「別の許せる行動」を設定する

 2017-09-22
08DSC00024.jpg

新しく犬を迎えたら、先住犬が突然、室内排泄を失敗するようになったり、
怖がりになって抱っこをせがむようになったりする事はよくあります。
でも、それはどうしてか?と言いますと、
これまで、先住犬は飼い主さんの愛情と注目を一身に受けていたのに、
新しい犬が来た途端、飼い主さんの興味はそっちに移ってしまい、
殆ど構って貰えなくなったから・・
そうなると、先住犬は飼い主さんの注目を自分の方に向ける為に、
例えその行動をした事で怒られる結果になったとしても、
ワザと叱られるような事をしたり、
飼い主さんが心配するような行動をしてしたりする事は多いのです。

犬はとても正直なので、
方法の適切さよりも「望んだ結果」が得られるかどうか?
が何よりも優先される事は多いです。

犬が飼い主さんの注目が得られないので行動の問題を起こしたら、
飼い主さんの注目を得られた・・
流れにすると、

「飼い主さんの注目が得られない」→「行動の問題を起こす」→「注目を得られた」

と言う感じで、犬はその行動にによって望んだ結果が得られた為に
その行動を繰り返す事になりますが、
飼い主さんの望みは「行動の問題を止めさせる事」なので、

「犬が行動の問題を起こす」→「飼い主さんが叱る」→「行動が止まる」

となって、一応、目的は達成できているものの、
実は「飼い主が叱る」と言う行動は、
犬にとっての「メリット」になってしまっている為、
飼い主さんが叱れば叱るほど、犬は「注目が得られた」となって
行動の問題を強化してしまっている事もあったりするのです。

なので、犬の行動の問題を考える時は犬の行動をよく観察し、
その行動をする事によって犬がどんなメリットを得ているか?
を考える事が重要になってきます。

また、犬の行動の問題に対し、
飼い主さんが「こうあって欲しい」と
「理想の行動」を犬に求めすぎてしまっているばかりに、
かえって結果に結びつかない・・と言う事もありますので、
その時は「別の許せる行動」を設定するのが良いそうです。

例えば「お散歩中に犬を見ると吠えてしまう」
と言う、行動の問題で悩んでいる飼い主さんが居たとします。

(理想)
「犬を見つける」→「犬が吠えない」→「犬を褒める」

(現実)
「犬を見つける」→「犬が吠える」→「マズルを掴む、抱き上げる」

と言った感じで、理想は犬を見ても吠えないでいて欲しいのですが、
どうしても、犬を見ると吠えてしまうので、
犬の口を掴んで吠えられないようにしたり、
抱き上げて犬に合わせないようにしたりして問題を対処する・・・
でも、それでは、犬は自分で自分の感情をコントロールするスキルが身につかず、
今後も感情が高ぶる度に吠えてしまう事になりますので、
別の許せる行動・・「代替行動」を設置してみるのも良いと思います。

「別の許せる行動」とは、
「100点満点ではないけれど飼い主さんが許容できる行動」
の事を言うそうです。

例えるなら「犬を見て吠えてはダメ」から
「吠えても良いけど長くは吠えない」など、
100点と0点の間に「ここまでできたらOK」と言うラインを作るのです。
勿論、合格ラインが高すぎるとクリアーできませんから、
犬の成長度合いに合わせ、犬が頑張ればクリアーできる程度に
合格ラインを設定します。

「犬と出会ったらフレンドリーなあいさつをして欲しい」など、
「こうであるべき」や「こうでなければ」が強い飼い主さんには、
なかなか、気づき難い考え方かもしれませんが、
ある意味、「ゴールへ向かって段階的に教えて行く」
と言うのと同じ考え方ですから、
100点では無いけれど、今の犬の理解度ならここが妥協点と言う
部分をしっかりと持つようにしてみるのが良いみたいです。

まぁ、実際は自分の犬が犬を見ても吠えなかったとしても、
「たまたま」と言う判断をして犬を褒めなかったり、
自分の犬が地面の匂いを嗅いで
相手の犬をスルーしようとしているのを見て「気づかなかったのね」と、
吠えなかった事を褒めずに終わってしまう事もあると思いますが、
そうして、犬を見ても吠えないで欲しい・・仲良くして欲しい・・と願っているのに、
犬が吠えずにスルーできた時に褒めずに見過ごしてしまうと、
犬はその行動に価値を見出せず、
その行動を「もっと頑張ろう」とは思わなくなってしまいますので、
自分の犬がなかなか変わらない・・と嘆く前に「妥協点」を提示し、
少しずつ犬をゴールに導いてあげたり、しっかりと犬の行動を観察し、
良い行動は見逃さずにすぐにオヤツをあげるなどして、
その行動の価値を上げてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「不足行動」と「過剰行動」

 2017-09-21
06DSC00960.jpg

犬を育てて行く事に関して
「こうした方が良いと思いますよ」とお伝えし、
実際、その行動をした事で良い変化が生まれたとしても、
教わった飼い主さんが、そこからさらに
上を目指すと言う行動に移らなかったり、
その行動が長続きしない・・と言う事も多かったりします。

しかし、そうした事も特に珍しい事では無いのですが、
では、どうして良い結果が出ているにも関らず、
上を目指さなかったり、継続ができないのか?と言いますと、

(1)教わった人に怒られないだけの成果は上げた(行動)
(2)怒られる心配がなくなったのでサボる(結果)

と言う感じなのかもしれません?

勿論、継続はしていないので、
犬の行動は少しずつ悪くなって行っているのですが、
毎日、自分の犬を見ていると、少しずつの変化に気づかないのか、
ある程度、犬の行動の問題が見えてくるまで放っておき、
問題が大きくなると、また、教わりに行く・・
そして、怒られない程度まで頑張ったらサボる・・
と言う事を繰り返してしまう事はよくあると思います。

「これではいけない」と努力をする事もありますが、
それも長続きせず、ある程度、結果が出て安心すると、
「ここまで頑張ったんだから」とサボるようになってしまうのは、
根性が無いわけでも、意思が弱いわけでもなく、
「不足行動」と「過剰行動」が問題となってくるみたいです。

「不足行動」とは、これから始めよう・・
続けようとする行動の事を言うそうです。
目標を設定し「やろう」とは思っているものの、
それが続かないのは「すぐに成果を確認できないから」
と言うのもあると思います。

そもそも、「不足行動」を増やして目標まで辿り着くまでには、
長い長い時間が必要です。
言い換えれば、長く続けないと成果が得られない為に挫折しやすい・・
と言えるのだそうです。
ロールプレイングゲームのように、
モンスターを倒せば倒すだけレベルが上がって成果をすぐに確認できる・・
となれば、時間を忘れて没頭もできますが、
実生活では、どんなに頑張ってもレベルアップの表示はありませんし、
自分が今、どのくらいの位置に居るのか?
いつになったら結果が出るのか?すら分からなければ、
作業が苦痛になって、途中で止めてしまうのも当然だと思います。

逆に「過剰行動」は?と言いますと、
「過剰行動」とは、その行動をしてもデメリットにしかならない・・
目標到達への邪魔になるから止めよう・・減らそうと思いつつも
なかなか、止めたり減らしたりできない行動を言うそうです。

ダイエットをしているのに、甘いものを食べてしまう・・
お酒が止められない・・など、
長い長い目標に向かって不確実な道を一歩、一歩、歩くよりも
身近で確実な報酬に手が伸びてしまう・・
と言うのも仕方の無い事だと思います。

逆に言えば、こうした原理を逆手に取れば、
どんな行動も継続できると言う事だそうです。

犬の「問題行動を改善する」と言うゴールを目指す時も、
長く、いつ、達成できるかも分からない歩みを続けるのは大変なので、
ゴールまでの道筋を細かく分け、自分の行動に対し、
確実な報酬を得られるようにしてみるのが良いそうです。
例えば、お散歩中に自分の犬が犬を見て吠えてしまうと言う場合は、
最初から「犬と上手にご挨拶ができたら」をゴールにするのではなく、
遠くから犬を見ても吠えなかったら犬におやつを与え、
その行動を成功させる事ができたら、
自分も美味しいチョコを一粒、食べても良いなど、
小さな報酬を得られるようにしてみるのも良いと思います。

その後、相手の犬との距離を少しずつ近づけて行き、
もし、失敗させてしまったら、昨日の位置まで戻って、
そこからまた、少しずつ慣らして行く・・
逆に「散歩中に犬を見つけると、自分の犬が吠えてしまうから」と、
犬を見つけた途端、自分の犬を抱き上げてしまうと言う
止めたい行動がある場合は、
「自分の犬を抱き上げる」と言う行動をしてしまった時は、
「その日は好きな事を我慢する」など、
自分に対して何かしらのペナルティを与えるようにしてみると、
少しずつ、してはいけない行動を減らしていけるのではないかと思います。

今はスマホのゲームが爆発的な人気ですが、
どうして、高いお金を課金してまでゲームをするのか?と言いますと、
自分の行動に対してすぐに成果が返ってくるからだと思います。
時間がかかったり、お金はかかるものの、
頑張れば頑張っただけ成果が得られる・・と言うのは、
現実の世界ではなかなか、得られない喜びですし、
ボスを倒すと言う最終的なゴールが提示されつつも、
そこに至るまでには、適度な間隔で中ボスが用意され、
ダンジョンを探索しては財宝を見つけたり、
謎を解いて新しい武器を手に入れたり・・と、
人間が喜びを感じる「行動原理」をしっかりと応用しているからこそ、
多くの人がゲームにはまっているのだと思います。

「ゲームなんてしているとバカになる」なんて言う人も多いですが、
ゲームだけではなく、マンガもアニメもドラマだって、
消費者がいかに長く楽しんでくれるか?
見続けてくれるか?と言う「持続の為の工夫」を
沢山していると思いますので、
「何をやっても長続きしない・・」と諦めずに
持続の為の方法を考えてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

相手への興味がコミュニケーションを活性化させる

 2017-09-20
07DSC00497.jpg

飼い主さんなら自分の犬にはのびのびと・・
「自分らしく生きて欲しい」と思う反面、
他の犬とあまりにも違い過ぎると、
「他の犬と同じように」とも思ってしまうのが
普通ではないかと思います。

飼い主さん自身も周囲の人に合わせる事に対し、
苦痛を感じる事もあると思いますが、
だからと言って他の人と違い過ぎると
不安を感じてしまうと思います。

アメリカの発達心理学者フィリップ・ロシャは幼児を集め、
子供の額に赤いパッチをつけた後、
鏡のある部屋に入れて様子を観察したそうです。
子供はパッチが額についているのを鏡で発見すると、
いつもはついていないはずの額に
パッチがついている事に違和感を感じて
取り除く行動をしたそうですが、
今度は他の子はみんな、額に赤いパッチをつけている部屋に
自分だけがパッチをつけていない状態でいれてみると、
自分の額にだけパッチがついていない事を嫌がり、
「自分にもパッチをつけて欲しい」と
実験をしている人に要求してきたそうです。

こうした事を「ピアプレッシャー」と言い、
「他の人と同じでありたい」と言うのは、
プレッシャーの一つの表れだと考えられているそうです。

勿論、犬にはそこまでの感情はありませんが、
「仲間と一緒に居たい」と言う気持ちは強く、
一緒に居ることで安心感を覚えますし、
今まで、全く違う環境の中で育った犬も
新しいグループの中で一緒に過ごすうちに
少しずつ影響を受けて同じような行動をしたり、
逆に一緒に暮らす犬の影響を受けて、
他の犬がしないような行動をしだすなど、
何かしらの影響を受けて行動が変化しだす事は多いです。、
普通の事だと思います。

人間も若い時は「他の人とは違う事を」と個性を求めたりしますが、
それも、逆に言うと「他者を意識し過ぎた結果」とも言えると思います。
犬も人も「群れ」で生きる動物なので、
「他者の存在」は切っても切り離せない関係であり、
群れで生きる存在であるが故、「共感能力」や
ある種の「共同体感覚」を持っているのだと思います。

ただし、犬も人も「みんなと仲良くなりたい」と思いつつも、
うまく行かない事も多いです。
「他者と対峙した時にどうしたら良いか?」と考え、
失敗しないようにと色々と考えた結果、
失敗しないようにする事を優先させて、
人と対峙しないと言う結論を出してしまう事もありますが、
他者とのコミュニケーションは
自分の頭の中だけで色々と考えていても上達は難しいと思いますし、
そもそもにおいて、それでは、他者とのコミュニケーションの目的が
「自分が失敗しない事」となってしまう為、
自分中心になって相手の事まで気が回らないことも
上手くいかない原因になってしまっているかもしれません?。

そもそも、どうして他者とコミュニケーションをしたいのか?と言うと、
「色々な人と知り合いな事を自慢したいから?」でも、
「自分はきちんとしている人だとアピールしたいから」でもなく、
相手の人と仲良くなりたいからではないかと思いますので、
自分がどう思われるか?よりも相手の事をもっと知りたい・・
と言う気持ちで話しかけてみるのが良いと思いますし、
犬も失敗をする事よりも相手と仲良くしたい・・遊びたい・・
と思うようになれば、
飼い主さんが止めても、自分からよその犬に
近づいていくようになりますので、
相手の犬と上手にご挨拶をさせる事を考える前に、
相手の犬に興味を持たせてあげるような・・
他の犬と一緒に居た方が楽しい事が沢山、ある・・
と気づかせてあげるような育て方を
考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

過保護&過干渉ではチャレンジする子には育たない

 2017-09-19
05DSC00661.jpg

常に何かしらの「不安」を抱えている飼い主さんも多いですが、
「不安」と言うのはどうして生まれるのか?と言いますと、
先の事が分からないから・・
未来が不確定だから不安になってしまう事は多いみたいです。

「今、ここ」から先の不確実で不確定な未来に向かって進んで行き、
そこで対峙するであろう、
数々の困難に対処する為には何が必要になってくるか?

我々は無意識のうちに「確実」な事を利用しつつ、
「不確実」な事は「探索」して進んで行くそうです。
そこにはバランスが凄く大切で、
「確実」な事ばかりをしていると「不安」はありませんが、
自分の知識や経験・・・世界を広げる事はできませんし、
かと言って、「探索」し、「挑戦」してばかりでは、
取り返しのつかないような失敗をしてしまう事もありますから、
「確実」と言う「安全基地」を確保しつつ、
未知の可能性を探索し、挑戦する・・と言うのが良いそうです。

ただし、プロのレーサーのように、
普通の人が「危険」だと思うようなスピードを出していても、
熟練のレーサーには、まだまだ、安全なマージンを取っている・・
と言う事もありますし、逆に普通の人が
「特に危険は無い」と思うような事でも、
不安で不安で仕方が無い・・と思う人も居るので、
「安全」の認識は人によって違うと言う風に考えてみるのも良いと思います。

第二次世界大戦後、孤児を収容する施設でボランティア活動をしていた
イギリスの心理学者「ジョン・ボウルビィ」は、
問題行動を起こす子供の共通点を研究したそうです。
そうすると、多くの子供が幼少期に何らかの理由で、
保護者の「アタッチメント(愛着)」など、
充分な「安全基地」を得られて無かったそうです。

「安全基地」を与えてくれる保護者の存在があるからこそ、
子供は、不確実だが新しい知識や経験への挑戦をする事ができる・・
しかし、ここで言う「安全基地」とは、
子供が不安になった時に戻れる場所・・
安心できる場所と言う意味であって、
子供が挑戦をする前に「危ない」と言って止めてしまったり、
子供が挑戦しようとする事を親が先回りをして
安全確認をしてしまうような、過保護、過干渉な意味では無い・・
と言う事は注意みたいです。

子供が失敗したり、間違いをしないように先回りをし、
安全を確認してから子供にやらせる・・と言うのは、
例え、子供がはじめて挑戦する事だとしても、
安全が確保された「確実な行動」になってしまいます。
それでは、不確実な事に挑戦しているとは言えませんから、
本当の意味で、子供の世界を広げているとは
言えなくなってしまうと思います。

人間の脳は自分で何かをしようとしている時こそ活発になるそうです。
だから、失敗をするなら失敗をさせた方が、
「どうして失敗したのだろう?」と、
単純に成功をした時よりも色々な事を考えられると思いますし、
そう言う意味では「失敗」は必ずしも悪い事ではないと思います。

こうした事は犬にも同じように言えると思います。
犬がドッグランに行っても飼い主さんの足元から離れない・・
と言う場合、犬はそこを「安全基地」だと思って、
一生懸命に安心と安全を得ようとしているのだと思います。
しかし、そうなると「折角、ドッグランにつれてきたのに」と
飼い主さんの方が犬から離れようとしてしまう事もありますが、
そうすると、犬は物凄く不安になってしまい、
かえって犬とコミュニケーションをする所では無くなってしまうと思いますので、
まずは、飼い主さんの足元で他の犬の様子を眺めさせる・・
それが、どれくらい続くかは分かりませんが、
そうして、その場所が安全で他の犬の存在も怖くないと分かれば、
犬は自分から歩いて行くと思いますので、
過保護や過干渉をしていては、
積極的に探索や挑戦をしたいと思えるような犬には育たない・・
と言うぐらいの気持ちで、まずは、ゆっくりと見守ってあげるのが
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

絶対的な味方

 2017-09-18
04DSC00565.jpg

成人し、子を持つ母親になったとしても、
「母親がどう思うか?」で
自分の行動を判断してしまう女性は多いみたいです。

幼い子供にとって「母親」とはどう言う存在か?
また、どのような「母親」が求められているか?と言いますと、
一番、大切な事は子供にとっての
「安全基地」になってあげる事だそうです。

自分がどんなに遠くへ行っても帰ってくる場所・・
帰ってこられる場所、受けいれてくれる場所・・
と言った「安心感」・・
母親だけはどんな事があっても絶対に自分の味方・・
と言う安心感を子供に抱かせてあげる事が
子供が母親に求める事であり、
母親がすべき、本当に必要な事なのだそうです。

子供は常に新しいものへの好奇心が旺盛で、
周囲の環境を探索しようとしますが、
それは、「母親がそばに居てくれる」と言う
安心感があってこその行動です。
母親の顔色をうかがいながら冒険やイタズラを繰り返し、
冒険をしては不安になると、大急ぎで
母親のもとに戻ってしがみついて安心感を得る・・
イギリスの心理学者「ジョン・ボウルビィ」は、
こうした保護者の存在が子供の発達における
心理的な「安全基地」であると提唱したそうです。

生後6~7ヶ月の子供は、
母親が部屋から出て行くと、泣き叫んでしまうそうです。
他の人がいくらあやしても泣き止まないのに、
再び母親が戻ってきて抱かれるとピタリと焼き止む・・
これは、子供が母親と言う存在に対して
特別な感情を抱くようになった為であり、
このような特定の対象に対する
特別な情緒的な結びつきを「アタッチメント(愛着)」
を言うのだそうです。

また、乳幼児期に形成されたこの絆は永続的なものであり、
母親(保護者)に対して特別な愛着を抱く事が、
子供の安定した情緒の発達を促し、
その後の対人関係にも影響を及ぼす・・
と考えられているそうです。

こうした「アタッチメント(愛着)」は、
子供が成長するにつれて「自分の存在に対する自信」となり、
母親との距離が離れていても、
「母親がいつもそばに居てくれる」と言う
安心感を持てるようになるのだそうです。

また、こうした事は犬と飼い主さんの間でも同じことが言えて、
お散歩中、前を歩いていた犬が不安になると
飼い主さんの所へ戻ってきて、
飼い主さんの足にピッタリと身体を寄せる・・と言うのも、
飼い主さんが犬にとっての「安全基地」に
なってあげられているからだと思いますし、
そこで「安心」と「安全」を得る事ができるから、
犬は再び飼い主さんから離れて冒険の旅に
出かける事ができると思います。

そうして、成長するにつれて
少しずつ、犬は飼い主さんから離れていても
大丈夫になって行きますが、
それは、「飼い主さんがいつもそばに居てくれる」
と言う「信頼」をしてくれているからだと思いますし、
逆に言うと、犬の「分離不安」が激しい場合、
飼い主さんに対して「不安」や「不信感」を抱いている場合もありますので、
「分離不安が激しいから・・」と「しつけ」を頑張る前に
「大丈夫だよ」と言って、犬の身体を撫でてあげるなど、
情緒的な結びつきをもう一度、しっかりとするように
してみるのも良いのではないかと思います。

ただ、犬が分離不安をしない・・
飼い主が見えなくなるぐらい離れていても普通にしている・・
と言う場合も、ちょっと注意が必要かもしれません?
犬の中には飼い主さんに対して期待する事を止めてしまっている・・
諦めてしまっている為に飼い主さんが離れていても気にしない・・
「信頼」もしていないし、頼ってもいないので、
飼い主さんがそばに居なくても関係ない・・
と言う犬も居ますので、犬がどのくらい飼い主さんの顔を見るか?
どのくらい目と目が合うか?と言う部分も注意して
犬の事を観察してみるのも良いのではないかと思います。

犬の不安を取り除き、安心と安全を与えてあげる為には、
犬の事をよく観察してあげる必要があるそうです。
また、そうして、飼い主さんが常に見守ってくれている・・
と言うのも犬にしてみれば嬉しい事なので、
飼い主さんが見てくれていると言うだけで、
「アタッチメント(愛着)」は育っていきますが、
飼い主さんが犬の事を見ていなければ、
犬も飼い主さんの事を見なくなりますので、
関係性はドンドンと薄くなり、
最終的にはお互いに勝手な事をしだし、
犬は不安から周囲に対して吠えたり、
噛んだりして過剰に身を守るようになる・・
なんて事もありますから、
犬が飼い主さんから離れていても落ち着いていられる・・
自分に自信を持って、他の人や犬に対してご挨拶に行けるように
普段から犬に対して微笑んだり、話しかけたり・・
お互いに触れ合ったり、目と目でお互いの位置を確認したり・・
と言う事を心がけてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫