自分の中の人間関係

 2017-06-28
04P1070864.jpg

職場に行くと、色々な人間が居ます。
率先して人の嫌がる仕事をする人も居れば、
責任がかかるような仕事を回避し、
なるべく当たり障りの無い仕事だけをして時間を潰す・・
と言う人も居ます。

中には真面目過ぎて一つの仕事に時間をかけ過ぎてしまったり、
他者とトラブルを起こしてしまう為、
責任のある仕事を与えられない・・と言う人も居たりしますが、
重要な仕事ほど人間関係は複雑になりますから、
「仕事上の人間関係で悩んでいる・・」と言う事は、
「重要な仕事を与えられている」と考えてみるのも良いそうです。

精神的には楽だけど他者から期待されない仕事をするか?
大変だけど他者から期待されながら頑張るか?

勿論、他者からの期待を受けながら頑張り続けるのは大変ですが、
期待されない仕事と言うのは楽ではあるものの、
色々と責任感のある仕事をこなす人達の中で
自分だけが取り残されているような感じになってしまったり、
そうした劣等感から「自分も大変なんだ」とアピールして
逆に反感をかってしまったりする事もあるそうです。

また、そんな風に「他者との対立」を避けていると、
自分の心の中・・内側での対立が生まれてしまう事もあるそうです。

「人間関係」と言うのは「人と人」だけではなく、
自分の中の相反する気持ちや考え方の中にもあり、
「自分との人間関係」も存在するのだそうです。

だから、一人の時でも悩むし、落ち込む事はある・・
勿論、その悩みも他者との関係性についてだったりする事も多いのですが、
そこで、悩み、苦しみ、迷うのは、自分の中の自分が
他者とのコミュニケーションについて、
「そうではない」とか「こうした方が良いんじゃない?」
と言ってくるからかもしれないそうです。

他者との関係性だけでも大変なのに、
自分の中の人間関係でも悩まなければならないなんて・・
と思いますが、そうして自分の中で悩むから、
対人関係の悩みにも解決のヒントが見つかる可能性があると思います。

「自分が絶対」なんて思っている人は
自分の中に葛藤は生まれませんが、
自分の気持ちや考えを押し通そうとするばかりで
他者の気持ちを考える事ができないと思いますからね。

多くの場合、責任感のある仕事をこなしながら、
時々、簡単な仕事をして休憩する・・と言う感じかもしれませんが、
他者の期待に応えようと頑張り過ぎてしまうのも
他者に期待されるのが嫌で回避し続けるのも
他者との距離感が苦手だからかもしれませんので、
まずは、自分の気持ちを見つめ、
「自分はどうしたいか?」を考えてみるのも良いと思います。

犬を育てる時も同じで、まずは、自分の中で
「この子とどう言う暮らしがしたいか?」
「どう言う子に育てたいか?」を見つめてみるのも良いと思います。
そして、犬を変えようとするのではなく、
自分を変えるようにしてみる・・
「何回、教えても覚えない」とか
「いくら叱っても、分かろうとしない」と嘆く前に
何回、教えても覚えられないような教え方しかできていない・・
犬が分かるような伝え方ができていない・・
と考えるようにしてみるのも良いと思います。

犬が気持ちを切り替えてくれるかどうか?は犬の気持ち次第ですが、
「伝え方を変えよう」とか「分かりやすく教えてあげよう」と
言うのは、今、すぐにでもできる事です。
勿論、すぐに上手くは行かないと思いますが、
そう言う時でも諦めず、
犬の反応を見ながら自分の教え方を変えてみたり、伝え方を工夫してみるなど、
相手の反応を見ながら自分の関り方を変え、
自分の関り方の変化に対する犬の反応の様子を見たり・・
と、そうした事を続けて行くうちに
犬との適切な距離感も分かるようになると思いますので、
他者との距離感を考える為にまず、自分の中で色々と考えてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

本当の自分を知られたくない

 2017-06-27
03DSC00757.jpg

他者とのトラブルを避けよう・・
誰からも気に入られよう・・とするあまり、
誰にでも良い顔をして、
「あっちではああ言ってたのに
 こっちではこんな事を言っていた」と、
逆に信用を落としてしまう事もあるのではないかと思います。

俗に言う「八方美人」と言うヤツですが、
八方美人の人と仕事をすると、
もめごとは少ないものの仕事が深まらない・・
と言う欠点があるそうです。

仕事の内容を深める為には、
ただ単に他者に合わせていれば良い・・
と言うものではなく、ある程度の摩擦は必要だそうです。

しかし、大きな目標がある場合は、
ささいな事でもめている場合ではありませんので、
人と人との仲介役になったり、接着剤になったり・・と、
素晴らしい存在になりますので、
何事も良い面と悪い面がある・・と考えるのが良いそうです。

しかし、職場では「タテの関係」と「ヨコの関係」があり、
タテを重視すると、仲間から疎まれ、
ヨコを重視すると、上司から目をつけられたり・・と、
誰にでも好かれるのは難しいですし、
そうした時にうまく立ち回れない自分自身を責めてばかりいると
精神的に病んでしまう事もありますから注意が必要だそうです。

また、八方美人にありがちの
「他者に頼まれると嫌だと言えない・・」と言うのは
「良い格好を見せたい」と言う「見栄」から来ている事も多いのだそうです。

相手が持つ自分のイメージを自分の言動によってコントロールしたい・・
相手を「騙そう」としている部分もあるのかもしれませんが、
「自分の事を良く見せたい」と言う欲求はみんな持っていて、
特に自分にとってメリットのある人や
自分よりも高い地位にいる人との関係では、
より顕著に見られる傾向があるそうです。

しかし、強い「見栄」は「こう見られたい」と言う欲求と
「本当の自分は見られたくない」と言う不安から来ていて、
その二つの感情がもつれ合い、
他者から好かれたい・・でも本心を見せたくない・・と、
本来の自分を隠し、見栄を張って格好を付けて、
人によく見られようと頑張ってしまうのだと思いますが、
そうして、頑張った事で他者から好かれたとしても
それでは、「本当の自分を知られたら・・」
と言う恐怖を持ち続ける事になりますし、
結果、他者を信用できず、信用もしてもらえない・・
としたら寂しいと思いますので、
「ありのままの自分」を見せるようにしてみるのも
良いのではないかと思います。

これは、犬を育てる時にも言えて、
犬の為に「良い飼い主」を演じて頑張ってはいるけれど、
それは「良い飼い主」を演じているだけであって、
犬に対しても本心を見せる事はない・・

怒りたくなっても・・叱りたくなっても我慢をして、
犬を責めるよりも自分を責めてしまう・・
その結果、犬と対立や摩擦が起きる事はありませんが、
深い信頼や信用を得る事ができない場合もありますから、
本心をぶつけ、犬との対立や摩擦に怯えず、
しっかりと自分の意見を伝え、犬の気持ちを思いやりつつ、
お互いにとって、本当に暮らしやすい生活とは?
と言う事を考えてみるのも良いのでは無いかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

外見よりも内面を育てる

 2017-06-26
02DSC00442.jpg

「犬の心を育てる」と言う育て方をはじめたばかりの頃は、
ついつい、犬が分かったか?分からないか?
できたか?できないか?で判断してしまい、
「前回よりも飼い主さんの顔を見るようになりましたね!」など、
成長している部分をお伝えしたとしても、
「まだまだ、犬を見ると吠えてしまうのです」とか
「でも、私の声を無視する時があるんです」と、
「できていない部分」ばかりを見てしまって
できている部分を認められない事も多かったりします。

今の犬の成長を「こうであるべき」と言う
理想と比べて「まだまだ」と認める事ができなければ、
犬は頑張っても褒められませんし、、
飼い主さん自身も「まだまだ・・」と、
自分の頑張りを認める事ができませんから、
表情は硬くなってしまい「犬の心を育てたい・・」と思っていても、
犬の心は萎縮したままになってしまう事もありますから、
まずは、今の自分自身を受け入れてみるのも良いと思います。

今の自分の立ち位置が分かれば、
成長の度合いも分かりやすくなりますし、
少しの成長でも喜べるようになると思うのですが、
どうしても他者に対して「良い格好がしたい」とか
「他者よりも優れていたい」と言う邪念が入ると、、
その基準に満たない自分と自分の犬を認める事ができませんし、
成長を喜ぶ気持ちもがあったとしても、
「この程度で自分と自分の犬の事を褒めていたら笑われるかも?」と、
つい、自分の中の「嬉しい気持ち」を知られないように・・と、
誤魔化してしまう部分もあるのではないかと思います。

自分の気持ちを隠したくなる中には
他者への不信感もあるかもしれません?
他者への不信感があるから
自分の中の「不安」や「喜び」を他者に打ち明ける事ができず、
他の飼い主さんと同じようにならなければ・・と、
頑張りすぎてしまうのかもしれませんが、
犬同士のトラブルは飼い主さん同士の
コミュニケーション不足から来ている事も多いのです。

相手の飼い主さんが犬を近づけてくる前に一言、
「うちの子、犬が苦手なので」と言ったり、
「こんにちは」と笑顔で話しかける事で
犬同士のトラブルの多くは未然に防げると思いますので、
犬の心を育てる為にも、まずは飼い主さんが変な虚勢や虚栄を張らず、
素直な心で他者と接するようにしてみるのも良いと思います。

「他者から凄いと言われたい」とか、
「憧れられるような存在になりたい」など、
外見ばかりを重視したトレーニングを続けた結果、
犬の心が曇ってしまって、関係性が悪化してしまう事も多いですから、
外見よりも内面を磨くようにしてみる事で犬の表情も良くなり、
楽しく、穏やかで優しい子になって、
逆に色々な問題も解決して行くのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「優越感」も「劣等感」も・・

 2017-06-25
01DSC00595.jpg

職場の時給が上がったのは凄く嬉しい事なのですが、
問題は長く働いている人と
一年未満の人の時給が同じになってしまった事なのです。

個人的には給料が下がったわけではないし、
上がったのだからそれで良いと思うのですが、
同じように長く働いている人の中には
「それはおかしい」と上司に直談判をしに行く人も居たり・・・

勿論、会社全体の決定なので、
上司にもそんな権限はないのですが、
長く働いているので知識や経験、人望もあり、
自分の仕事や役割に自信を持っていて、
職場でも自分は必要とされている・・と思っていた所に
「後輩と同じ給料」と言う扱いをされては
自分の価値に自信を失ってしまうし、
「コレまで自分は安い給料で働いてきたのに・・」など、
怒りや悲しみ、妬みや羨ましい・・
などと言った感情に流されてしまう事もあると思います。

では、どうして「羨ましい」とか「妬ましい」と言った気持ちが生じるのか?と言いますと、
それは「他者と比較するから」だそうです。

「自分は自分」と思っていれば、
そこまで「羨望」の気持ちは湧いてきませんが、
そうした気持ちが強い人は、
上を見ては「劣等感」を感じ、
下を見ては「優越感」を感じてしまう・・
自分自身は何も変わらないのに、
上を見たり、下を見たりする事で一喜一憂していると言うのは、
自分の気持ちは「環境」によって左右されてしまっている・・
と言う事になってしまいます。

「他者に勝っている」と言う「優越感」を持てたとしても、
環境が変われば簡単に「劣等感」になってしまい、
安心することができない・・
だから、他者との比較によって自分を・・他者を評価する事に
こだわらない方が良いのだそうです。

では、その為にはどうしたら良いか?と言いますと、
他者では無く「過去の自分」と比較するようにしてみる・・
「過去の自分」と比べて
「現在の自分」はどのくらい成長しているか?で考えてみるようにする。

職場での仕事も他者と比較をするのではなく、
自分を変え、高める為に取り組んでみると、
「昨日はこのぐらいの時間で仕事を終わらせられたから、
 今日はもう少し早く仕事を終わらせられるようにしてみよう!」
など、自分の気持ちが環境によって左右される事がなくなりますし、
目標を数値化する事で成長が認識しやすくなり、
頑張ろうと言う気持ちも高まるのではないかと思います。

しかし、自分に対して「妄信」や「過信」があると、
そうした事も難しくなってしまうのだそうです。
「自分はできる人間だ」と言う思い上がりがあると、
自分の枠の中で仕事をこなそうとして、
逆に自分の成長にストップをかけてしまったり・・
そして、自分の成長にストップがかかってしまうと、
周囲の人間の成長に目が行ってしまって
「比較」の気持ちが生まれしまいますし、
「過信」や「思い上がり」が自分の成長を止めてしまっているにも関らず、
「会社が自分の才能を認めようとしない・・」
などと思ってしまう事もありますから、
比較は過去の自分とするようにして、
少しでも良いから「昨日の自分よりも上に行く」と言った気持ちで
仕事を取り組み続けて行くのが良いのではないかと思います。

そうして、昨日の自分よりも伸びている・・
「成長」を感じたのなら「まだまだ・・」などとは思わずに
「自分を認める」と言う訓練をしてみるのも良いそうです。

「承認欲求」が強すぎるのは問題ですが、
仕事とは「誰かに認めて貰う為」に行うものだそうです。
特に商売などはお客さんに認めて貰わなければ成り立ちませんから、
自分をアピールする必要もあると思いますが、
自分に自信がなければ、それも無理な話になってしまいます。

そして、それは、犬との暮らしにも必要になってくる事だと思います。
他の飼い主さんと比べて、自分の方が上だとか下だとか、
優れているとか劣っている・・なんて言うのは、
環境次第・・もっと言うと、自分の気持ち次第なのです。
だから、昨日の自分と比べ、
少しでも今日の自分が成長できるように努力する事が大切ですが、
そう言うと、昨日より1cm成長していたのしても、
「10cm伸びなければ意味が無い」と、
「こうであるべき」が邪魔して自分自身を認める事ができず、
結果、「劣等感」をいつまでも感じ続けて、
お散歩に行く時も人目を避けてしまう・・など、
色々な事に対して消極的になってしまう事もありますから
まずは「ありのまま」の自分を認め、
ほんの少しの成長でも自分を肯定して行く事が大切ですし、
そうした事を続けて行けば、積もり積もって一年後・・
大きな変化につながって行くと思いますので、
まずは「ありのままの自分」を受け入れてみるのが良いのではないかと思います。
なぜなら「比較」が無ければ
「優越感」や「劣等感」に振り回される事もないですからね! (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

目指すべき「目標」を前に

 2017-06-24
13DSC00430.jpg

「仕事ができる人」を大きく分けると
「作業ができる人」と「人間関係がうまい人」の
二つのタイプとなるそうです。

あなたが頼まれた仕事をどんなに早く、正確にできたとしても、
あなたの周りに居る人との関係性が悪くて協力関係が整わず、
全体的な仕事のペースが遅れてしまっているとしたら、
「作業ができる人」と言う個人的な評価は貰えるものの、
結局、仕事ができないチームの一人として扱われてしまう事も
多いのではないかと思います。

また、「対人関係の問題」と言っても種類があり、
相手との会話の中で意見がぶつかりあう事と、
「きっとアイツはこう思っているハズ」とか
「自分の意見なんか言っても・・」など、
自分勝手な「妄想」を膨らませてしまう事で
コミュニケーション自体に踏み込めず、
良好な対人関係を築けない・・と言う問題があるそうです。

まぁ、相手の会話の中で意見がぶつかるのなら、
摩擦はあるものの、本当の意味で相手の色々な事が
分かってくると思いますが、
「妄想」は自分勝手な解釈で終わってしまう為、
何の進展もできないまま、終わってしまう危険性もあるそうです。

犬と暮らす時も、犬の気持ちや考えを知ろうとせずに、
「反抗している」とか「自分の事をなめている」と、
決めつけしまう事もあるのではないかと思います。
そうした勝手な「妄想」に基づいたトレーニングをしても
良好な関係性は築けないと思いますし、
犬の気持ちや考えを見て考えた結果、
やっぱり「反抗」や「飼い主をなめていた」と言う結果になったとしても、
それは、実際にコミュニケーションを行った結果、知り得た情報であり、
誤解や食い違いがあったとしても、相手の意見を聞き、
自分の意見を伝えると言うコミュニケーションを続けて行く限り、
いずれ解決できる問題ではないかと思います。

仕事にしろスポーツにしろ「目指すべき目標」があると思います。
「期日までにノルマをこなさなければならない」とか、
「優勝」と言った目標に向かってみんなで本気で進んで行く時、
個人的な「好き嫌い」や「上下」の意識、
「メリット・デメリット」などは考えている余裕はなくなり、
みんなで一致団結して行くと思います。
そして、それが「プロ」であり、
自分の気持ちや考え、時間を会社やチームの為に捧げるから
お金を貰う事ができるのではないかと思います。

「個人」を捨てて「全体」の為に自分に何ができるか?を考えて行く・・

つまり、「人間関係のもつれ」や「妄想」で悩んでいる状態と言うのは
「全体」よりも「個人」を優先させてしまっている・・
と言う事かもしれないそうです。

そして、それは、犬を育てて行く時にも言えると思います。
「犬とより良い生活を送る」と言う目標の為に自分に何ができるのか?

「近所の人たちはきっとこう思っている」と言う妄想から
飼い主さんが犬友達を作ろうとしない為、
自分の犬にも友達を作ってあげられない・・とか、
「こんな事を言ったら笑われるのでは?」とか
「こんな事を聞いたらバカにされるのでは?」
と言う妄想から悩みを他者に打ち明けられず、
自分独りで問題を抱え込んで先に進めない・・などと言うのも
「大きな目標」を前に「個人」を優先させてしまっている状態かもしれません?

「犬とより良い生活を送る」と言う目標の為に
犬とのコミュニケーションが必要なら意思の交換を積極的に行い、
他の飼い主さんとの良好な関係性が必要だと思うのなら
そこを頑張るようにしてみる・・

人間関係に対して不安や恐怖があると、
「妄想」を理由にして逃げだしたくなる事もあると思います。
でも、目の前の「逃げる」と言う「目標」を達成する前に、
「なんで苦手である人間関係を頑張ろうとしたのか?」
と言う理由をもう一度、思い出してみるのも良いと思います。

「個人」を捨て、「目標」を達成する為に
「飼い主である自分に何ができるか?」を考えて行くと、
犬もまた、飼い主さんの目指す「目標」を意識してくれるようになると思いますし、
目標を意識する事で、犬との関係性・・
犬友達との関係性の大切さにも気付けるのではないかと思います。

犬との歩みに停滞を感じている飼い主さんの中には
「目標」を見失っていたり、
そもそも「目標」がなかったりする事も多かったりしますが、
「目標」を持ち、自分達のできる範囲で頑張り続けて行く事で、
犬との関係性をより良くして行けると思いますし、
いつか、大きな目標にも辿り着けるのではないかと思います。(^▼^)ノ”
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫