせてスモールステップで教える」
「メリットはルールに沿って与え、
 それ以外はどんなことがあっても与えない」
など、犬の行動の変化を望むのなら、
まずは飼い主さんが自分自身の行動や考え方を
変えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫